薪割り含めて素直に疲れた2014/09/15

かずは火曜日からの試験に向けた試験勉強ということで、家で缶詰。
まったく行けてなかった薪作りにいかないと、原木の水分が飛んで、割れにくくなる
ということで、薪作りに行くことに。
しかし、かず抜きという、力作業の要員を一人欠く状態ではこころもとないので、
グランパに助っ人要請。

チェーンソーはパパ。
ママとさくとグランパは原木運びを基本として、ママとさくはくさびとハンマーで
斧では割れにくい玉切りを根気よく割っていくという係。
グランパはチェーンソーで切る為の台に原木を乗せる係。

親子3代での薪作り。いいもんだね~。

ゲジゲジがいるだの、蝶々が飛んできただの、手に豆ができただの、疲れただの・・・。
一向に口が休まる時がないさく。

とは言え、一生懸命がんばってくれて、すごく助かった~!
自然との闘いを制した感はあるんじゃないかな。

大体10時ころから始まった作業。昼飯までの2時間で、相当な本数の玉切りに成功。
しかし、疲労も相当溜まった。
持参したおにぎりと、カップラーメンを汗をかいたからだに放り込む。
外で親子3代で食べる飯も、これまたいいもんだし、そもそも肉体労働の後の飯は、
最高にありがたみを感じる。

相当原木をやつけたものの、元々の本数が多いので、まだ終わらず・・・。

10時から16時まで、汗のかきっぱなしで、トイレに行く必要がないほど。
しかも、朝は6時前に起きて、ジャスとのジョギングをこなしたこともあり、
とにかく1日中身体を動かした。
只今23時前、もはや自分が何者で、今何をしてるのかも怪しくなっているほど
睡魔に襲われている。

確実に明日は筋肉痛。否応なく始まるウィークデー、今週は1日短いので、それを
頼りに頑張ろう!

WOOD JOB2014/07/06

今日は朝から良い天気、というかかなり暑くなりそうでやばかった。
結果は予感的中。今日一日でどんだけの汗をかいたか。

朝はジャスとのジョギングのあと、さくやとサッカーの練習をちょっと。
その後、一人で薪づくりへ向かう。かずの午前中の部活が終わってから家族総出での
薪づくりになるが、その前の様子うかがいも兼ねた一人作業。

先日下見に来ていたので、ショック的な感情は湧かないものの、
やる気をそぐには十分な量だ。

4人で力を合わせて。
ちなみに、昨日作った玉切り台はこうやって木を乗せて切っていく。
チビたち二人で木を運んで、パパがチェーンソーで切る。
なかなかの流れ作業。

もちろん、一人でも運びます。

そんで時には現場監督的な立ち位置で見守ったり。

親戚のおばさんがおやつにトマトを持ってきてくれたので、休憩すると決まったとたん、
いつの間にかトマトの前に陣取って、食べる準備の妹。

かたや、まだ一生懸命作業している兄。

結局は、ママも含めて4人で仲良く食べました。
たっぷり太陽を浴びて、太陽の恵みをたっぷり注がれた真っ赤に熟したトマトを食べる。
なんかいい感じ。まさに野外活動。

まだまだ残ってる木。まだ何回か来ないと。
WOOD JOBもできるシステムエンジニアここにありってところ見せてやるぜ。
明日も仕事だ・・・ただいま22時過ぎ、もう瞼が持ち上がらない。
汗たっぷりかいてのリフレッシュ完了!

玉切り台製作2014/07/05

明日は、新規がある事情により山から切り出した木を玉切りにする作業を
予定しているが、その木がかなりの量、かつかなりの長さなので、
玉切りするための台を製作。
適当にネットで検索して、使えそうなやつをパクってみた。

家に余ってた材木と、足りない分を買い足して。
設計図もなく、適当に作った結果がこれ。

台に木を乗せて、柱の間をチェーンソーで切る。
柱の間は約45㎝。柱からの距離を目安に切ると、玉切りほぼ同じ長さで切れる。
我ながら上出来。明日が楽しみ。

今年最後の玉切り運搬2013/05/19

今年最後の玉切り運搬
叔父さんの家になかば放置したままの玉切りの薪を整理し、
薪割り必要なものだけ自宅に運搬する作業。

かずは部活なので、ママとさくと3人で遂行。

自宅の薪棚には、全部の薪は置けないので、薪割りが必要なものだけ
自宅に持ち帰り、庭で時間を見つけて割ってから薪棚へという方針で、
割らなくても良い細めの薪はそのまま叔父さんのところで来シーズン
まで保管してもらうことに。

さくやも最初は結構まじめに薪の整理やトラックへの積み込みを
手伝ってくれました。
ママと一緒になって、薪をダンベル代わりにトレーニングしながら
運んでみたりしていたのに・・・・。
途中でカエルを見つけて「カエルが保護色になってるーっ!」
から始まり、徐々にではあるが、そのうち完全に枝にカエルをのせて
遊んだり、いつの間にか逃げたカエルを探して、トラックの下を覗いて
みたり。
それでも、自然に接して、実際にカエルが保護色になった状態を
見たりと、2次元の教科書上だけじゃない経験が出来ていて、
いい勉強になってるかな。
教科書で勉強したことよりも、こういった実体験で得た知識って、
相当高い確率で身につくような気もするし。

そんなこんなで、薪割り必要な玉切りの薪は軽トラで運搬完了。
来週からは、薪割り作業の再開だ。

ソーチェーン交換2013/03/23

今日は家族全員で薪作りに行く予定にしていたが、先日ソーチェーンの目立てを
していたら、ほぼカッターの部分が無いところがあった。

こりゃ駄目だと思って、今日の午前中にホームセンタームサシで新しいソーチェーンを
購入しようとしたものの、チェーンソーの取扱説明書に書いてある型番のものがない!
そこでOREGONのソーチェーン適合表を見てみると・・・、取扱説明書にある「91V-52E」
ではなく、「91PX-52」でも問題ないとのこと。
そうと判れば早速購入し、自宅で交換。

交換前のソーチェーンがこれ。
ソーチェーン交換1

交換後のソーチェーンがこれ。全然違う。
まぁ、よくここまで使えたものだ。
ソーチェーン交換2

そんでもって、薪作りに行ってみると、やっぱり前回までの切れ味と全く違う。
新品同様の切れ味だ。
しかし、木の量が多すぎて、最高の切れ味でも終わらなかった。
とりあえず玉切りは来週で終わりそうだ。

薪割り初め2013/03/09

今シーズン初めての薪割り。
昨晩からの強風が、朝になっても止まず、やるかやるまいか悩んだものの、
別に雨や雪じゃないので、決行することに。
かずのフレンド(英語教室みたいなやつ)の卒業式があったけど、
ママとさくが行くということで、パパは居残りで薪割り。

既に、玉切りした段階で割らなくても良いやつは、薪棚1号に積んでいるので、
あくまでも割らないといけないやつだけ。
薪割り初め1

3時間も割ったあたりだろうか。斧を振り下ろす度に、左手の指の付け根に
刺さるような痛み。なんとマメがつぶれてた。
1年のブランクは手の皮さえも衰えさせる。
しかも、最後の最後に、どうしても割れないやつが現れた。
結局斧ではどうにもならず、鉄のくさびとハンマーで対応。
くさびがを叩く度に、木がミシミシと音をたてて割れていくのも征服感が味わえる。
薪割り初め2

途中、昼飯をはさんで、とりあえず自宅に運んだ玉切り済みの木は
全部割り終わり、薪棚1号は全て埋まって、一部は薪棚2号に積むことに。
今年は順調に薪作りが進んでいる。
薪割り初め3

一汗かいて、19日にせまったかずの卒業式に向けて男チームは床屋へ。
帰ってきてから恒例の琥珀エキス注入!
薪割り初め4

軽トラで薪運び2013/03/03

土曜に玉切りにした薪を自宅に運搬。
いとこの軽トラを借りて、タイヤがちょっと潰れ気味になる程度まで積んで、
ロープで南京結びで止めて、自宅といとこ宅を3往復。
薪運び1

南京結びと簡単に言ってるけど、1年経つとなかなか思い出せず、
薪作りの前に復習というか記憶を呼び起こす作業が必要だ。
今年も例外なく、その作業を終えてなんとか運搬作業をこなせた。

薪割りの必要のあるものないものを分類して、必要ないものはとっとと薪棚へ積む。
薪割り必要なやつは庭に山積みにしておいて、時間を見つけてやっつける。
薪運び2

とりあえず自宅の庭に、写真と同じ位の山が合計2つあるので、それをやっつけつつ、
いとこの家にある残りの木もやっつけないと。
なんか毎週木と戯れることになりそう。

毎年、この時期は仕事が嫌になる時期なので、薪割りは絶好のストレス発散方法なのだが、
今年はいまのところ仕事は穏やかなので、心の底から湧き上がる「このヤロー感」が
いまいちな予感。
っつうか本当はそのほうがいいんだけど・・・。

とりあえず土曜の玉切り等の作業で筋肉痛になったので、そのまま今年も
運動開始モードに突入。
薪割りした後の琥珀色のエキスが楽しみです。

それはそうと、今日はひな祭りということで、薪運びはパパとかずの男チーム担当。
ママとさくやはひな祭りのお祝いの準備。
お祝いと言ってもちらし寿司とかお刺身とかパフェとか・・・パフェ?

ちなみに家の雛人形は貝殻で出来たちっちゃーいやつで、手のひらにも乗っちゃう。
でも食卓において、お雛様も一緒に夕食を囲めました。
貝殻の雛人形
かずとさくみたい。

今年最初の薪作り2013/03/02

夜中はとんでもない強風で、薪作りは無理かと思っていたけど、
朝起きるとなんか止みそうな気配。
朝飯を食って、とりあえず向かってみることに。

年末に手に入れた伐採された木は、親戚の家に保管していたものの、
なかなか行くタイミングがなくて、2ヶ月以上放置。申し訳ありません・・・。
でも、今のままでは薪ストーブに入らないので、もう半分の玉切りにしないといけない。

1年ぶりのタナカのマイチェーンソーがうなりをあげる。
ところが、ちょっと切ったところで、切れ味が明らかに悪くなった。

とりあえず目立てをしてみたところ、完全に生まれ変わった。
やっぱり目立ては大事ってことだ。
とりあえず、約6時間ほど作業して、玉切りしたのはこの位。
2列に見えるけど後ろにもう1列隠れているので3列。
今年最初の薪作り1

でも、まだこんなに切らないといけない木がある・・・。
いつ終わることやら。
今年最初の薪作り2

帰ってきて、風呂に入って、琥珀色のエキスを飲んでいい仕事したと自分にご褒美。
そんなこんなしてたら、また強風が復活。何もかもがうまくいった日だ。

来年の薪用原木ゲット2012/12/09

従兄弟から急遽連絡があり、町道に垂れ下がっていた木の伐採をしたので、
欲しければ持って行ってもいいとのこと。
喉から手が出るほど欲しいので、人手が多いほうが良いかと思い、
早起きして実家の父と一緒にGO。

今日は昨日からの寒波で雪もしっかり積もってて、日中も相当寒いはずなので、
ママとチビたちはお留守番。

雪の積もった町道の道路脇に、伐採されて玉切りされた原木が点々と置いてある。
玉切りされているとは思っていなかったので、非常にありがたいと思った反面、
伐採された原木が一箇所に集められているかと思っていたので、自分達でトラックで
集めないといけないと思うと、なんか相殺された感じ。

しかし、点々としている原木を軽トラックに積み込んでいくうちに、
「思った以上にある。っていうか、この量はまずい・・・。今年は伐採不要か。」
って位ある。

軽トラックで集めること5~6回。
こんなになった。
来年の薪用原木ゲット
しかも、このままでは長いので、チェーンソーで半分に切る必要があるので、
この2倍になるということ。
薪の販売もできるんじゃないかと思ってしまうくらいだ。
薪割りも相当大変だなぁ~とうれしい悲鳴。
今年は仕事でストレスたっぷりなので、たっぷりストレス発散できそう。

夜は、仙台の冬の風物詩「光のページェント」へ。
ページェントと一緒にオープンするのが、屋外のスケートリンク。
屋外にこの期間だけ作成されるスケートリンクで、700円のスケート靴のレンタル代で
すべることができる。
ページェントとスケートリンク
そこで、ママとさくやがスケート。
パパとかずは付近をぶらぶらしつつ、ママとさくやのスケートを眺めてた。
その後、実際のページェントを観に移動。

毎年観ても飽きないもんだ。
光のページェント

山仕事から都会の光まで、ギャップの大きい一日でした。

友達の引越し祝い2012/12/01

今日は友達が引っ越したので、みんなでお祝いをかねて友達の家に訪問。

中古住宅を購入して引っ越したんだけど、暖房に薪ストーブを導入したと
いうことだったので、それを見るのも楽しみのひとつだ。

途中で他の友達もひろって、いざ到着してみると、・・・・でかい。
完全な和風の概観で、部屋数もはんぱじゃない。

和室には火鉢もあって、それに炭火をおこして、どてらを着て熱燗をちびちびみたいなことも出来る。

だからだろうけど、薪ストーブもエクストララージ。
そりゃこんだけ部屋数が多ければ、ミディアムでは足りないだろうし、
建物自体も新しくはないので、高気密というわけではないので、
パワーも必要そう。

そうとうでかい薪もなんなく入る大きさで、フルで焚いたらどんだけの
パワーが出るのか想像もつかない。

当然、ストーブ内での料理もしやすそう。

これで、薪ストーブ仲間で出来たので、来年からは協力しあって、
薪の確保が出来るかも。
子供達同士もなかよしなので、家族ぐるみで薪ストーブ付き合いだ。