新ステージへ2020/04/01

新年度始まる。
日常が何か大きく変わるかというと、大して変わるわけではない。
普通に朝起きて、朝飯を食べて、バスと地下鉄を乗り継いで会社に着き、
いつものように仕事をする。

が、今年は個人的には大きく変わったことがある。
地獄のプロジェクトから事実上解放されたこと。
一段上のステージに進めたこと。
東京の本社の部署にも兼務という形で所属すること。

久々の辞令。(と言っても何か渡されるわけでもなく・・・。)
新鮮と言えば新鮮。
不安と言えば不安。
一段上のステージに進むことと、東京の部署を兼務することが一気に来たので、
何が何やらという混乱。
しかも、兼務の先の上司も初めての経験で、どうしていいか判らないとゲロされた。
みんな不安なら、みんなでクリアしてくか!ということで割り切ることに。

そんな特別と言えば特別な今日の為に準備していたのは・・・
「マッカラン12年」

上を見ればもっと高額な酒も全然ある。
でも、冒険するよりも確実に今まで飲んだ中で上位のものの方が良い。
高いという事実が良いのではなく、納得のいくものが良いということ。
この前は値段関係なく一番好きなバーボン「WILDTURKEY」を買った。
今回はスコッチで一番うまいと感じた「MACKALLAN」を選んだ。
高い?そりゃサラリーマンからしたら高い。
他と比べると高い?上には上が居るから上を見るとたいして高くもない。
んじゃ良いんじゃね?って理屈で買った。

高いか安いか、高級か高級じゃないかなんて関係ない。
あれ飲みたいなーと思いながら、適度に我慢した上で飲める程度が良い。
あれ食べたいなーと思いながら、適度に我慢した上で食べられる程度も良い。
思うがまま生きられてもつまらないし。

頑張った後に、「あ”-、今日も頑張ったぞー!」と飲んで食べる。
翌日が平日だとしたら、明日も頑張ろ―という糧に。
翌日が休日だとしたら、明日はとにかくやりたいことやるぞーという糧に。

今日はそこそこ大きなステージ変換。
でも、日常という意味ではいつもと変わらない。
変わらないようで一番変わったのは、自分と周りのメンバーの意識か。
裏切らないようにしなければと自分に言い聞かせる。

・・・東京で兼務しながら仙台のメンバーを管理できるのか?
そもそも東京に行けるのか?
結局、なるようにしかならない。
なるようにしかならない世の中だったら、もはや全て受け入れて冷静になろう。
こんな世捨て人的なブログを書きながら、仙台の感染者数増加にビビる。

とにかく、仕事もコロナもまずい。
俺も、政治評論できるような立場ではないものの、これまでにない状況に対し、
「後手後手」と言われようが、「甘い」とか言われようが、
「政府が対策を」と言われようが、「他の国に比べて」とか言われようが、
とにかく生活ができる状況を作っている政治家?官僚?に感謝もしてる。
東日本大震災の時の政府対応を見れば、今の方が結果的には
「凛」
としてるのではなかろうか。
そう言う意味では、今みんなが新ステージに進んでいる訳だ。
国会中にぺちゃくちゃ談笑してる国会議員以外は・・・・。

疲れた💛2020/04/04

4月に入ってからの3日間は怒涛の如くあれこれに追われ、
訳も判らず過ぎたものの、その疲労感が半端なく、
金曜の朝なんてとにかく朝起きれず、ジャスの散歩は女子チームにお願いした。

そんな状況でも、とにかく落ち着いた週末を過ごせそうだったので、
この前雨で流れたさくも一緒にジャスと泉ヶ岳計画を実行。
学校も休み、春休み中も部活も休み、外出自粛要請で体を動かしたくて
ウズウズしていたらしい。

出かけるなら早い時間が良いというので、朝6時半に起きて朝飯食べて、
7時頃に家を出る。
助手席にはさく、後部座席にはジャスという、初めての光景。
泉ヶ岳の大駐車場には登山客の車がそこそこ停まっている。
それを横目にスキー場下の駐車場に車を停めてゲレンデを見ると誰もいない。
そこへ二人と一匹が降り立ち、上へ上へと向かう。
ジャスも確実に驚いていたと思う、さくが一緒に出掛けてくれるなんて。
実は俺も・・・。前回雨で流れたが悔やまれたこともあり。

で、そこでゲットしたふきのとう。
開ききっているのがほとんどだったけど、まだ開いていないのを見つけてゲット。
写真を撮り忘れたけど、夕飯のオイルフォンデュで春の苦みを美味しく頂きました。

そこからは、あれこれとやりたかったことを、怒涛のごとくこなす。
写真撮れなかったけど、車の洗車とヘッドライトのくすみ除去。

その後は埃をかぶったMTBの洗車と注油、そして空気注入。
これでいつでも風を受けて走れる。

次はシュークロゼットに眠っていた登山靴。
去年は恐らく1度しか行けてなくて、その後のメンテも出来てなくて・・カビが。
きれいにしてこちらもオイルを塗って、いつでも登山に行ける準備は整った。

できなかったのは、釣りの準備だけど、それは明日のお楽しみ。
今日は久々に朝からつなぎを着て過ごした。
朝から動きっぱなしで、とてつもなく疲れた。
でも、全くもって楽しい疲れで、気持ちは全く疲れてない。
ずっと忘れていた感覚。

夕方に髪を切りに行く予定があったので、ジャスの夕方の散歩はちょっと早め。
開花宣言は出ていたけど、全く目にしていなかった?目に入っていなかった?桜。
桜ヶ丘公園はほぼ満開。
ウィルスもやってきてるけど、しっかりと春もやってきてることを忘れてた。

髪も切って、やりたいことやれて、満足して疲れて眠くなって来た。
明日はちょっとだけ仕事しないとだけど、プライベートでやりたいこといっぱい。
今夜は泥のように眠れそう。
あー、楽しい一日だった。

不要不急なので2020/04/05

昨日は久々に好きなことを色々やったからか、23時過ぎには夢の中。
今日起きてみると筋肉痛という、どんだけ体なまってたのよって感じ。

それでも我が家の女子達よりは早起きできてるので、ジャスとの散歩の後、
天気も悪くないのでジャスと一緒に外で朝飯。
ジャスは数十秒で完食して、俺が食べる準備ができた頃にはおかわりの状態・・・。

今日も昨日に続き朝からつなぎを着て、掃除、片付け、さくの自転車点検等へ。
世の中はコロナの感染人数が増し、仙台も例にもれず微弱が続く。
それでも、8日から登校の方針は変わらず。
なので、不要不急ではない、通学用の自転車の点検に行かなければいけないし、
必要な文房具も買いに行かないといけないので、不要不急の意味と、
各自治体の方針のはざまで悩むことも少なくない。

これで登校が延期になったとしたら、自転車点検は不要不急だったことに。
延期にならなければ必要だったということになる。
難しい・・・。

夕方のジャスの散歩で通りかかった泉のアウトレット。
外出自粛要請対応で休館とのこと。
妥当です。

東京で過ごしていた時の環境、人々の細かい動きなんかを見ていると、
もうかなりの人が感染しているのは確実と思わざるを得ない。
電車で普通に咳してる人、しかも咳してんのにマスクしてない人。
通りかかった飲み屋からは、賑やかな声と共に確実に密集、つまりすぐ隣、
目の前に向い合せという、いつもの光景が広がっていることにある意味愕然。

来週はコロナ影響もあり仙台勤務となる予定。
東京に行くのはいつになることやら。

非常事態宣言発出で2020/04/08

本当にいい迷惑。
非常事態宣言に対してではなく、もちろんコロナウィルスに対して。
全ての計画がつぶれた上に、また面倒な調整が増えた。

まぁ、出てしまったものはしょうがない・・・。
今まで経験したことのない事案に対して国中みんなが頑張ってる。
そりゃ文句言いたいことも多々あるけど、それを言ってみてもなぁという感じ。

昨日の夕方に全社に出た通知の結果、原則今日から全社員テレワーク。
非常事態宣言の対象か否かに関わらず。
ということで、感染者数30人ほどの宮城も例にもれず。
昨日の夕方から社内はバタバタ。
なんとかうちの部署はほぼ全員がテレワークを実現。

なので、今日は通勤時間が無い分ゆっくりおきてジャスの散歩を済ませる。
世の中の混乱をよそに桜は満開。

天気も良い。

でも、目に見えない何かが迫っていることは確実。

でもそんな気配は微塵も感じられない景色。

というのが怖い。
周りを見てもいつもと何ら変わらない。
しいて言えば、この時間ってこんなに交通量少なかったっけ?ってくらいか。

いざ、テレワークが始まっても、慣れていないせいなのか、
直ぐに話が出来ないというストレスが積みあがる。
顔を見て話すのと、そうじゃないのとではやっぱり表情が見えないので、
視覚的に読み取れる情報が少なくなる。
それと、電話をかけても地味ーに電話を持って、タップするという動くが意外と効く。
近くに居れば「今良い?」、「あ、ちょっと後で良いっすか?」なんてやりとりが、
一方的な呼び出しに置き換わる。

チャットでやりとりするにしても、タイプミスもあるし、細かいニュアンスが
本当に伝わっているのかが不安になったりして、結局電話したりして二度手間に。

飛沫感染する、実態としてのウィルス以外に、テレワークによってもたらされる
これも目に見えないウィルス的な弊害も出てくる。
俄かテレワーク組織には少なからず発生するはず。

メディア、SNSでは「非常事態宣言が遅すぎる」とか、
「日本は世界の常識と真逆」とか、「アベノマスク」とか言ってるけど、
そんなこと言ってる人達は、当然国を左右する決断なんて一度たりともしてないのよ。
今の対策が結果どうだったのかなんて、後にならないと判んないだから。

別に安倍さん命というわけではないけど、自分達で選んだ(選ばれてしまった?)
政党が生んだ総理大臣なんだし、せっかく決断してくれたんだし、
しかも誰も経験したことない状況なんだから、噛みついて文句言うより、
示してくれた道しるべをより良いものにする為に試して改善、
つまりトライ&エラーを繰り返して進もうという気持ちの方が大事じゃないのかね。
単純に考えて。

コメンテーターやら評論家の類は、批判してなんぼの野党みたいに思えてならない。
与党側の立場になったことないから勝手に言えるんだろうと思ってしまうし、
与党側に立った時に見える範囲なんて見たことないから上辺だけのことしか
言えないんじゃなかろうか。

日ごろ文句しか言ってない、完全野党のサラリーマンの俺の言い分が
最も説得力がないということには既に気付いてます・・・・。
とにかく明日悲しむ人が増えませんように。
私は文句言わずにテレワーク頑張ります。

春とコロナ2020/04/11

なんか閉塞感たっぷりの最近ではあるものの、外に目を向けると
しっかり春はやってきている。

水曜から原則テレワークとなったので、通勤時間を考えなくてよいと、
ゆっくり寝れて、ゆっくりジャスの散歩に行ける。
これは木曜の朝にジャスの散歩に行った時の写真。
今年は暖冬だったとは言え、多少なりとも氷の張る隣の池も朝日を反射する程に。

これも同じ日にテレワーク中に窓の外に見えた景色。
庭のスモモの木も真っ白な花を咲かせた。
二階のかずの部屋から見ると神聖に見える。

そして以下は今日の写真。
これは近所の施設の桜と遠く北泉ヶ岳の雪景色。
電線と看板が無ければ・・・。

で、これが加茂神社の桜。
朝早いからなのかもしれないが、昼間も花見客は来ていないところを見ると、
みんな自粛しているのかもしれない。
この景色を見て、「今日は空を見よう」と。

ジャスの散歩を終え、朝飯食べてからは、今年初のMTB。
とりあえず近所のやまやへ行って、その隣にあるマツキヨでマスクを探すも無し。
だろうねという結果。

んで、やまやにいった目的は、昼間からビールを飲むためのビールの購入。
量じゃなく、コクを味わいながら空と残念ながら資料を見たいと思い。
それにしてもやっぱり仕事かーと覆ったものの、東京の新規案件の準備。
不安もあるけど、期待の方が大きい今は全然やる気。

パパが外に出来てたので、遊んでもらえると思っていたジャスはいじけた。
でもこの後、つまみで用意していたクラッカーを食べる時に「パリっ」と
音がしたら、一気によだれ垂らして寄って来たので、そこそこ現金な奴だ。

そしてやまやに行って買って来たものの二つ目は「コロナビール」。
最近はずっと発泡酒だったので、一気に外国気分になれると意味では
地味ーに閉塞感から脱出できる一瞬。

しかし、夕方に冷蔵庫を開けたさくが「えっ!何このコロナ?えっ!」と
何かを勘違いしてんだなと思ってその場は「同じ名前ではある」みたいな回答。
でも、実際に冷蔵庫を開けた時に見えたアングルを再現してもらうと、
コロナ・エキストラが「コロナ・エキス」・・・。
まぁ、ひるむかも。

まぁ、何はともあれ、春とビールを楽しめた。
生産停止に追い込まれたコロナビールの生産元に少しは協力できたかも。
良かった、良かった。

世界は誰かの仕事でできている2020/04/16

普通に生活が出来ているということは、誰かそんな生活ができるように
支えてくれているからに他ならない。
明日から緊急事態宣言地域に向かう身ではあるか、そこで普通に
生活している人がいるところに行くわけだから、別にたいしたことではない。
が、問題はその行動によって感染を拡大させてしまう危険を伴うということ。
ジレンマ。

かと言って仕事を断ることが出来るかと言うと、特に今回は社会インフラを
支えてるお客さんからの要請なので、それは難しい。
かなり大げさではあるけど、映画「インディペンデンスデイ」で宇宙船に突っ込む
かつて宇宙人に誘拐された父、「アルマゲドン」で地球を救ったブルースウィルス
のように、みんなの生活、家族の生活を守るためには必要なのだ。

なんて、ちょっと大げさに考えたけど、別に普通に出発前日の日曜を過ごす。
日中は素直に外出自粛要請に従うのと、身体を休めるべく読書。
久々に「人を動かす」などを読んでみた。それと少しのお勉強も。

夜は、また数日会えなくなるのでジャスとちょっと長めの語らいの時間。
ちょっと長めだったので、ちょっと飲みすぎた感もあり、翌朝はちょっと酒が残る。

今回の東京出張に向けて、ママが買って来たグッズ。
消毒できるウェットティッシュと消毒スプレー。
これが結構役に立った。特にウェットティッシュ。

で、キャリーバックを引きずりながら乗り込んだ月曜朝のバスの車内。
いつもなら満員になるバス停を過ぎてもこの有り様。

仙台駅のステンドグラス前は、出勤ラッシュのはずの8時過ぎにも関わらず
この人の少なさ。

新幹線はもう貸し切り状態。
仙台出発時点では数名乗っていたのに、大宮を過ぎたら俺一人・・・。

そして、10時前の東京駅新幹線ホーム。
もうとにかく不気味というしかない。

でも、不思議と田町に来ると「結構人いるじゃん」ってことになってる。

結局、東京泊は3泊。
宿は巣鴨だったけど、宿の近くや仕事場近くの飲み屋も結構な確率で閉まってる。
でも、数少ない開店している店の中には、いつも通り向かい合って顔を赤くして
酒を飲んでる人が結構いる・・・・。
「自分はどうなっても良いから」って理屈のなのかもしれないけど、
「自分が媒介役になってやる」って意気込みにしか見えないのよ、もはや。

ってことで、ずーっとマスクして、消毒液のあるところでは都度手指消毒。
持って行った消毒用ウェットティッシュで手はもちろん、PC,マウス、スマホを
時々拭き、同僚はもちろん、一緒に仕事してる別ベンダにも安全をおすそ分け。

で迎えた本日の朝。
早々に上野駅の向かうも、朝8時前の上野駅もこの人の少なさ。
いえいえ、もっと少なくならなきゃなのよ、俺も含めて。

で乗り込んだ帰りの新幹線。

これまたほぼ貸切。

新幹線改札を通った先のコンビニはこのご時世で開店せず。
しかたなく駅弁屋で「深川飯」を買って朝飯。

仕事をしている人のために、弁当を作ってる人がいて、それを売ってる人が居る。
それを食べて仕事に向かう人が乗る電車等、交通を支えている人が居る。
そして、その交通を支えている人たちが使うシステムを支えている人たちが居る。
(↑俺はここ)
そして、そんな人たちを支えてる家族がいる。
そして、そんな家族が笑って過ごせる電気、ガス、水道、流通、農業、水産業・・・。

あらためて、「世界は誰かの仕事でできている」って実感。
今はその誰かの仕事を極力少なくする必要がある。
だから、極力少ない労力でみんなが生活する努力をしないといけないということ。

StayHomeの結果2020/04/19

「STAY HOME」はコロナのせいだけでもなく、天気のせいもある。
昨日の嵐もすごかったけど、あんなに雨に降られると、翌日でも
山にも海にも行けなくなる。

ということで、本日は午前中はずっとアマプラで映画三昧。
でも、実は3月末までの地獄の日々のリハビリ、それこそ先日からの
外出自粛要請もあったりで、4月以降は映画鑑賞機会が増えていたので、その延長。

確か一番最初に観たのは「K-19」。
原子力潜水艦内での放射能漏れ。それも実際の話というから手に汗握った。

さぁ、ここから「史実に基づいた」モードに入った。
以前、何かの映画の最初の宣伝で流れて、ずっと気になっていた
「ヒトラーの忘れもの」。
敗戦国となったドイツの少年兵たちの話。やるせなくなった。

そして、「史実に基づいた」モードに「ミリタリー」モードが追加され、
昨日観たのが「ローン・サバイバー」。
別に武器とかに興味がある訳でもないし、グロいシーンが好きなわけでもない。
「生きる」ということのリアリティーを求めた結果、
こういう映画に繋がっているような気がする。

と言いながら、本物の兵器、本物の戦術とかを売りにした映画を選んでた・・・。
いや、これは本当に偶然。
肉体的に過酷な状況になることはほとんどないけど、
精神的に過酷な状況になることはあるので、それを乗り越えるためのヒントが
隠されているんじゃないかという意識からの選択の気がする。

そして、人が壊れるとはどういう事なのかということで「マン・ダウン」。
切ない映画で締めくくった・・・。
なかなか重かった・・・。

しかし、なんか背景に灰色が似合う映画ばかりの中、こんなのも途中に挟んでた。
「翔んで埼玉」
GACKTスゲーなーと思った。そんなことすんだねとか。

映画三昧も良いけど、昔々の中学生だったころ、坊主頭で映画館でロッキーを観て、
野球やめてボクシングやろうと思ったほど単純な奴とか、
ランボー観て傭兵になろうなんて思うような単純な奴に、
いろんな映画を観る機会を与えるとどうなるのか自分でも不安。
やっぱり早く出かけられるようになってくれないと、ろくなことないと思う・・・。
埼玉県人になろうとは思わないかもだけど。

出かけたいけど映画・・・2020/04/25

テレワークは非常に楽なことが盛りだくさん。
でも、楽じゃないことも結構ある。
誰も見てないから、ベッドに横になって会議したり、
会議の途中でしれっとコーヒー淹れに行ったり・・・。
まぁ、そのあたりはそのうちあるあるとしてまとめられる程度の材料も集まり始める。

それにしても全く治まらないコロナ。
神社では鈴緒も使用禁止で、朝のジャスの散歩でたまに聞く鈴の音を聞けない。
鈴の代わりに手をたたけばいいので、別に残念なことはない。

同じ加茂神社の駐車場の桜も、ほぼ葉桜になっている中、一本だけ満開。
種類が違うのか、それとも水分を吸う力が他より弱かったのか、
何故か小振りの木だけが満開。

翌日通ってみると、その桜はまだ満開だけど、その後ろにはお祓いを待つ
建材やユニットを積んだトラックと、それらにかかっているシートを外す運転手達。
しかもお互いのトラックのシートの外す手伝いをし合ってる。
別に非難する気はないけど、建材、ユニットのお祓いは必要緊急なのだろうか・・。
確かに家を建てるのは一生ものの買い物だけど、お祓いにお金をかけてた上、
運転手さんにリスクを負わせてることにならないか?
ホームメーカーもお祓い自粛しても良いのではないだろうか?

と、普段は考えないようなことを考えさせられる機会も増える中、
何も考えずにでれーっと昼寝したいと思った瞬間がこれ。
ジャスも色々あるんだろうけど、なんかこの画は羨ましい。

ジャスもでれーっと昼寝したくなるような陽気だったので、
やまやに買い出しに行ったついでにビンタンを買って来て、
そのまま昼からビールやりながらの読書。
昼寝したいと言いながらも、やはり昼寝はもったいない。

さて、昨日の夜からは先週に引き続きStayHomeで映画。
アマプラのウォッチリストから適当に選んで再生。

昨日の夜は「桜田門外の変」で日本の歴史のお勉強。
血なまぐさいとしても志士たちは意志を遂げて万々歳かと思ってたのに・・・、
切ない結末だった。

そして今日の朝は女子達は起きてくる気配がない週末なので、
ジャスの散歩の後、ちゃちゃっと朝飯を済ませて、ちょっと毛色を変えて
「世界一キライなあなたに」。
結末なんて知るよしもなく、パッケージからハッピーエンドなんだろうなー
なんて感じで、要はインスピレーションで選んだ。
・・・これも意外と重いテーマだったりした。

マジかーと思って、先の写真にあるように、一旦はビールと本を持って庭へ。
でも、なんか風が冷たくなってきたので、また家に入って今度は「愛を読むひと」。
これもなんとなくインスピレーションで選んだ。
甘酸っぱい青春と愛が溢れる内容なんだろうなーと。
いやいやこれも非常に重かった・・・・。

重い映画の間に庭の緑とビールと読書を挟んだけど、
やはり気持ちはウキウキではない。
冷静にウォッチリストの残りを見てみると、なんか確かに重いものしかない・・・。
コロナで制限のある生活を強いられているから、あえて明るい映画を観て揚げてく
という必要もないけど、なんか気持ちは軽くなりたいと言う思いもある。
かと言って空元気を出して自分を鼓舞するような状況とも違う気がする。

とりあえず、コロナとか仕事とか嫌なことを忘れられれば良いか。
でもやっぱり外で遊びたい・・・。

StayHome週間1日目2020/04/29

GWと言えば、そこそこ心躍るはずが、出かけられないStayHome週間だと話は別。
しかもテレワークでずっと家にいる状況のまま、長期休暇に入られても、
なんかやっぱり嬉しいという気持ちが湧かないし、まずもってメリハリがない。
「んじゃらX日後にねー」とか「GW前だしちょっと呑んでく?」なんて会話もない。
今日も、昨日までと一緒で、朝起きて、ジャスの散歩に行って、朝飯食べて、
いつもと違うのは仕事をする必要がないということ。
毎年の感覚では、「出勤」という行動が、一種のメリハリになっていたのに。
と言ってもしょうがないことは確かで、受け入れるしかない。

ジャスの散歩で通りかかった公園では「三密」に関する注意喚起。
ジャスも「なるほど」という感じで見てた。

昼間はどうか判らないけど、朝一はだーれも居ない山里を横断。
マイナスイオンを吸収。

我が家のライオンキング。
ここのところ家に居るのに遊んでくれる気配がない俺にやきもきしているらしい、
とママが言ってた。

コロナは拡がっても、加茂神社の紅葉はいつも通り葉が茂ってきた。

で、とりあえずStayHome週間にやりたいことをまとめようと思ったものの、
もう確実に実行モードに入っているやつの材料を買いにBigHouseへ。
作るものは「ベーコン」「スモークサーモン」「スモークチキン」「オイキムチ」。
コロナビールはバカンス気分用に。

まずはオイキムチ。
今回はちょっと粉唐辛子を多めに。5月になったら食えるかなー。

で次は「スモークサーモン」と「スモークチキン」。
ソミュール液を作って、冷める間に材料のサーモンやチキンを切る。
そしてジップロックに材料とソミュール液を入れて一晩寝かせる。
実際のスモークは明後日以降か。

あとは、映画観たりして15時過ぎにジャスの散歩へ。
ここのところ通勤がないことで、歩く距離が全く減っているうえ、
鞄も持たないときたもんだから、とにかく何かすりゃ筋肉痛・・・。
みんな同じ状況だろう。
連休の午後4時の川平の道路・・・。
あまりにも車が少ない。というか見渡す限り居ない・・・。
確実に良い事だけど、怖いというか、寂しいというような感情に包まれる。

で、その車通りの極端に少ない通りに合った自販機。
「名刺印刷」
自販機で名刺作成できんのっ?!って思ったら普通のドリンクしか売ってない。
隣の会社の宣伝目的だったらしい。

なんだかんだとかなり充実した連休初日。
夕方の障害連絡以外は・・・。

まぁ、とにかく明日以降も無事休めそうなので、やりたいことリストを
一つでも多く消せるように、また明日から頑張りましょう。
やりたいことリストは明日投稿。

やりたいことリスト2020/04/30

今日も早起き。
休みだと早起きしてしまうのは、死ぬまで続くのだろうか。
でも、早起きだと人も車も少なく、鼻に入る空気もなんとなくツンとしてて良い。

今日のジャスの散歩コース脇のビニールハウス。
入口にスティッチと何か。隣のハウスには同じようにミッキーとかのぬいぐるみ。
・・・・近くの田んぼにいつもリアルな案山子を設置する農家が特定できた!
案山子以外にも、このぬいぐるみ以外にも何か面白いものがあるかもしれない。
この農家から目が離せなくなった。

さて、StayHome週間にやりたいことリストをまとめてみた。
極力出かけないようにと思ったけど、ちょっと欲張りすぎたかもしれない15個。

 ①スモークチキン作り
 ②スモークサーモン作り
 ③スモークチーズ作り
 ④ベーコン作り
 ⑤オイキムチ作り
 ⑥読書(3冊)
 ⑦プチ断食
 ⑧昼間からビール
 ⑨BBQ
 ⑩ジャス山散歩
 ⑪ジャスと海散歩
 ⑫ジャスシャンプー
 ⑬薪ストーブ掃除
 ⑭薪棚整理
 ⑮仕事関係のお勉強

と言っても①~⑤はすでに着手済みで、⑤なんて後は食べるだけ。
中には超気が進まないものもあるけど、タップリ時間の取れる時に
やっておきたいところ。

それと、⑩のジャスとの山散歩も今日クリア。
ちょっと前のニュースで泉ヶ岳の大駐車場の8割が埋まるほど混雑してたらしい。
でも登山客は夕方には激減するはずなので、それを見越して行ってみたら、
案の定ガラガラ。

人気も少ない山道。地面を踏みしめる音と鳥の鳴き声しか聞こえない中を歩く。
雑念から逃避できる時間。

山の上の桜は、少し遅めの満開。

さて、残りはどれだけクリアできるか!

しかし、こう外に出かけられないと、やることも限られてくるので、
なんか時間が空くとアマプラで映画を見てしまう。
この前の土日、昨日、今日だけで5本も観てしまった。

ボクシングの話に終始するのかと思ったら後半は尊厳死という重い内容に。
そんなつもりじゃなかったのに。

これも、港町の夫婦の幸せ物語かと思ったら、まぁそうだけど特攻関係だったり。

まぁまぁ、これはもうちょっと生々しくて。

山に行けない憂さ晴らしに山の映画。これは良かった。想像した範囲の結末。

これも良かった。
途中からなんとなく気付いたけど、亡くなった子供が成長した姿で現れ。
愚直でありたい。

有村昆にちょっとだけ近づいてる気がする。
今日本中が有村昆に近づいてるか。