副反応食らう2021/10/16

土曜は休日出勤。
と言っても外はしっかり雨なので、諦めはつく。
理由は今週2日も休んでしまったので、そのリカバリのため。
2日も休むことになった原因は、コロナワクチン2回目の副反応を見事に食らった為。

まずは先週の日曜は、昼を中心にダイエット中ではあるけど、ご褒美は必要なので、
昼飯に味噌ラーメンが食べたかったので、おり久と迷ったものの、
発掘するかということで富谷にある「えんまる」へ。
「えび味噌ラーメン」

おり久にすればよかった。。。。
まぁでも、普通に美味かったし、腹いっぱい食えたので。
それにしても次から次へと客が入ってくるので、もしかして他のメニューが人気なのかも。

夕方のジャスの散歩。
木々はまだ青さをアピールしているけど、歩道には結構な落ち葉。
気温もたまにまた暑くなったりするけど、基本は下がってきたので、やはり秋。

で、月曜は朝から出社して、夕方にフレックスで早くあがってワクチン接種へ。
9月初旬のときは受付で結構、と言っても10分~15分くらい並んだけど、
接種率も上がったせいか並ぶことなくすんなりと5分程度で腕に針が刺さるとこまで。
今回も全く痛みなく、ただし1回目のときの腕の痛みが来るかと思うと気が重い。

当日は全く問題なかったので、翌日の発熱に備えて夜まで色とメールで指示出す。
さて翌日の火曜日。
いつものように6時前に目が覚めると、熱が出始めたときのあの感覚がある。
熱いまではいかないけど、少しほてり気味で、身体がちょっと重い感じ。
準備していた体温計で測ってみると、36.6℃。
平熱よりも若干高い程度だけど、身体としては「こりゃ上がるな」という予感しかない。

案の定、30分お気に測ると、36.8℃、37.0℃、37.2℃・・・とどんどん上がり、
会社の定時を迎える頃には37.6℃まで上がったところで諦めて休暇連絡。
そこからはゆっくりと上がり続け、夜にピークとなる38.7℃。
回りでは39℃超えも多かったので、それよりはマシだ。

でも、熱よりもきつかったのが身体の痛み。
関節痛、筋肉痛で寝てても、座っててもどこかが常に疼いてる。
眠りについても痛みで何度も目を覚ますので常に眠い。
そこへ熱が加算されたような感じで更に辛くなる。
解熱剤を飲むと多少下がったけど、思っていたほど効かず。
夜中に何年前に買ったやつ?という熱さまシートを探し出しで太ももの付け根に。
これで少し楽になった。

翌水曜もまだ熱が38℃行ったり、切ったりしていたので、2日目の休暇。
結局午前中は全く変わらなかったのに、昼飯を食ってからの午後に測ると、
一気に36℃台まで下がった。
ウィルスが入ったわけではないので、ウィルスが居なくなるまでの熱ではないから、
ある意味計算というか、周りで聞く程度の期間で下がるという意味では
計算はしやすいということなのだろう。
水曜の夜になると、熱、関節痛、筋肉痛もほぼなくなった。
注射した左腕の痛みも1回目よりも痛みもなく。
これでしばらくすれば免疫ができる。気持ち的にはかなり楽になったのは確かだ。

このきつかった二日間、結局はベッドの中にいた。
結果として「幻夜」をこの二日間で読みきった。
 読書→身体が辛くて寝返り→あー辛い本読んでられない→でも続きが気になる
 →再び読み始める→睡魔に襲われで眠る→最初へ
のルーティーンで700ページを超える本を読破。

しかし、まぁほんとに東野圭吾はすごい。
東野圭吾ワールドの展開に少し慣れてきたからか、最後の最後ではなくその少し前に
からくりは見えたけど、今回はラストが読めなかった。。。
いやー面白い。
これがなかったら、副反応の負けていたかも。
とにかく2回目も乗り越えたので良かったと思った途端に、
3回目摂取のニュースを意識するようになった。
必要ならしょうがないけど、しばらく考えたくないな。

残念ながら仕事2021/10/09

天気予報通り、朝起きると雨。
その後の予報では雨は止むとのことだったので、何するかなーと考えていたのに、
霧雨、小雨とダラダラと降り続くので、こりゃ駄目だと思い、うっかり仕事に着手。
そしたらなん意外とはまって、結局終日ダラダラと仕事してしまった。。。

土曜は女子達の起床が遅く、昼飯はいらないそうなので、昼はダイエット飯。
やまやで買ったオートミールとライスドリンクなるもので食物繊維を摂取。

それにスムージー用のバナナも載せたら、そっけなくもなくなんかいい感じに。
オートミールと言ってもドライフルーツも入っているので、若干の甘みもあるし、
バナナと一緒に食べると、なかなか興味深い味。
決してまずくはないけど、フルーツグラノーラまでは充実してない中途半端感。
でもそれが一応ダイエット中の身としては充実感にもなる。

結局夜まで雨で、ジャスの散歩は終日お預け。
ということで、散歩兼ウォーキングも無しの1日。
気温も下がってきたので、夕食は豚肉のミルフィーユ鍋。
そこではこれもやまやでゲットした「レモスコ」をかけてみた。
なかなかイケる。
しっかりお腹いっぱい食べました。

ダイエットしてるのか、してないのかわからないけど、まぁこれも楽しみと思えば。
しかしぱっとしない天気が続きそう。
なんか仕事とか読書とかで潰れてしまいそうでつまらない。

久々の通しで出社とダイエット2021/10/08

先週の日曜はブログ更新できなかったけど、先週末に決心したこと。
久々のダイエット。
コロナ禍でテレワークが増えたことで、出勤時の「歩く」「階段を登る」
という動きが減ったことが大きいと思うが、確実に太った。
体重計に乗るとなんと74kg・・・・。
去年の春だったか、70kgを切ってから4kgほども太ってしまった。
ということでダイエットを決意。

が、その前にということで先週末はダイエット前のカロリー消費。
全く必要ないけど、幅跳びの選手がスタートを切る前に一旦体重を後ろにかける、
ピッチャーが振りかぶるのと一緒な感じで、反発力を発揮するためと言い聞かす。

土曜は前から気になっていた担々麺専門店「麺香れんげ」へ。
味噌味と醤油味があったので、それぞれを注文。
写真は味噌味。
旨いけど専門店というので期待が膨らんでいたのか特に記憶に残らないかも。

午後からは残念なことにちょっと仕事。
先日夜に結構な雨が降ったので、海も山もその影響を受けてるはずなので、
少しが諦めがつく。

日曜はしっかりとグリーンスムージーからスタート。

そしてこの日の昼飯は飯盒ご飯。
お米は宮城県産の特別栽培米。あいがも農法だそうな。

今回ご飯に炊き込まれるのはいわゆる「タラ肝」。
ダイエット前の反発力にはちょっと強めかもと思いながらやまやでゲット。

で、出来上がり。
いやいや、さすがタラ肝。かなりのこってり感と胃もたれ感。。。

食後はちょっと気持ち悪くなるというか、もはや胃薬飲みたくなるほどで、
後悔しかなかったところへ、ぶどうの葉っぱに何やら動く影。
我が家の庭に代々住み着くカナヘビ家のチビらしい。
小さい身体で真夏ではないけど、晩夏の大冒険中ですこしずつ登ってく。
ちょっとだけ癒やされて、胃もたれも少し和らいだ気が。

で、月曜から金曜は新しい部下が増えたということもあり、
オリエンテーションやらフォローでずっと出社。
駅の階段を登るにしても、前よりも息が上がってる気もする。

昼飯は自作のサラダチキン的なやつで簡単に済ませる。
朝食、夕食はいつも通り食べるけど、食後の寝酒のときのつまみは無し。
こんな手抜きダイエットなので、長期戦になることは覚悟の上。
それにしても、一週間出社したら、やっぱり出社し他方が気分的に仕事が進むなぁと。
やっぱり自宅だと、なんかどこかが仕事モードにならないというか。
古い人間なんだろうな。

上期最終週2021/10/01

9月の最終週を迎えるにあたり、という訳ではないが、話題になってるやつを入手。
カップヌードルの合体シリーズとマルエフ。
マルエフはとっと飲んでみたけど、最近の日本のビールからすると少し薄い感じ。
飲みやすいといえばそれまで。

気温も暑かったり、涼しかったりで、桜ヶ丘公園の木々も一部が色づき始めた。
そのうち全体が暖色系に変わっていくはず。

館山高校脇に咲くこの花も次に通るときにはもう落ちているはず。

花は散るからこそ美しいとはいうものの、こんな花が雪景色の中に咲いていても
それはそれで映えると思うのだが、それはただの傲慢からの考えか。

賀茂神社の紅葉もそのうち色づいていくはず。

これは自宅隣の池。
夏の澄んだ感じの景色から、少し幻想的な雰囲気に変わってきた。
単なる調整池だけど、意外と春夏秋冬でいい景色を見せてくれる。
今はたまに聞こえる雁なのか、水鳥が飛び立つ音と、着水する音、それと鳴き声が、
テレワーク中の仕事のやる気を削いでくれる。。。

先週、芸術の秋用に追加購入した東野圭吾の中から「秘密」を読み始める。
ベッドサイドに置いて寝る前に少しずつ読み進めているけど、
どうも寝る前に読むとすぐに眠くなってなかなか進まない。

それと、これも秋だからというわけではなく、先日実家に行った際に、
母が飲まないからと渡された「抹茶リキュール」。
渡されたと言っても、以前なにかのプレゼントで送ったやつが口に合わないから
返却されたということになる。。。
まぁ、ソーダ割りで飲んでみたら、なかなかさっぱり飲めるしアルコール度も
低いので次の日もスッキリなので、ひとまず飲みきってやろうと思う。

上期の終了して、下期に突入。
コロナ不況の中、なんとかかんとか仕事を確保してきたけど、
ここへ来てそれも限界が見えてきた感があり、このままでは懐も寒い冬になる。
そこへ来て部下が増えて予算がふやされるという二重苦。。。
さて、八方美人っぷりを全開にして案件獲得に走り回らねば。

実り・芸術の秋2021/09/25

土曜は朝から雨が降ったり止んだり。
雨降りということは予報で判っていたので、特に出かける予定は立てず。
数日前にAmazonで大人買いした東野圭吾が一気に届いた。
マスカレードナイトの映画化でミーハー心に火がついたわけではないが、
マスカレードシリーズも買ってしまった。
個人的にはどうしてもキムタクが出てる映画は敬遠してしまうけど、
これだけ続編まで映画化されるのであれば原作は良いに決まってるので、
読まないわけにはいかず。
これで年内は持ちそうだ。

と喜び勇んだのは良いものの、実はちょっと仕事をしなければならず、
読書は後回しでパソコンに向かう。
でも気を張ってやるというよりも事務処理系の準備程度なので音楽を流しながら。
「MR.BIG」

「ケイティ・ペリー」

「アリソン・クラウス」

仕事のあとは山のこと、アウトドアのことやら色々と調べ物。
これだけ長く音楽が流れる時間を過ごしたのは久しぶり。
読書はできなかったけど、芸術の秋には足を踏み入れられた感はある。

暗くなる前にジャスの散歩へ。
朝は雨でお預けだったので、少し早めに出発。
朝顔が色鮮やかに咲く。

一方では秋を感じさせる彼岸花も。

頭を垂れて収穫を待っている稲穂がある一方。

背後の田んぼは稲刈り済み。
こうなるとまだ10月ではあるけど、もう自分的には冬という文字がチラつく。

稲刈りが始まっているとうことは新米が出回るのも遠くないはず。
自分で釣った魚をシンプルに塩焼きにして、新米を食べる画を想像するだけで楽しみ。
また太りそうだ。

そして締めくくりは「鬼滅の刃 無限列車編」をしっかりと無賃乗車で視聴。

・・・泣ける泣けると聞いていたけど、泣けはしなかったかな。。。

ドブネズミの詩2021/09/19

早朝は半袖だと少し寒くなってきた。
露に濡れる蜘蛛の巣もなんとなく冷たそうな感じる。

かとい言って陽のあたる場所は昼に向けてまだまだ暑くなりそうな気配も感じさせる。
そんな青空の下で咲いている花は秋桜という、確実に次の季節に移る準備が始まる。

庭のぶどうも実りの秋を迎えて、一粒食べてみたら、いい感じの甘さ。
それに釣られて最近はスズメバチも食べに来ることもあるので、ちょっと危険。

前日に流星の絆を読み終えて、購入していた東野圭吾はすべて読了。
で、こんなものを持ち出してきた。
「ドブネズミの詩」

「ドブネズミみたいに美しくなりたい」
高校時代に衝撃を受けた歌詞、歌い方、変な動き・・・。
他の歌もとにかく表現の仕方が独特だけど、とにかく「まっすぐ」という印象だった。
その印象はザ・ハイロウズ、ザ・クロマニヨンズになっても変わらなかったかな。
と言ってもその2つのバンドの曲で歌えるものはないけど。

「ドブネズミみたいに美しくなりたい」という歌詞の意味だって、
気付いたのは結婚してからだと思う。
それまでは単に衝撃的な歌詞とノリだけで、たまにカラオケで歌ってたくらいで、
歌詞の意味なんて気にもしたことなかったけど、生きとし生けるものの本質は
見てくれなんかじゃなく、どんな格好でさえ生きることにまっすぐでいること。
それに気付いたときは、目からうろこだった。
「写真には映らない美しさがあるから」
そりゃそうだ。

そしてこの前、インスタにふと出てきた言葉。
「幸せを手に入れるんじゃない。幸せを感じることのできる心を手に入れるんじゃ。」
この言葉は記憶には残っていなかったけど、「ドブネズミの詩」に書いてある言葉。
深層心理には残っていたのかもしれないけど、これは子供が生まれてからは
実践できている気がする。
新しい家具を買っても、美味いものを食べて、行きたかった場所に行っても、
それ自体を楽しめるかどうかはそれらを楽しいと、幸せと感じる心があるかだ。
古くても、ちょっとクセがあっても、思っていたのと違ってても、
「何だよ!」と文句を言うんじゃなく、「いい経験ができて良かったじゃん」と。
無駄なものは何一つない!・・・とまで言えるほど悟ってはいないか。

ただし、そういう風に考えられるようになってからは
笑っていられることが増えた気がする。
空が青く、秋桜がきれいに咲いている。
庭のぶどうが実をつけた。
夜露に濡れたきれいな蜘蛛の巣を見つけた。

何を幸せと感じることができるか、いろんなハードルを下げてしまえば、
それをヒョイと乗り越えて、受け入れて、次に、前に進める。
結果、それがドブネズミのように見えても、幸せを感じて生きれれば良いんです。

寝て曜日2021/09/18

水曜にかずが帰省。
テレワーク部屋が使えず、木金と出社。
久々に出勤が続くと多少生活リズムが変わり、若干の寝不足感はあった。
そこへ来て、土曜の朝からの雨で外で過ごすこともできず。
ここのところなかなか開く開く機会が減っていた「流星の絆」を読み始める。

午前中から読み始め、昼近くに真相に近づき、昼飯後に読了。
しかし、今回も最後の最後にいい意味で裏切られた。
背後、いや斜め後ろくらいか?どちらにしても死角から刺された感じ。
なんとも言えない結末ではあったけど、悲観的にならないところが東野圭吾でもある。

読了して余韻にふけって目を閉じていると一気に睡魔が襲ってきた。
外から聞こえる雨音もいい感じの睡眠導入剤に。
ソファーでウトウトすること約30分。
その後、本気で寝たくなりベッドへ。

やはり多少寝不足だったようで、ぐっすり18時前まで昼寝。
というか昼寝と呼ぶには深過ぎ、長過ぎのしっかり睡眠。
どうせ雨だったので、あちこち動くのもおっくう。
良い休養になった寝て曜日。

海の幸2021/09/12

久々の4時台起き。
厳密には3:50に一回目の目覚ましが鳴る。
カーテンの向こう側が全くの闇なのを確認して二度寝。
そして二回目の目覚ましが4:00に鳴る。
たかが10分で何が変わるという訳ではない。単なる二度寝しても起きるための保険。
結果としては一回目が3:50というスタートが間違っていただけのこと。
でも、結局は三度寝して「マズイ!」と思って飛び起きたのが4:10・・・・。
たかだか15分に間に何やってんだと。

まぁ、でもとりあえず5時半前には無事に糸を垂らせた。
最初は仙台港の中野埠頭に行ったけど、重機とかが置いてあったので、
そう遠くない時間に船が入って移動を迫られそうなので、今日は雷神埠頭に決定。
この時間でもすでにもう釣り人がびっしり。

・・・今日は海中も魚流制限がかかっているのか、全く当たりなし。
二組となりの数名は、経験者2名、初心者3名程度の団体様。
コロナ禍で密を避ける遊びということで3名が釣りを始めた流れかも。
「今日は魚釣れなくても、ルアーをまっすぐ飛ばす感覚を覚えること!」
なんて言ってたと思ったら、両隣の人たちとのお祭り騒ぎ。
(今日のお祭りは糸が絡まること。。。)

おいおいおいと思いながらも他の釣り客の釣果も横目で確認。
誰も釣れてない。
こうなると文句言いながらもフグの悪戯を受けてるほうが幸せを感じる。
ヘミングウェイ曰く
釣れない時は、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。」
ということで、色々なことを考えられたのは悔しいけど確か。

と思っていたら、明らからに青物とは違う控えめな当たり。
フグともサッパとも違う当たりにゆっくりと上げてみるとチビメバル!
当たりも小さいとしても、あの感覚を味わえたのは良かった。

その後はメバル2尾と小サバ1尾。燃費最悪で7時には撤収。
イワシ、もしくは小サバを想像していたのに、全く思った通りに行かず。
毎週来てるという人と話したところによると、今年は何もかも全く釣れないとのこと。

7時過ぎには撤収して帰宅、その足でジャスの散歩へ。
まだ夏はおわっていかと思わせられるほど気温もあがり、散歩コースでは朝顔。

とおもいきやそのすぐ近くには秋桜。

昼前には、4時過ぎ起きということもあり、ウトウトしてまったりとしたひととき。
そして昼飯には、超渋かった釣果をいただく。
メバル3尾は塩焼きでいただきました。小サバは素焼きにしてジャスのおやつ。
それと、結局昼間で残った昨日の芋煮も。
・・・2日続けて昼から飲むのはちょっと飲みすみか?

午後もちょっと仕事したり、東野圭吾読んだりゆっくりと過ごす。

それにしても朝4時起きというのも久々だったので、身体的に辛かった。
身体を慣らして、まだまだ自らの手で海の幸をゲットできるようにしなければ。
次は場所も変えてみるか。

涙×32021/09/05

今日の朝も雨。
朝のジャスの散歩がないと、そこそこ時間を持て余す。
今日はとっとと朝飯を済ませて、あさからアマプラ。当然女子達はまだ起きる前。。
昨日少し迷っていた「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を観るか否か。
結局観てしまった。
感動したかしなかったという点では感動。
内容的には全く描ききれていないけど、原作にはないシーンもあり、
確実に泣かせるための脚色。
これで午前中に一涙。

その後、ジャスと遊んだり、次に読む本を考えたり、
なんかすごくゆっくりと、特に何をすると決めていないという、
一見するとグダグダな時間を過ごす。
でも、こういうグダグダな休日の時間も大事だと最近思うようになってきた。

昔は子供たちに色々経験させたいし、自分も楽しみたいしと思ってた。
子供たちが遊んでくれなくなっても、せっかくの休日なんだからやっぱ遊ばなきゃ、
という考えがベースにあって、とにかく好きなことで動くことが休日!
だったけど、歳のせいもあるのか、昔よりも体力の回復に時間も必要になり。。。
休日過ごし方も一度しっかりと考えて、静と動を考えたほうがいいとあらためて思う。

そんなことを考えつつも、いまだにやめられないのが辛いもの。
今日の昼飯は、女子たちと朝飯の時間も違ったのでそれぞれのタイミング。
久々に「ペヤング 獄激辛」。
食べたあとは確実に後悔するほど辛くて、なぜが固くも食べにくくもないのに
顎が痛くなって、食後は口の中が文字通り地獄のように痛くなるが判っている。
でも食べたくなる。

で、本日二涙。
パッケージにかいてるように「泣けるほど辛みが強い」とは大げさでもなんでもなく。
50歳を超えたおっさんが、汗と鼻水と涙を流し、食後の「スーハー」が止まらない。
・・・が、後悔は30分でいつの間にか消え去る。(30分もかかるとも言える。)
ブログを書いている食後9時間ほどの今では、後悔の思いはもはや過去のこと。
二度と食べるか!という思いはかけらもない。
それと、残念なのは、先日友達が八乙女ビックで買ってた別シリーズを買いに行ったら
すでになかった。。。。
そのうちAmazonでポチってそう。

食後は読書したり仕事したりかなーと思っていたけど
一度アマプラで映画観始めるとなかなか抜け出せない傾向があり、
今日も結局ウォッチリストにあった「ラストサムライ」を鑑賞。
これももう少なくとも3回目の鑑賞になる。
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の読了、映画鑑賞の流れで感動ものを求める流れが。
少なくとも3回めともなると、次の流れはそれなりに判ってる。
なのに・・・しっかりと涙。本日の三涙目。

なんかやっぱり物足りない。
天気もあるけど、やっぱり外で遊びたい。

ポチる 時々読書 時々仕事2021/09/04

土曜は朝から雨の上、かなりの肌寒さ。
早起きしたものの、ジャスの散歩も行けないので、朝6時台からAmazonを散歩。
ちょうどジャスのドッグフードが切れたので。
Amazonを散歩すると、いろいろと寄り道したくなる。
今回はiPhoneのアクセサリ関連で道草。
会社のiPhone で使う、充電とイヤホンを同時に使うためのケーブル。
リモート会議が続くと電池がなくなるけど、イヤホンも外せない。
両方同時にできる必要があるけど、口は一つしかない。
今もAmazonで一番安かったのを使ってるけど、突然イヤホンが使えなくなった。
もうちょっと様子見ようかなと思ってはいたけど、今回の寄り道で新調。
ついでに、新たしいイヤホンも新調。
この「ついで」が意外と多くなるのがAmazon。
スーパーのレジ横感覚で手を伸ばしてしまう。

そのあとは、朝飯を食べてちょっと仕事に着手。
週末恒例のやまやに買い物に行ったりしてから読書。
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」読了。
・・・ほっこり。
途中、気持ちがかき乱されがちになる流れになるも、その都度安心できる。
そして最後はすべてが丸くおさまった。
調べてみたら、これも映画になってた。すげーな東野圭吾。
でも、映画は見たいような見たくないような。
原作とのギャップが大きいことを最近実感してしまったので。

なかなか安定しない天気だったので、本読んだり仕事したり、
ちょっと雨も降らなさそうな空模様のスキにジャスの散歩に行ったり。
ゆっくり過ごせたかな。
8月に入ってからは意外とプライベートが忙しかったので、良い休養になったかも。