なんとかリカバリするも・・・2021/02/11

長いことかかったけど、スタートから躓いたPJをなんとかリカバリできた感。
まだ明日の説明が残っているので、予断は許されない。
しかも、やっとスタート部分がまともになったというだけで、
これから約2ヶ月半は緊張状態が続くことは変わらない。

それと、1つのPJのリカバリが終わっただけで、他の複数PJも動いてる。
そちらの対応が手薄に。
そんな時に限って想定外のことが起きるもの。
やっと抱えてたリカバリが完了と思ったのとほぼ同時、
いや完了寸前に新たなリカバリ必要と思われる案件発生の連絡。。。
心が休まる暇がない。

しかも、メール確認もおろそかになっていて見逃していたものが多数。
どうやら俺がボールを持っている案件が4件程あるらしい。
「詰む」という言葉は「逃げ場がない」という意味だったはず。
今まさに「詰んだ」状態。
正直なところもう投了したい。

でも、そんな姿を見せるわけにはいかない。
子供達が頑張っている姿を見せられてしまってる以上、
こんなことで逃げるわけにはいかないという思いが湧く。

かっこ悪くても、怒られても、情けなくても、どうにかして前に進めないと。
頭を下げて、時には姑息な手段も。
要は、事を停滞、淀ませてどんどん腐敗が進むことだけを避ければ、
少なからず事は動く。
あとは臨機応変。

例え「詰んだ」としても、頭を下げて「今の一手はなかったことに」
というお願いをするという手も排除せずに次の手を考える。
時にプライドが邪魔をすることもあったけど、歳を重ねるとプライドも形を変える。
プライドにくっついていた虚栄心がどんどん剥がれて来た気がする。
つまり、見栄なんてものが削ぎ落されて、やるべき行動を起こせる自分に
誇りを持てるという感じか。

・・・・・なんか哲学的なことを考えるのも、「詰んだ」状態からの現実逃避。
嫌なものは嫌で、逃げだしたい気持ちでいっぱい。

昨日の出張のお土産のシーキューブの焼きティラミス。
ひとまず甘いもので気持ちをごまかした。

明日乗り切れば週末だ。
とにかく明日何かのどこかを、押して、叩いて事を動かしてみる。
どこかの何かが動きだして、良い感じに何かが回り始めるかも。
そうすれば何か起こるかも。
そう思わないとやってらんない。