部下とさしで飲みました2013/09/06

2人居る部下のうち、1人とは前にさしで飲みにいったことはあったけど、
もう1人とは、なかなかタイミングが合わずに行けていなかったので、
仕事も落ち着いた6日に2人で飲みに行った。

家族のこと、家のこと、そして少しの仕事のこと。
「そんな風に思ってたんだ」とか、「まぁそうだろうな」とか、「嘘っ!」
ってこととか、やっぱり仕事の中だけでは読み取れない部分が
見えてきて、いい機会だったな。

ちなみに、飲みにいった店は焼き鳥専門店「串鳥」。
全国チェーンらしいけど、綺麗な内装で金額も良心的で大満足。
昔は焼き鳥といえば、小さな店で煙臭くなりながら食べるもの
だったけど、今や気軽に行ける居酒屋で本格的な焼き鳥が食える。

でも、それもなんかちょっと寂しい。
うちのママはレバーが苦手。だけど、昔行ったそれこそ煙にまかれて
食べる焼き鳥屋で、店主のおばちゃんが焼いた、その日の朝に
さばいた鳥からとったレバーを焼いたのを出された。
「うちのレバーは誰でも食べれるから」って。
結果、全部食べてた。
でも、そこでしか食べれず、今もレバー嫌いは続いてるけど。

そんな味もあり、こだわりもあるお店が段々減ってきてるのも確か。
今は財布に優しい店が多くなって、それはそれでありがたいけど、
昔ながらの店、「ここ来てる俺って大人」って思える店も生き残って
欲しいね。

ちなみに、お会計は意外にも1万を越したので、超えた分だけ
出してもらって、あとは俺もち。
ご馳走してる俺って大人!

かずが貧血と判明2013/09/07

中学校の貧血に関する聞き取り調査で、貧血の疑いありということで、
医療機関での検査を受けることになり、先日採血してきた。
その結果が6日に出てきて、結果は残念ながら本当に貧血とのこと。

(それにしても聞き取り調査で貧血が判るって、どんな聞き取り調査?)

その結果、朝晩の1日2回の薬の服用を、3ヶ月間続けることに。

ママが小さい頃に貧血だったらしいので、それを受け継いじゃったか。
それにしても、男の子は母親に、女の子は父親に似るっていうのは、
よく言ったもので、我が家はその典型的なタイプかも。

しかし、6日の夜に初めて薬を服用して、明けた7日の朝、かずが嘔吐。
その後も1回嘔吐して、どうも膨満感で直欲もないらしい。
そこで、土曜の午前中しか病院がやっていないので、昨日もらった薬を
持って、先生のところに相談に行く。

結果、吐き気止めを追加で貰って、食前に吐き気止めを飲んで、
食後に貧血の薬を飲んでくださいと・・・・・、薬が増えちゃった。
それでもいつもと体調が変わる場合は、また相談してくださいとのこと。

早く改善して欲しいけど、副作用がある薬もちょっとというジレンマ。

朝飯を食べていないけど、実は今日は中学校の文化祭。
どうしても行きたいって言うので、何も腹に入れていないと、
それこそ貧血で倒れかねないということで、ウィダーインゼリーを
スーパーで買って飲ませて、中学校まで送ってあげて、
車を停めた途端、助手席で口をおさえるかず。
本日3回目のリバース。
こりゃ駄目だということで、残念ながら文化祭はお休み。

しかし、かずはこれまで野菜の摂取量が少ないのは確実で、
ごまかそうとするのを、出来るだけ食べさせていたけど、
本人にももっと自覚を持ってもらう機会にはなったかも。

今日から我が家も脱貧血に向けての取り組み開始。
早速、食卓には小松菜とレバー、砂肝が並びました。
ちと単純すぎたかもしれないけど、何事もはじめが肝心なので。

久しぶりのパパご飯は大好評2013/09/08

今日は朝から雨。
かずは前日の嘔吐により、念のため今日も部活はお休み。
ただ、今日はバスケの練習試合で、ママが現場対応の担当の日なので、
かずは休みにも関わらず練習試合へ。

かずも、さくも、学研のチャレンジの進捗が思わしくなく、というか
完全に遅れていて、今でも7月分が終わっていない状況。
そんなもんで、今日はみんなでお勉強の日。
まぁ、天気も悪いのでしょうがないという感じでみんな観念。

かずとさくは机に向かい、パパはパソコンに向かう。
ネットでいろいろ調べ物をしているうちに、なんか料理をしたくなって、
今日の夕食はパパご飯にしようかな~と。
結果、みんなに同意をもらって、夕食はパパの焼き鳥屋メニューに。

メニューはというと、
 ・ナスの肉詰め
 ・椎茸の肉詰め
 ・ピーマンの肉詰め
 ・トマトの豚肉巻き
 ・チーズの豚肉巻き
と、焼き鳥っぽいものはないけど、焼き鳥屋さんメニュー。

大学の時にバイト先の焼き鳥屋のメニュー。

先ず鳥のもも肉でつくねを準備。
次に、ナスは縦に半分に切って、真ん中あたりにスプーンでくぼみ
を作る。ピーマンも半分に切って種を取る。椎茸はいしづきを取る。

そんで、ナスにはくぼみにつくねを詰める、ピーマン、椎茸もくぼみに
詰める。今回は野菜をたっぷり食べてもらいたいので、つくねの量は
全体的に少なめに。

次に、豚のバラを縦に細長く切って、プチトマトに巻いて、爪楊枝で
刺してとめる。チーズはキャンディーチーズを同じく細長く切った
豚バラで巻く。
でも、チーズは、焼いたときに出来るだけチーズが漏れ出さないように
縦と横に巻いて、出来るだけ隙間ができないように。

そんでもって、ガスコンロでこれらを焼くわけだけど、やっぱり
炭火で焼くのとはかってが違い、焼き加減が難しい。

それでも、チビたちの箸も次々に進み、大好評。
肉が入っているので、どちらかというと肉料理の夕食の感があるけど、
実は野菜のほうが多いという、まやかしのパパご飯。
しめしめ・・・。

あわやコンバイン事故?2013/09/12

あわやコンバイン事故
最近、かずの朝練時の軽食(ちっちゃいおにぎり)作りと、
ジャスの散歩が日課になった。

6時前に起きて、おにぎりを握って、すぐにジャスの散歩に行って、
6時半頃の帰って来て、出社の準備、朝食を済ませて家を出る。
なかかな慌しくもあり、充実した朝が過ごせてるって気がする。

しかし、起床時間が早くなると、昼飯を食べて暫くしてからの
睡魔も以前に比べると強烈になってきているし、夜も眠くなるのが
確実に早くなっている。
早起きは3文の得とは言うけど、何が得になっているのかも
見つけられてない。

ただ、早起きというよりも、ジャスの散歩をするようになってから、
今までは気が付かなかった風景やポイントを見つけられるように
なったのは確か。

その中に、案山子がある。

前は、貞子系にも見える、オカルトチックな案山子をみつけたが、
今回は農作業のするお母さんそっくりな案山子を発見。
コンバインにひかれそうな位置に人が居るのに、人もコンバインも
よける気配もなく、スレスレですれ違う。

いくら気心が知れているとは言っても万が一ということもあるだろ!
その気の緩みが事故に繋がるんだよな~、なんて思って近づいて
みると、お母さんの姿をした案山子。

完全に心配して損したパターンだけど、結構リアルな案山子が他にも
いくつかあって、案山子コンクールに出したら、リアル部門で上位に
食い込めそうなやつだった。

これが3文の得のひとつだったら嫌だな。

青森土産の胡麻新月2013/09/13

青森(と言っても実際は弘前)の仕事が本格的に始まって、お客さんとの打ち合わせで
今月初めての青森出張。

午後一からの打ち合わせに向けて、新幹線で仙台を出発。
今回は時間的に青森で食事をする時間がないので、新幹線の中で駅弁で昼を済ませる。
久しぶりに駅弁を食べることになったけど、はやぶさで食べる駅弁も初めてなので、
青森っぽい駅弁にしようと「津軽 味祭」(つがるあじまつり)ってやつを食べた。
津軽味祭り

ちらしご飯にフライや磯辺揚げ、煮物などが入った弁当で、なかなか美味しかった。
しかし値段もそこそこで 1,200円。いつも会社で食べてる弁当の2倍以上。
新幹線のワゴンサービスで買ったんだけど、正直なところ、値段を聞いてやめようと
思ったけど、弁当の種類を全部聞いたうえで「じゃぁ、津軽味祭で。」と即決した手前、
なかなか金額を聞いて、「やっぱり他の」というのもなんかかっこ悪いなと思い、
結局買ってしまったという経緯がある。
経験代ということで、これで微量ながら見識も高まったと考えるようにした。

仕事も順調に進み、帰り道に道の駅に寄って、りんごを買ったりしていると、
一緒に行った地元の営業さんから、「これお勧め!」と教えてもらったのが、
「胡麻新月」という煎餅。
10枚入りで1,050円と、なんと1枚100円もする煎餅。
買って行って、口に合わなかったらムダな出費になるなと思い、今回はとりあえず2枚。
(駅弁の出費が頭をよぎった結果だ。)

胡麻新月

もともとはお土産として「朝の八甲田」の抹茶味を買うことは、ちびたちの要望で
決まっていたので、追加のお土産として、家に帰って晩酌しながら食ってみた。
これも確かに旨い。言ってみれば南部煎餅なんだけど、胡麻の量が半端ない。
口の中が胡麻の風味で満たされる。

チビたちは夕飯後のデザートとしてつまんだものの、「これはちょっと・・・・」と
大人味が気に入らなかったらしく、すぐに朝の八甲田を食べてた。

自分達で食べるのは、なかなか高価なのは否めないので、家族以外へのお土産
としては結構いいかも。
これから青森出張が続くので、新たなマイブームを発掘せねば。

自宅焼き鳥大成功2013/09/15

17日から、かずの中間試験のため、3連休と言っても大きなイベントは
控えて、比較的おとなしくしていたけれど、先週の串焼きが好評だった
ことを受け、夕食はパパ焼き鳥にすることに。

メニューは
 ・正肉(鳥もも肉)
 ・鳥皮
 ・砂肝
 ・チーズ巻き
 ・しめじのベーコン巻き
 ・しいたけ
 ・ピーマン
 ・長ネギ
豪華なメニューではないけど、焼き鳥屋の定番系を揃えた。

BBQコンロに炭をおこし、薄暗くなった夜6時ごろから焼き始める。
薄暗いなか、白い煙と一緒に、肉の焼けるいいにおいが立ち込めて
おとなしめの休日も、一転してなかなかの休日の雰囲気になる。

そんで、お味のほうはというと、大大大好評!
リクエストされること確実のべた褒め状態。

正肉は、焼き鳥屋で食べるよりも大きめに切っているので、
食べごたえ満点だし、なんつったって直前に仕込むわけだから、
抜群にジューシーな上に、炭火独特の香りもつくわけで、
下手な焼き鳥屋よりも確実に旨い。

さらに、びっくりしたのが、チビたちがいつも敬遠する「長ネギ」。
熱々のねぎを食べて、開口一番「ねぎ甘くて旨~い!」。
「温かい料理は温かいうちに食べると美味しいって前から言ってる
意味がよくわかるでしょ?」なんて言ってみたりして。
でも、食育に繋がっているかも。

しめじをベーコンでクルと巻いたたけの「しめじのベーコン巻き」も、
ただ塩・コショウをかけて、あとはベーコンの塩気とコクだけのシンプル
な味なのに、みんな喜んで食べてくれて、野菜が苦手がかずも
バクバク。

しかし・・・、家で焼き鳥をやるときの難点が一つ。
BBQコンロで焼くと、コンロの端のほうの火力が弱いので、どうしても
コンロの中心のほうに寄せて焼き物を置くことになるので、結果として
串の持つ部分が燃えてしまう。
本数も多いから金串というわけにもいかないので、今後のリクエストに
答えるためには、なんとか案を考えないと。

台風と一緒に北上2013/09/16

17日は青森で朝一から打ち合わせになったので、16日のうちに移動。
青森で一泊する段取り。
しかも、青森では営業さんと打ち合わせしながら飲む予定。

だったのに・・・・。
台風18号が東北に向けて北上。

新幹線が止まったらまずいので、予定よりも早く仙台を出発。
しかしそれが間違いだった。
どうも、台風と行動を共にする結果に。

新幹線は仙台到着が10分遅れ。
途中で臨時停車してみたり、スピードを落としたりで青森到着は
結局1時間遅れ。

風雨も強いということで営業さんとの打ち合わせ飲み会も中止。

ホテルでコンビニ弁当を食べて、ひたすら仕事という、最低な出張だった。

たかはしの中華そば2013/09/17

朝、ホテルで目を覚ますと、昨日の台風が嘘のような快晴。
まさに台風一過。
ホテルで朝食を済ませて、営業さんの車で弘前に移動。
岩木山が青空を背にそびえたつ。

朝一からの打ち合わせが終わったのが11時半。

ちょうど昼時だし、あとは仙台に帰るだけどいうことで、以前一度行ったことのある
ラーメン屋「たかはし」へ。
打ち合わせも想定どおりに進められたし、前日に大変な思いをしながら移動してきた
自分へのご褒美ということで大盛りにする決めて。

たかはしに到着すると、昼前にもかかわらず、もう少しで満席という状態。
食券の自動販売機のメニューにあるラーメンは「中華そば」のみ。
(と思っていたけど、中華そばしか目に入っていなかったらしく、その後HP等で見ると
 チャーシュー麺とかありました。)
2人でテーブル席について待つこと5分強ってとこか。

運ばれてきました、生臭さ満点の煮干ラーメン、しかも色は緑がかっている。
たかはしの中華そば

生臭いという表現はあまりよくないけど、確かに生臭いんだからしょうがない。
郡山で食べた煮干ラーメンもうまかったけど、やっぱり本場には敵わない。
大盛りをペロッとたいらげ、スープもたっぷり飲んでも、次食べれるのはいつかと
考えてしまうほど。

来週も青森出張があるけど、毎回これだと営業さんも飽きちゃうだろうから、
ちょっと時間をおかないといけないかな。

朝の八甲田のチョコ味2013/09/18

18日の青森出張では、たかはしの中華そばを食べた以外に、うれしいことがもうひとつ。

今回の出張のお土産は朝の八甲田以外にしようと思っていた。
理由はずばり高いから。
旨いんだけど、値段が高いのがたまにきず。

なので、朝の八甲田以外を探しにお土産売り場に行ったものの、朝の八甲田の売り場は
お土産売り場の入り口にあるので、自然に前を通ることになるんだけど、
通りかかった際に、見たことのない黒い箱が。
ちょっとのぞいてみたところ、なんと「チョコ味」。

いままで食べたことがないので、本当は買うはずではなかったものの、買っちゃった。
朝の八甲田チョコ味

食べてみた結果、チョコ味も旨い!

しかし、チョコ味に押されてなんかチーズの存在感が薄いかも。
ママも、チーズケーキとチョコムースを別々に買って食べたほうがいいかも・・と。
確かにその表現はあってるかも。

初めてのドッグラン2013/09/21

台風18号が来る直前の9/15、ジャスをドッグランに連れて行った。
ジャスは当然のこと、我々も初めてなので、ちょっとドキドキ。
「他の犬と喧嘩しないだろうか?」「変な病気もらわないだろうか?」
「変な飼い主いないだろうか?」
とか。

その日はまだ台風は来ていないものの、その影響で天気予報は午後から雨。
行くんだったらその前にということで、午前中から実家のラブラドールの「あかり」も
一緒に連れてドックラン「ドッグラン サム」へ。

自宅から車で10分というところにあって、めちゃめちゃ近所にあるドッグラン。
犬を飼ったから存在を知ったのであって、こんな近所にあるとはまったく知らなかった。

行ってみると、さすがに雨の予報なので、犬たちも数匹いる程度。
これなら喧嘩になる確率も低いかもと思いつつ受付。
管理人さんがまだいないということで、先に利用していた飼い主さんから受付方法を
教えてもらって、料金を入れる。
しかし、管理人さんもいないのに、使っていいとはなんともおおらかなドッグラン。

入ってみると、里山がひとつが全てドッグラン。
たくさんの区画に分かれていて、それぞれの区画間は扉で移動できる。
見たこともないような大きなミミズが這っていたりと、地理的には山奥なんだとわかる。

ドッグラン サム1

最初はおっかなびっくりだったジャスも、他の犬たちと戯れて追いかけっこ。
こんなに広いところで本気で走ったのなんて初めてかもしれない。

しかし、そのうちシトシトと雨が降り始め。
地面の土もどろどろになってきて、犬達の身体もだんだん色が変わってくる始末。
走って方向転換すると、ズルッと滑って一回転なんて。
ドッグラン サム2

黒と白だったジャスが、こげ茶と茶色の犬になった。
最後はどしゃ降りになって退散。
家に帰ってシャンプーして、やっと黒白のジャスに戻りました。
会員制もあるので、これだけ楽しめて近いとなると会員になってもいいかも。
また近いうちに利用したい。