新年明けました2013/01/01

大晦日はママの実家でみんなが集まって年越し。

年越しそばの代わりに、パパ、かず、さくによる年越し手打ちうどん。
これがまた、うまくできて、正直お店のうどんかと思うくらい。
手打ちうどんを切ったりする作業のため、パパとさくは紅白の勝敗の
発表の瞬間を観れなかったけど。

年越しパーティーがお開きになって自宅に着いたのが、AM1時ころか。

そこから、ママは薪ストーブで暖をおこすという理由で家に残り、
パパ、かず、さくで賀茂神社に元朝参りへ。
まぁ、こんな時間からよくも並ぶねと言いたくなるくらいの行列。
さくはべっこう飴、パパは甘酒を頂きながら、並ぶこと30分~40分くらいか。
ところが、財布を見たら小銭が少ない!
上賀茂神社、下賀茂神社、神社のお神輿と3箇所にお参りするのに、
合計で300円くらいしかない。しかも1円玉とかも含まれてるし。

パパが代表で100円玉とかを使って、チビたちは50円玉や1円玉。

明日以降、言い訳をしてお参りにこなかったママを連れて初詣に
こないといけないので、チビたちはその時にあらためてお賽銭を
入れさせて頂きますので、それまで貸しておいてくださいという
お祈りもしつつ。

帰りには、ダイエットを目標としているので、最後の大食いということで
「大阪焼き」を頂きながら帰宅。

家に着くと、パパはもう眠くて駄目。
かずなんかは「完徹だ!」なんて言っているけど、「やれるもんなら
やってみろ」と心で思いつつ、「頑張って」と伝え、ソファーで横になっていた
ママにお参りの様子を報告して、おやすみを伝えてパパだけベッドへ。

翌朝聞いてみると、さくは3時、かずは3時半頃に寝たらしい。
ママはというと、かずが寝るときに「ママ~っ!寝るよ!」の声で起こされたらしい。
朝起きたらママから「みんながお参りから帰ってくるのを待ってたのに」
と言われて、みんなで目が点に。
お参りから帰って来たときに、ちゃんと話をしてのに、記憶なかったの???

なんか、一部がっかりな部分もあったけど、楽しい一年になりそうな気配で
1月1日が始まりました。

その後、お節料理を食べながら朝からビールを飲みながら、
まったりと過ごした元旦でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
アルファベットの最初の文字(大文字)は?(例:A)

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://takahashi-wind.asablo.jp/blog/2013/01/01/6678164/tb