久々の休息2020/07/19

朝、6時過前に目が覚めた。
作成しなければいけない見積もりを作っていないことに気付き「まずい!」と。
でも、現実の世界ではそんな事実はなく、どうやらここ最近の慌ただしさで、
PTSD気味になっているのかもしれない。(笑)
ということで、安心して二度寝。

一時間後の7時前には、カーテンを通して天気が良いことが判った。
今日やりたいことをベッドで考えて、ある程度固まったところで起床。
どのくらいぶりなのか、つなぎをを着込む。
その後みんな起きて来て朝食を済ませて、ジャスの散歩へ。

久々の青空と、それにつられて上がる気温。
散歩の途中でつなぎから上半身を出して、Tシャツに。
なぜか「ありがとう」という気持ちになる空。

田んぼも緑一色。
いつも緑なんだろうけど、陽の光りを浴びてる時とそうじゃない時じゃそりゃ違う。
ジャスも久々の太陽の光に心なしかはしゃいでいるようにも見えた。
と思うのは人間だけで、実はジャスは暑いだけの日なのかもしれないが。

例え毎日こんな空だったとしても、ここ数週間はそれを見る余裕もなく、
見たとしてもなんの感想も浮かばなかったかもしれない。
もし感想が浮かんだとしても「なんで晴れるんだよ」的だったかも。
今日青空が出てくれたのはもしかすると抜群のタイミングだったのかもしれない。

散歩から帰ったら、つなぎを着た目的の庭の草むしり。
雨で元気を増した雑草たちが庭を支配してた。
・・・こんなに気温が高くなるとは思ってなく。
10時過ぎにはもうつなぎの色が変わるほど汗だくになり、風呂へ直行。
そのまま風呂掃除をして、今度は短パン、ポロシャツにビーサンといういでたちで
ホームセンタームサシへ網戸の戸車を買いに。

こんなに自由に、そして家を出て休日を過ごすなんてのは本当に久しぶり。
昼飯を食べてからは、楽天の試合を見ながら網戸の修理。
そして、昨日までの疲れもあるだろうけど、恐らく朝の草むしりで久々に
大量の汗をかいたことによる疲労でテレビを観ながらうたたね。
最高に気持ち良かった。

そして夕方のジャスの散歩では、もう時期は過ぎたかなと思っていた紫陽花。

気持ちに余裕ができると、いろんなものが目に入ってくる。

近所のプレハブでたまにおばあちゃんが営業しているタイ焼き屋には
「7月8月夏休み」の張り紙。
「敗」がなんと書こうとして出て来たのかが非常に気になるけど。
その夏休みの長さにもびっくり。

で今日の締めくくりは、ラムコークでジャスと乾杯。

やっぱり昨日が仕事だっただけに、1日休んでまた翌日から仕事となると、
微妙にリズムは狂う。

今日は朝のPTSD的な目ざめの際に、「そんな見積もりないよな?」と
記憶を巡らせる以外は仕事フリーな、休息をとることが出来た。
やっぱ、生きとし生けるものは余裕を持って生きなければ。
さて、もう一杯だけラムコーク呑んで寝るか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
アルファベットの最初の文字(大文字)は?(例:A)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://takahashi-wind.asablo.jp/blog/2020/07/19/9269878/tb