汚染水漏れたって・・・2013/10/01

今日から下期が始まり、驚きの人事あり、面倒な事務処理ありで
始まった10月1日。

しかも、偶然のように今日から週2回の休肝日を再開することになった。
もともとは去年あたりに始めたものの、いつの間にか守られなくなった
火曜と木曜の休肝日を復活しようと言い出したのが先週。
しかし、「今日から」と言っていた日に、義母さんが夕食を食べに来て、
しかもご丁寧に「プレミアムモルト」なんか買ってきてくれたので、
休肝日はお流れに。
そして、今週の火曜の今日、休肝日の復活である。

そんな日の帰りのバスの中。
ビールを飲めない、なんかこう、がっかり感とでも言う気持ちで
携帯電話でニュースを見ていると、
「汚染水の移設先のタンクから汚染水があふれた。あふれた汚染水に
 含まれる放射性物質の種類、濃度は不明。」
という、なんて表現していいか判らないことが起きたらしい。

そのまま置いてても漏れるし、もっと頑丈なタンクに移設しようとしても
漏らしてしまうとは、もうどうしようもない。

しかも、溢れるってどういうこと?更に放射性物質の種類や濃度も
不明ってのもどういうこと?

普通は、どういう性質の汚染水で、どの程度の濃度なのかを把握して、
リスクに応じた手順を考えるのが普通じゃないのだろうか?
こんな事故を起こしてしまうとは、
 「大きさも一緒くらいのタンクだから、移設できんじゃね!?」
 「中身よくわかんないけど、まずこぼれることないんじゃね!?」
 「全部移設し終わったら、勝手にとまんじゃね!?」
なんて感じで作業着手したんじゃないかと勘ぐってしまう。

根本的な原因を調査して、再発防止に努めてもらいたい。
じゃないと、本当にあきれられてしまう。
・・・、もうあきれられるかもしれないけど。
しかし、実際には東電さんにしか出来ないことだろうから、
是非とも頑張って欲しい。

今年の初ラウンドはミラクルショット続出2013/10/03

急遽、休暇を取得できたので、今年初のラウンドへ。
ママとお義母さんと3バッグで挑んだものの、やはり練習もしていないと、とても
ゴルフとは言えないような状況なわけで、最初の2ホール終わった時点で楽しみは
昼飯って状況に。高いお金を払って昼飯食いに来たよう。

今年の初ラウンド

しかし、それほど投げやりにもならず、練習してないからあたりまえと自分を諭して
地道にラウンドしていると、出ましたミラクルショット!

嫌~な感じの池があると、ダメダメと思っているといつもそこに引き寄せられる。
そのホールも例に漏れず、アイアンで放たれたボールは池へ一直線。
「あーあ」と思っていると、意外と大きな岩がごつごつとあるので、もしかしたら
と思っていたら、日頃の行いがいいのか、その岩に当たって、なんと池の向こう側へ。

そんで、その後も出入りの激しいゴルフを続け、またまたやってきました池ありコース。
そのコースでも、アイアンから放たれたボールは勢い良く池へ一直線。
今回はボールを弾いてくれるような岩もない、穏やかな水面に向かっている。
今度こそ「あーあ」と思っていたけれど、「勢い良く」という点が良かったらしい。
なんと、水切りの要領で、水面で弾んでなんと芝の上へ・・・・・。
池ポチャは免れたのはいいけれど、これって本当の実力じゃないな~と微妙な気持ちに。

そう考えるのもわずかな時間で、次の池ありコースでは、池が全くと言っていいほど
怖くなくなっている自分が。
あまりのお調子者ぶりに、われながらびっくり。

そんなこんなで、ちょっと風の強い秋の空の下、楽しんで回れたかな。
練習は確実に必要だけど。

犬の散歩もそこそこな運動2013/10/04

ジャスの予防注射が終わって、散歩できるようになってから約2ヶ月。
朝夕の散歩のうち、朝はパパの担当にいつの間にかなっている。
別に苦にもならないし、夕方の散歩は無理なので、朝くらいは連れて行ってあげないと
ご主人さまとして見てもらえないかもしれないので。

休みの日なんかは夕方の散歩に行ったりするが、その際はロングリードに替えて、
ボールやフリスビーを投げて追いかけさせて、有り余った体力を消費させる。

しかし、朝は約30分、夕方は約1時間くらいの散歩となると、意外と長い距離歩く
もので、なんかいい運動したなーってくらいの疲労感がある。

しかも、散歩してると、意外な景色や長い間見ることもなかった景色とかに
何気に出会える。沈んでいく夕日なんかもそう。
いつもは「陽も落ちてきたね」と言っているうちに、いつのまにか夜になり、
陽が沈むところなんか、なかなか見る機会が実はなかったりする。
夕日とジャス1

なので、こんな写真を撮る機会もない。題名「ダイヤモンドジャス」。
ダイヤモンドジャス

夕焼けなんかはたまにみることもあるけど、ゆっくりと見ることも少ない。
この景色は、地球が生まれてからずっと繰り返されてきて、昔の人たちも
同じ景色を見ていたと思うと、なんかほっとする。
夕焼け

身体も心もいい感じにリフレッシュ&息抜きしてくれる「散歩」。
なかなかいい潤滑剤かも。

授業参観と地区スポーツ大会準備2013/10/05

今回のさくやの授業参観には、パパのみ出席。
先日、5年生が子供達だけで、公共交通機関を使って、仙台市内の
各施設を周って、社会勉強するという行事「仙台あるき隊」の
各班ごとの発表らしい。

土曜日だけど、いつもどおりの時間に送り出し、テレビ観たり、
片付けしたりした後、10時45分からの授業参観に向けて家を出発。

学校に着くと、既にたくさんの父兄達が来ていて、廊下や教室内に
張り出されている、習字や工作、俳句の中から、自分の子供の作品を
探していて、自分も例にもれず探してみると、親ばかはうすうす
感じているものの、さくの作品は「良い!」。
しかも、俳句は2つも張り出されているし。

そんなこんなしているうちに、授業が始まり、後に立って観ていると、
やってきましたさくやの班の番。
そこでは、なんと進行役!それはさておき・・・。

みんなの発表はというと、当たり前ではあるものの、多くの子は
同じような発表内容。
訪問した施設も限られてるし、聞いた説明も同じだから、当たり前っちゃ
当たり前。
しかし、その中でも図を使って説明している子がいた。
「すばらしい!」けど、それはさくやではなかった。
右にならえではなく、独自の方法で説明するのは、結構勇気がいる
と思うし、ちゃんと話を聞いてきて来て、しかもどこに興味を持った
のかが周りにも判る。
大したもんだ。それも出来ない大人がいるのに・・・。

しかし、さくやが右にならえだったは、ちょっと残念だけど、まぁ平均
ということで、悪くはない。

授業参観が終わり、一度帰宅した上で、15時に再度小学校へ。
明日は地区のスポーツ大会の日で、運営委員になっている関係で
前日の事前準備があるからだ。
台風の影響で、明日は雨の可能性が高い予報ではあるものの、
ラインを引いたり、机や椅子をすぐに運び出せるようにしたり。

地域とのつながりも大切なこと。
いろんな人がいて面白い。

明日のスポーツ大会もいろんな意味で楽しみ。

チャレンジスポーツ20132013/10/06

地区のスポーツ大会「チャレンジスポーツ2013」が開催された。
心配した雨も降らず、予定通り外での開催。

テント張り等の力作業があるので、男性の運営委員等は7時集合ということで、
7時丁度くらいに小学校へ到着。
みんな来てるよなと思っていたのに誰もいない。
5分経過しても誰もこないので、資料を見直してみたら、なんと集合は7時30分・・・。
そのうち1人が来たけど、なんとその人も7時と勘違いしていたらしい。
だとしても10分程遅刻だけど・・・、結果としては少し多く準備作業をしたことに。

種目は、個人競技は「なわとび」「ストラックアウト」「キックボール」「フリスビー」、
そして「体力測定」。体力測定は種目ではないけど、背筋やジャンプ力等の測定が
できるので、以外と良い機会だ。

その後、赤組、白組に分かれた団体戦へ。
種目は「綱引き」「玉いれ」「大玉ころがし」「バケツリレー」。

運営委員だったので、なかなか写真を撮る時間がなくて、写真は「バケツリレー」。
小さなプールからバケツで水を汲んで、バケツリレーで運んだ先の的めがけて水を投げる。
バケツリレー1

しかし、これがなかなか入らない。
バケツリレー2

バケツの下を持って、的にめがけて投げないと入るわけがないのだが、
それを知ってる人もなかなかいなくて、全く前に飛ばずに自分にかかったり、
水が散ってしまって、散水車のように水をまいただけだったり。
最近では消化作業も消火器だから、これもなかなか良い機会だ。

そんで、運営委員も当然時間のあるときに種目に参加できるのだが、なんと役員なのに
ストラックアウトで中学生以上60歳未満の部で「優勝」してしまった・・・。
いくら運営委員も参加していいよと言われたものの、ちょっと気まずかったな。

参加賞は手作りのスポーツ大会らしく、子供達はお菓子、大人達は「たまねぎ」
「じゃがいも」「さつまいも」。
今夜は多くの家でカレーかシチューかも。
いろんな人と協力して作業ができたし、天気もなんとか持ちこたえたし、良い大会でした。

中学校新人戦2013/10/12

かずも、さくも、11日で終業式をむかえ、1学期が終了。
通信表を持ってきたが、いたって平均的な成績と思われるが、
生活の様子については、周りと仲良く、みんながあつまる存在らしいので、
それだけでも合格としよう。

そして12日から秋休みということになり、さくやはフレンドで福島の
磐梯山への一泊旅行。
国立磐梯青少年交流の家に泊まり、あちらこちらをハイキングするらしい。
バスの出発が7時ということで、前の日に準備を終わらせ、6時に起きて
朝飯を食べて、友達と仲良くバスに乗って出発。
前の日まで風邪で学校を休んでいたのだが、なんとか間に合って
良かった。終業式はお休みしたけど・・・。

そして、かずはというと、仙台市の新人戦が開幕。
今回はユニフォームはもらえないようだけど、夏休み中もホームステイ
等でほぼお休みだったし、その後も風邪だので意外と部活は休みがち
だったので、そこは仕方がない。

とは言うものの、かずの中学校のバスケの試合はもちろん、中学生の
バスケの試合を観たことがないし、「もしかすると、今日ユニフォームを
もらえるかもしれない」という言葉に、ちょっとだけ期待しながら、
応援しに行くことにした。
まぁ、ユニフォームをもらったとしても、小学生のころからやっている
子が試合にでるはずなので、初公式戦というところまでは期待せず。

結果、ボロ負け・・・・。
なんと、相手は中総体で3本の指に入ったくらいの強豪チーム。
正直なところ、まったく歯がたたずという状況で、試合途中で相手は
選手を全員入れ替えてきた。そう、2軍。
しかし、それまでは3倍とか4倍の点差だったのが、2軍が出てきて
こちらも少しは点数を取れたので、終わってみたらダブルスコアまで
離されず、結果だけはバスケの試合になったって感じ。

しかしこれで新人大会も終わり。
夕飯の時に話をしたら、自分達自身でもどこが悪いのかは判っている
とのことなので、今後の成長に期待だ。
しかも、かずのチームは2年生が3人しかなくて、1年生の成長が
大きく影響するはずだし。

それにしても、他の試合を観ていると、監督やコーチから、
「これってどうなの?」という感じの野次?指示?が飛び交う。
「やめちまえ!」「なんでできないんだ!」とか。
学生のスポーツは、勝ち負けだけじゃないはずで、スポーツを通して
礼儀、礼節、チームプレイや人間関係を作る、つまり人格形成も
目的はなずなのに、どうもそれが感じられないチームもあるようだ。
俺が中学の時の監督からは、技術も学んだけれど、そういう人間として
のあるべき姿を学んだし、「やめちまえ!」とか「なんでできないんだ!」
なんて言われたことはない。「できないからやめるわ。」なんて論理に
なっちゃいそう。

何はともあれ、子供もたちには健やかに育って欲しいね。

みちのくYOSAKOIまつり2013/10/13

12日から、かなり遅い夏休み。
お盆期間中に作業が入る我々は、タイミングを逃すとこういうことになる。
今までの最悪は年明け・・・。早い人は次の夏休みの予定を立てても良い頃だ。

今年はちびたちは夏休みはほぼ不在だったので、逆に本当の夏休み期間中に取らなくて
良かったし、実際の夏休みは、ちびたちの秋休みに合わせて取れたので、結果オーライ。

しかし、さくやは磐梯旅行だし、ママは仕事だし、かずは溜まってるチャレンジを
やつけるので出掛けないって言うし、バカンスの始まりはちょっとつまずき気味。
スタートにつまずくとあまりよろしくないと思い、12日、13日と開催されている
みちのくYOSAKOIまつりへ行ってみることに。
しかも、前日から再開したジョギングの代わりに、自転車で街中の会場まで。

チビたちの通う小学校の6年生が、運動会で毎年踊るのがよさこい踊りなのだが、
それを見て「こんなもんなのか」って思っていたけど、テレビ等で見る衣装や、
前回までの開催時に、街中をうろつくよさこい集団の衣装、人数を見て、なんでこんなに
盛り上がってるんだろうと思ってた。
しかも、今年で「みちのくYOSAKOIまつり」としては16回目とのこと。
みちのくYOSAKOIまつり1

実際に見てみて判った。軽快なリズムに乗って、躍動感のある踊りを踊る。
しかも、衣装や化粧がそれにあっていて、踊りもみんなぴったり合う。
凄い一体感。
みちのくYOSAKOIまつり2

しかもライブだから、迫力が違う。
しかし・・・、音楽と踊りがあればいいようにおもうのだが、なんと踊りの最中に
MCが入るチームもある。
「集まれ炎たちよ~!」「集え■☆%△~っ!」とか、なんかアニメの必殺技の時の
掛け声みたい・・・。
そう言われてみれば、衣装や化粧もなんか忍者っぽかったり、アニメっぽかったり、
祭りは祭りでも実はオタク祭りとも言えなくもないかも。
何はともあれ、行ってみてよかった。ずっと見ていたくなったけど、かずも家にいるし、
さくも旅行から帰ってくるので、昼前に引き上げた。
みちのくYOSAKOIまつり3

そんで、夜は自宅で焼き鳥パーティー。
夜は結構冷える季節になってきたけど、炭火で焼く焼き鳥はやっぱり旨いので、
みんなで温かい格好でパーゴラで食べる予定。
買い込んだ材料を焼き鳥用に仕込む。
メニューは以下。
 ・正肉(普通の焼き鳥)
 ・ささみ梅(ささみを焼いて梅肉を乗せる)
 ・砂肝
 ・レバー
 ・しめじのベーコン巻き
 ・椎茸
 ・ねぎ
 ・ナス、
 ・ピーマン
自宅やきとり1

そんで、こんな感じで焼きました。
ボルトとナットは、焼き鳥を乗せる台と共に、串が焼けるのを防いでくれる。
しかも、ボルトの熱で、端っこ部分にも火が通る。我ながらグッドアイディア。
自宅やきとり2

なかなかの滑り出しを見せたバカンス。
ゆったり、かつ面白みのあるものになるか、乞うご期待。

台風の中を那須ハイランドパークへ2013/10/15

台風が向かってくる中、仙台から那須ハイランドパークへ。
バカンス4日目は、早起きしてジャスをペットホテルに預けて、高速道路を南へ向かう。
天気予報では夕方から雨になるとのことだったので、それまでにできるだけ遊ぼうという
こんたんだったものの、福島市を過ぎ、二本松、郡山を過ぎて白河あたりから霧雨。
車を走らせている間、降ったり止んだりという状況だったが、那須に近づくにつれて
ちょっと雨が弱くなったのを見て、さくやが
「あっ!止んできたじゃん。家は「天気がちょっとはマシになる家族だよ!」」って。
雨が降っている以上、晴れ家族ではないし、ザーザー降りではないし、もともと雨の
予報だったので、雨家族でもなさそうだから、言い得て妙ってところかも。
しかし・・・・、実際に那須ハイランドパークに到着すると雨が止んだ・・・。
確かに、「ちょっとはマシになる家族」かも。

たまたま一緒になったチビたちの友達家族も午前中だけ一緒に行動。
いつ降りだしてもいいように、合羽は着ているものの、雨はなかなか降らず。
台風の中の那須ハイ1

夏休みは一緒に遊びにいったりできなかったので、久々の家族旅行。
天気の良し悪しは関係なし。
台風の中の那須ハイ2

那須ハイランドと言えば「F2」。
足元に何もなく、上からぶら下がる形のジェットコースター。
確かに、足元がないのは、一番上に昇ったときに、足の下に広がる景色と高さは
かなりおっかなね~って感じ。
この頃には雨も本降りになって来たものの、チビたちはほぼ貸切りをいいことに
連チャンで乗るは乗るは、おそらく5~6連チャン。
台風の中の那須ハイ3

そして、これもはまりました、「SPACE」。
椅子に座ったままの姿勢で、垂直に一気に上っていくもの。
下の方は周りの景色が見えないが、途中から視界が一気に開けて「どこまで昇るんだ!」
ってところで、停止すると、一瞬の無重力状態で内臓も持ち上がったあとに急降下。
なかなかクセになるやつで、本日最後はこれに乗って終了。
台風の中の那須ハイ4

雨の中、合羽を着てまでアトラクションに乗る家族。
気づくと、周りには人が見当たらず・・・。
土砂降りではないし、他のお客さんは早々に引き上げて、アトラクションも並ばない。
ギリギリセーフの那須ハイだったかな。
チビたちの笑顔が見れて最高の気分のバカンス4日目でした。

台風にも負けず那須満喫2013/10/16

那須の2日目。
朝起きると、半端ない雨と風。まさに台風の暴風域に入っている状態だ。
こうなることは想定していたことだったので、午前中は宿の温泉三昧と決め込むことに。
しかし、ここで想定外の出来事が。
台風の影響で露天風呂が全て閉鎖。男風呂は内風呂が2つで、露天風呂のほうが数が
多かったので、これはかなり痛かった。
2つの風呂に入っていてもいい加減飽きてきて、早々に温泉は終了。

昼飯は那須の牛肉を満喫する予定だったけど、温泉の時間が短かったので、
まだお腹もすかないということで、トリックアートを見に行くことに。

ここ数年は仙台にも期間限定で開催されているが、いかんせん混むのでなかなか行けて
いなかったけど、見たいは見たいと思っていたので、まぁいい機会になった。

先ずは、トリックアートの館。
トリックアート1

確かにワイワイ騒ぐものでもないけど、静かに見るものでもない。
頭も身体も適度に使うので、チビたちも予想以上に楽しんでたし、パパ、ママも
一緒に楽しめた。
トリックアート2

2件目はトリックアート迷宮?館。
トリックアートの店は3件あるが、それぞれ別々の会社が経営しているというママ情報。
それぞれで入場料を払うわだけど、共通チケットが合って、1件より2件、2件より3件
周ったほうがお得になる。
今回は時間もないし、初めてだったので、2件に抑えた。
トリックアート3

鏡に映るのが、自分ではなく他人。
なんてのもあり、いろんな趣向のトリックアートが次々と現れて、こちらも楽しめた。
大人も子供も楽しめるってのは、本当にいいことだ。
トリックアート4

残りの1つのトリックアート「ミケランジェロ館」は、次に機会ということに。
帰りは青空も見える台風一過。
高速が通行止めになっていたりと、ちょっと時間がかかったけど、一部は国道を使う等の
リカバリーもしっかりできて、当初の予定よりも少し遅れるだけで、無事に仙台着。

台風のなかどうなることやらと思われた家族旅行も、意外と楽しめた。
しかし、ジャスをペットホテルに迎えに行った際に、ジャスがあからさまに
「帰りたくない」そぶりを見せたのにはちょっとショックだったかも。
ジャスも友達と一夜を過ごして楽しかったっつうことで良しとするか。

ジャスと過ごす休日2013/10/18

那須から帰って来た翌日からチビたちは学校、二学期の始まりだ。
ジャスの朝の散歩の時には、ポツポツと雨が降っていたのだが、目の前には綺麗な
虹も出ていて、虹を見ながら登校するってのも、なかなか気持ち良いかもと思いつつ。
虹

チビたちが出て行くと、残されたパパ、ママは家の掃除、選択等をしながらゆっくりと
過ごす。
昼飯は仙台のラーメン屋ランキングで上位に位置づいているお店へ。
17日は「伊藤商店」であっさりとした醤油ラーメンに舌鼓。澄んだスープってのは
やっぱり良い。
そんで18日は「麺屋遊大」でタン麺にこれまた舌鼓。なんとも言えないコクが、
たっぷりの野菜と絡んでこちらは、初めての感覚のタン麺でした。

その他は、ジャスと庭で遊んだり、パーゴラでポカポカ陽気を浴びながら本(マンガ・・)
を読んでいる足元でジャスが寝ているという、映画に出てきそうな風景に満足したり。
あまりのポカポカさに、ジャスが薪棚の下に穴を掘って、そこにもぐりこんで涼をとる
姿にニンマリしたり。
ジャスと過ごす休日1

夕方は暗くなる前に散歩に行って、久しぶりにロングリート、ボール、フリスビーを
持って、近くにグラウンドに行くと、平日の夕方だから誰もいないので貸切状態。
フリスビーを投げると、一生懸命それを追いかけるジャス。フリスビーをくわえたのを
見て、「ちょうだいっ!」というと、ご主人様に向かって、フリスビーをくわえて
走ってくる・・・・が、あと10歩というあたりでフリスビーを放して、そこで伏せ。
あとは、「ちょうだいっ!」「ジャス!」と何を言おうがピクリともしない。
諦めて近くに寄っていって、フリスビーを取ろうとすると、前足で押さえて渡しても
くれない始末。
ジャスと過ごす休日2

前はもっと持ってきてくれたのに。
独占欲?支配欲?それとも僕がご主人様って感じ?
たしかに、こんな仕草にやられている俺は、既に支配されてるのかも・・・。