炎上気味のスタート2021/02/05

予想以上に積雪に、さくの受験には重ならなくてよかったと安堵。
ひとまずは一区切りついたのであとは結果待ち。
これで気持ちが少し軽くなった。
が、自分の方がどんどん追い込まれてた。
少し軽くなった後の気持ちが、相当重かった。

またヤバそうな仕事が取れた、いや取れてしまった。
業績的には貢献できるものの、かなりのプレッシャーになる。
しかもその規模以上に業務内容、依頼元、これまでの経緯を含めても
一筋縄ではいかない事は確実。
なぜなら、2018年から2019年にかけて対応した案件。
無理難題が降りかかることは実績から判っているので、できればやりたくなかった。。

一定以上の規模のプロジェクトは社内で諸々審査を受ける必要がある。
それが結構な労力を必要とする上、その準備を少しでも怠ると、審査が炎上する。
今回がそれ。
急に始まることが決まったようなもので、とにかく準備時間が少なかった。
それは言い訳にしかならないけど、結果けちょんけちょんにやられた。
指摘は「ごもっとも」という点ばかり。
突貫工場のつけはこういうところに表れる。

金曜の朝の近所の里山の景色。
このときも気持ちは重かったのは確か。「乗り切れるかなー」と。

そんななか、午前中にちょっと致命的な漏れが見つかる。
メンバでリカバリを試みたものの、完全にはリカバリできないまま審査になり、
そりゃそうなりますという結果で炎上気味に。
逆に突貫で始めようとした点を止めてもらってよかったかも。

仕事はちゃんと落ち着いてやりましょうということ。
でも、どうしても落ち着いてやる暇がないケースもたまにあって今回がそれ。
まぁ、しゃーない。今から全力でリカバリです。
変な意味で熱いウィンターシーズンの幕が明けてしまった。
遊びに行きてー!