実働3日なのにハードウィーク2022/09/17

9/12、13と細切れにした夏休みを取得。
夏休みとは言え、会社携帯にはガンガン電話、メール。
休暇中と知らない人からもだけど、「休暇中申し訳ありません・・・」
から始まるメールを見ると、それだけで気持ちが折れそうになる。

そんな中でもせっかくの休日なので、遠出はできないけど、ちょこちょこと
出かけけてみたり、家のことを片付けたりして過ごす。
合間に会社スマホを手にするというタイミングが出てきたのが残念だけど。

まず、新しいスマホで初めて撮った写真がこれ。
いつもの賀茂神社。

あまりの遅さに堪忍袋の緒が切れたので、機種変。
高額なスマホなんていらないけど、この後の5Gに対応はしておくかと、
色々調べたけど、1時間程度で決定。
オンラインストアで注文ボタンクリック!簡単過ぎて怖い。

これまではずっとAQUOSだったけど、レビューとか見てもレスポンスはXPERIA
のほうが良いということだったの、XPERIAに。
細かい操作が違うので、まだまだ慣れが必要だけど、対して機能も使いこなせて
いないので、ゆっくり覚えていこうと。

外にそば食べに行きたいというママのリクエストああったので、
昼飯は近くの桂木庵へ。
最近は外食も気軽に行けるようになったのは良かった。

それと、数日前に行った登山でドロで汚れた登山靴を洗っていたのが乾いたので、
オイルを塗って次の登山に備える。
こういうことしながら、ビールでも飲みたかったけど、諸々タイミング合わず。

2日間の夏季休暇なんて、休んだのか休んでないのか微妙なほど電話もきたし、
夏季休暇なんて呼べるほどのイベント、長さもないので、夏季休暇という実感なし。
休み明けの14日は、溜まったメールに追いつくのに精一杯。
で夜は寝る前に気付け薬として最後のジョニ黒を一気に喉に流し込む。

気つけ薬が必要だったのは、翌日は早くから東京へ謝罪に向かうため。。。
初めて合う方々がどんな反応があるのか、緊張と恐怖に押しつぶされそうに
なりながら新幹線に乗る。。。。

サンドバック状態。。。
ほぼ一方的にこちらが悪いので、そこは真摯に受け止めて反省。
でもとりあえず、最後は前向きに進めましょうという言葉をもらって一安心。
仙台に帰る前に、都内で東京メンバーとノンアルで打ち上げ的な。
帰りの新幹線は、行きの新幹線とは比較にならない安心感、でも疲労感も半端ない。

金曜も何かとバタバタで、実働3日しかなかったのに、なんかいつもの5日間よりも
疲労感たっぷりで、眼精疲労も半端ない。

で、土曜日の朝は、ちょっと遅めに起きてジャスと散歩。
空は清々しい青だけど、なんかもう夏の雲から秋の雲に変わってきてた。
なんか湧いて来てるような雲があったり、やけに飛行機雲が多かったり。
でも、まだ雲を眺められる気持ちの余裕があることに少し安心。

で、土曜は約2ヶ月帰省していたかずが新潟に戻った。
米、ビール、日本酒、ジュースを買ってきて、車に詰め込んでやった。
ネットで注文して配達してもらえば済むものばかりだけど、
なんかこう自分で渡したいというのはやっぱり昭和に人間なんだろうなと。
きっと本人だって車から部屋に運ぶの大変って思ってるだろうし。

この日はさくも夜は出かけたので、夫婦二人の夜。
なんか食べに行こうかということで夫婦水入らずで近くの大吉へ。
久々に大吉来たけど、お通しのキャベツがなくなってて少し寂しかった。
しかも写真撮り忘れ。

帰りにローソンでスイーツを買ってみた。
なんとGODIVAとのコラボの「どらもっち」。結局どらやき。
でも、さすがのGODIVAなのか、チョコが美味かった。

3連休の初日は無事終わるかなと思っていたら、夜に会社携帯が鳴る。。。
今度は北関東付近できな臭い状況になってるらしい。。。
先週ボディーを叩かれまくってきたので、しばらくはそっとしておいて欲しい。。。

一歩ずつ2022/09/11

昨日の中秋の名月のブログ投稿後、ジャスと空を眺めた。
どうしても写真撮りたいなと思って双眼鏡とか持ち出して。。。
撮れたのがこれが限界。
でも、竹の葉っぱと雲から出てきた月がいい感じで、なんか絵画みたいな。
2022年の中秋の名月の記録は残せた。

今日は天気次第では山に行こうと思っていたので、早起きしようと思っていたけど、
月を見ながら少し飲み過ぎたのか、目覚ましがなるまで起きず、
目覚ましなってからも二度寝する始末。
とは言え6時過ぎに準備運動も兼ねてジャスの散歩へ。
田んぼもいい感じの金色に染まってきた。
今日の早朝の空気はヒヤッとして、やぱりもう秋が近づいている。

散歩から帰ると、日曜の7時過ぎというのに、ママが起きてた。
「何か?」的なこと言ってたけど、まぁ確かに午前中に病院に行くと行っていたので、
それもあってかと。というかそんなことがないと起きないし。。。
とにかく朝飯を一緒に食べて、俺はかずの車を借りて山へ向かう。

登山開始は8時。ギリギリ目標通りに出発。
泉ヶ岳の大駐車場はいつも通り約半分弱が埋まってる感じ。
今日も水神コース。
登り始めは曇りだったので、ヒンヤリした空気が、鼻の粘膜だけじゃなく、
露出している肌にツンと刺さる感じ。
長袖を着てきて良かった。

今日は水神でゆっくりすることはせず、水分補給で寄っただけで上を目指す。
前回、お尻付近の疲労がひどかったので、一歩を小さくして先を急がないような
あるき方でゆっくりと一歩ずつ歩みを進めた。
・・・が、体重も増えたこともあるのか、途中何度も小休止しながら進む。
でも、途中で真っ白なきのこを見つけて写真を取れる程度には余裕あり。

賽の河原で生き絶え絶えになっていたところへ青空の気配。

頂上一歩手前の景色が最高の場所につくと、空の景色も最高に。
一瞬でもこの青さに迎えられて、ここまでの疲労が完全に頑張った成果に変わる。

下を見ると、やぱり途中には厚めの雲。

山頂に立ち寄って、祠n色々とお願いを詰め込んできた。
が、お賽銭を持ってこなかったので手ぶらでのお願い。
ここまでお願いに来たのだから、お賽銭じゃなく、頑張りをお供えものとして
受け取ってもらいたい。というかそのあたりは神様に汲んでもらいたい。。。

暑くもなく登山にはいい季節。
ということで、下山途中は結構な人とすれ違う。
親子連れ、学生、カップル、夫婦、老夫婦。。。
それにしても、一番マナーもないのが、お年寄りあ集まったパーティー。
挨拶も無視、道を譲ることもなく横に拡がり、自分たちが神なんだから避けろ。
と声は出さないけど、態度がそう言っている。
やれやれ。。。

そんな中で長い直線で誰も写り込まないタイミングが。
11時ころで、頂上で昼飯を食べるタイミングで登る人がまだいても良い時間。
とは言え、こんな時期にこの景色を見れるのはいい感じ。

登山口に近づいた辺りの川。
先日までの雨で、いつもよりも増水しているけど、その分せせらぎの音が大きい。

下山後は急ぎ帰路について、12時前に家に着く。
シャワーを浴びて、洗濯をして、昼飯を食べたら、強烈な睡魔に襲われて、
今日も1時間半程、最高に気持ちいいシエスタ。。。
贅沢な日曜の午後。

まだですか?
というジャスの催促の視線に負けて夕方の散歩へ。
途中、高速道路の高架下のトンネル。
トンネルの抜ければ明るい未来が待っている的な画。

登山の時にあらためて思ったけど、一歩ずつ、とにかく一歩ずつ進めば、
目指した先には到達できる。
歩みを止めないこと、とにかく動くこと、動かすこと。
頑張ろう。

中秋の名月2022/09/10

先週も毎日毎日生まれる業務とプレッシャーに圧迫された一週間。
なんとか乗り越えた。。。いや逃げ切ったというほうが近い。
とにかく無事に土曜を迎えられて、やっと熟睡。
となると、毎回思うし、何度も書いてるけど、休日の早起きは小学生並み。
今日も5時に目が覚めた。でも無理やり二度寝してなんとか6時半まで眠った。
でも、もう限界ということで朝のジャスの散歩へ。
昨日なにかのニュースで見たので、今日が中秋の名月だということは認識済み。
「秋」という漢字を見たことによる先入観ではないだろうけど、
外に出ると空気はヒンヤリしていて、夏のヒンヤリとは質が違ってきている気がする。
空気の匂いかもしれないけど、鼻から入った空気から粘膜が「秋」と感じた気がする。

なんか靄が出てるなと思いながら、朝日が見える開けたところに来たら、
幻想的な景色。
こういう、毎日違った景色が見れること、しかも意表をついた景色だったりすると、
ありがたいというか、早起きして良かったというか、人智ではどうしようもない中で生きてるんだなとか、生きてる!ということを、大げさだけど、感じてしまう。

ジャスの散歩から帰ってもまだ7時過ぎ。
家族はいつもの通り休日は遅起きの日という人たちなので、家の中は静かなもの。
そんな中でスムージーを作るのにジューザーの騒音が響こうがなんのその。
ちゃちゃっと朝飯を済ませて、つなぎに着替えて庭へ。
恐らく今年最後になるだろう庭に草むしり。
今日は秦基博をスピーカーから流しながら、約2時間でまぁこんなもんか
というところまできれいになった。
そのまま風呂に入って、そのまま風呂掃除して今日の家の仕事は完了。
昼からビールか冷やしたシャンパンでも飲んじゃおうかななんて考えながら、
やまやに買い物に行ったけど、結局昼からの酒は実現せず。

その代わり、そろそも限界になってきたスマホの性能問題を解決すべく
オンラインでスマホの機種変更手続き。
ずっとAQUOSユーザだったけど、今回はXperiaに変更。
会社携帯がiPhoneなので、iPhoneにしようかとか思ったけど、
androidよりも使いこなせていないので、プライベートで苦労するのは嫌だなと、
そこはandroid継続。

午後からは仕事しようかと思ったけど、早起き&草むしりの疲労で、
昼飯後はウトウトして、そのままソファーで1時間半程シエスタ。。。
最高に気持ち良かった!
こういう時間が必要なのよと起きた直後は思ったけど、起きて数分してからは
「あー、もったいなかったな」と貧乏性が顔を出す。

関東、関西とかはどうか判らないけど、夕方も4時を過ぎると
散歩にはちょうどいい気温とうか、ノースリだと失敗したかなと思う気温。
カマキリも産卵場所を求めて移動中なのか、道路に佇むカマキリを発見。
ジャスも、おいおいカマで鼻切られるぞと思うほど鼻を近づけて匂いを嗅いでた。

散歩の帰り道で、歩道脇に生えていたススキ?
いやススキじゃない気がする草を何本か採って来た。
団子はないけど、中秋の名月、十五夜と言えばススキでしょということで。
十五夜にススキを持って歩いていると、なんか夕方に酒屋から一升瓶を抱えて、
小さな楽しみ、喜びを持ってうちに帰る感覚があってなんか自分でほっこりした。
そういう気持ちの余裕、時間的な余裕、四季を感じる余裕あるということも嬉しい。

散歩から帰ってママに「今日中秋の名月だよ」と行ってススキ(?)を見せると
花瓶を準備して挿してくれた。
夕食の時は薪ストーブの上においてちょっとした秋の雰囲気に。
夕食後に空を見ると、うっすらと雲が出てて、隙間からまんまるの月が見えてるけど、
この後どうなるか、酒飲みながらジャスと空を観察してみようと思う。

そして、今日は大阪の義弟家族から贈り物が届く。
初めてかもしれない岡山産のシャインマスカット!
東北のそれと違うのか明日以降が楽しみだ。

今日もみんな元気に過ごせて、秋の気配を感じることもできた。
何よりお秋を感じようとする気持ちの余裕があると感じられたことが嬉しい。
なかなか今まで通り出かけるのは難しいかもしれないけど、
暑くもなく、そろそろお庭BBQとかにもいい時期にになってきた。
今年の夏、秋は今年しか過ごすことができない。当たり前だけど。
チャンスの神様は前髪しか無い、夏の終わりと秋の始まりを取り逃さないようにしないとだ。

2022/09/04

今日。

なんとなく明るくなりそうな気配がする朝方までは、
屋根に当たった雨音が聞こえるほどの雨。

二度寝した後に目を覚ますと雨はあがっていて、曇りだけどそこそこの明るさ。
ジャスの散歩に行くことに何の障害もない。
昨日までの雨模様の影響で散歩がスキップしていたジャスも今回こそはと期待してる。

朝飯を済ませた後は、さくはバイトに行く準備。
夫婦は部屋の掃除。
午後は夫婦それぞれ好きなことをして過ごす。残念ながら俺は仕事。
途中、時折降る雨に、ジャスの夕方の散歩がどうなるのか、俺もジャスもモヤモヤ。

先週から試験で東京に行っていたかずから夕方に仙台着との連絡あり。
少し濃い目のコーヒーを飲みながら、仕事をしながら、
かずのお迎えとジャスの散歩、それとかずのお疲れさん会の夕飯の段取り。
ママも、今日は外食しても良いかなとのことだったので、色々と調整して店を予約。

かずを八乙女駅まで迎えに行って、帰宅後はそのままジャスの散歩。
霧雨の中、これ以上降ったら迎えに来てもらわないとなーと。
それでも、なんとか夕飯に向けて出発するまでには家に着けて、しかも天気ももった。

散歩から帰って、まだ汗も引かないまま急ぎ車に乗り店に向かう。
さくはバイトが長引いて現地で合流になった。

時間になってもさくは到着せず、先に乾杯を済ませ、注文した品が到着次第食らう。
30分程遅れてさくが合流して改めて乾杯。
そりゃ、大学生にもなれば想定外のことも起こり得る環境に身を置いているだろう。
最終的には、みんなお腹いっぱいご飯を食べられた。

何事もないと言えば、本当に何事もない。
でも、色々と調整して、どうなるか判らないと言えば判らない状況もあった。
と言っても、やはり平凡な1日。
なんてこと無い1日。

でも、そんなに平凡でも、なんてこと無いというわけでもない。
ちゃんと、家族の調和を保つための考えや行動にありふれている1日。
週末のリラックスする一時、月曜に向けて憂鬱に支配されそうな日曜の夕方。
情けない自分の存在を感じつつも感じないふりをしてる。
明日の朝、自分で被った化けの皮を、家族にばれないように、
自分から脱ぐことが判っているのにも関わらず。

これは「虚栄心」と言うものなのだろうか。
だとしたら、家族に対し虚栄心を張ってどうするんだよとも思う。
もしくは「凛」としていると言って良いのだろうか。
どんと構えている姿は、実際はどうであれ周りに安心感を与え得るものでもある。
だとしたら、「凛」としていると言っても良いのかもしれない。
明らかな弱さが漏れ出てなければの話ではあるが。

漏れ出ていたとしても、堂々としていれば「凛」としているとも言えなくもないか。
見栄、虚栄だったとしても、それをそうじゃないと言い切れるまで自分の中で
腹落ちさせて、自分に強烈にいいきかせてしまえば、もはやそれは「凛」かも。

万人の同意を得たことをするという意味でもない。
凛々しく、筋を通す準備が出来ていればもはやそれは「凛」だと、俺の中では思う。
激しい言動が伴わなくても、どんと構えてなんでも受け入れる覚悟を持っていれば、
見た目はどうであれ、それは「凛」なんだと思う。

もう一度、自分にとっての「凛」とした姿は何なのかを考え直したほうが良いかも。
自分が「凛」とする意味、「凛」とする必要性は何なのか。
実際に「凛」としているのか。
「凛」とする為に捨てなければいけないものは無いのか。。。。
もはや先送りはできない。
自分の「凛」とした姿と覚悟をしっかりと掴まないと。

確実にお祓い必要っぽい・・2022/09/03

今週も月曜からヘビーだった。。。
コロナ、障害、変なPJの火消しに巻き込まれ、大幅な計画の見直し依頼。。。
今月大変だったなーと振り返ったわけではなく、これが一週間に起きた。
木、金と分割した夏休みを取得予定だったのに、こんな状況なので延期。
夏休みだけど、夏ではない時期に延びそうだ。
まぁ、でも今週はプライベートは平穏だったのは何よりだった。
一番可愛そうだったのは、雨で散歩が結構な回数キャンセルになったジャスか。

総じて寝不足だった。
おそらく平均睡眠時間は4時間は切っていたように思う。
色々と調べ物したり、対策検討したりして夜が遅くなるのは当たり前。
それよりも最悪なのは、心配し過ぎてドキッとして早朝に目が覚めてしまうこと。
PTSDってどんなのか判らないけど、もしかしてこんな感じなんじゃないかと。
聞きたくない報告の場面がフラッシュバックしたり、この先に起きるかもしれない
最悪の状況が夢なのか判らないけど、頭に浮かんで目が覚める。
ってか、そもそも眠れてるのかも自分では判らない。

自宅に先週末に4本あったリポDが、金曜朝時点で1本。
5日中3日飲んだってこと。。。
会社の健康診断の日も寝不足で、血圧が異常に高くて、3回も計測し直し。
「寝不足だと高くなる傾向があるんですが、どうですか?」と聞かれて、
「確実に寝不足です」と。
さすが看護師さんって思った。
結局3回計測して、下がっては来たけど、いつもよりは高めで終了。
経過観察になるかも。

金曜も定時後までかかる2時間、しかも打ち合わせでより最悪な状況が判明した会議。
他の部門の助っ人を依頼されてのことだけど、もはやどう助け舟を出せば良いのか。。

という一週間をリポDで無理やりハイにして乗り切ったので、
心身ともに中身はボロボロ。
完全にそのせいだろうけど、昨日は日付が変わるあたりでベッドに入ったけど、
今日は朝の7時過ぎまでぐっすり。
でも身体はだるくて、スカッとした疲労じゃなくて、どろどろした疲労感。
どんだけ疲れが溜まってて、どうすればドロドロを洗い流せるのか。

そんな状況なので、朝からの雨模様は少し気持ちが落ち着いた。
これが晴れだったら、遊びに行けないというモヤモヤがさらに上積みされただろう。
買い物に行ったり、細々したことをこなしたあとは読書。
先日買った「20歳のソウル」。
・・・泣いた。
正直小説であれほど嗚咽寸前、いやもはやちょっと嗚咽が漏れたのは初めてかも。
甲子園の「市船ソウル」を聴いていたので、表面的な事情は知っていたから
というのは確実にある。

自分だ同じ状況になったらどうだろうか?
親として家族として、自分だったらどうだろうか?
今では想像に難くないので、さらに感情移入したのかもしれない。
今日、この本を読んで良かった。
仕事だって、家庭だって、まだまだ自分でもやれることはある。
市船ソウルが「神応援曲」と言われるように、自分もごく一部の人にとっての
「神存在」になることはできるはず。

でも、その前に自分自身がなんか変なもんが憑いてるといけないので、
お祓いいかないとと、どんどん本気で思ってきている。
来週末予約しようかなと。

文武両道2022/08/28

決して、「俺は文武両道に秀でている」という意味ではない。
インドアとアウトドアの両方をやったというだけのこと。
朝目が覚めると外は雨。ということで二度寝。
どうもこの歳になると、二度寝に「もったいない」という感覚が少し薄れて来た気が。
とは言え、二度寝が浅かったり、無理に二度寝しようとしていることに気付けば、
一気に「もったない」が吹き出してきて起床。

昨日の天気予報は、めずらしくほぼ的中で、朝からしっかりと雨。
なので、少なくとも昼まではインドアで楽しもうと。
仕事もあるけど、それは忘れたふりで。。。。

細々とした家のことをこなした後に、スケッチブックと鉛筆を持ち出した。
合ってるのかどうか判らないけど「MAN WITH A MISSION」を聴きながら。
それと、窓に当たる雨の音も意外と「荒天時にインドア活動してる」という
満足感、充実感につながる。

昼飯を食べることを忘れながら描いたのがこれ。
 テーマ:ありがとうハイネケン。大変お世話になっています。」

途中、机に置いていたモデルのハイネケンを飲んじゃうかと思ったこと数度。
ここのところは昼間に飲むと、結局その日は使い物にならないので我慢。

絵を書き終えて少し遅い昼飯を済ませて、しばらくすると空は青空に向かう雰囲気。
朝は雨で散歩がなかったジャスを連れて、少し早めの散歩へ。
出発してから程なく、空には青空。ほんと「止まない雨はない」。
困難を乗り越えればこういう景色が広がる。大げさか。

休日バージョンのジャス散歩1.5時間が終わったあと、まだ動けそうだなと、
30分程度のジョギングに行くことに。
腕には少し前にAmazonで買ったアームバンドをセット。

3週間前のジョグで足裏を痛めたので、ジョグ自体に少し不安があったけど、
今回は大丈夫だった。
それと、前回のジョグと、先週の登山で身体も慣れたのだろうか、
今日は前回よりも息も上がらず、筋肉的にも若干余裕があった。
まだ、身体的には順応するための働きは残っているようだと少し安心。

帰宅後、夕飯まではまだちょっと時間があったので、腕立て、腹筋で自重トレ。
乳酸マックスになった辺りで、先に風呂に入っていたママが風呂から出たので、
そのまま風呂へGO。
汗を大量にかいて毛穴が開いている時は、石鹸で洗うと若干しみる感じだけど、
それもまた運動した感を倍増してくれる。まるでM。。。

程よい疲労感が残ったままストレッチをしてると、ママから夕飯コール。
今日はさくも出かけたので、夫婦水入らず。
色々とおかずが残っていたので、それをベースに食卓に並べる。
今日もママはほぼいつも通り過ごせてる。良かった。

夕食後、ふと思い出したのがこれ。ハンドグリップ。
どうも、二の腕もそうだけど、前腕が「細くなったなー」と。
確かハンドグリップあったなとゴソゴソと掘り返すとありました。
バネの部分がサビ気味なやつ。
負荷は不明。。。。

負荷は不明だけど、これで十分な負荷。
特に、左腕なんて驚くほど握れない。。。。
前腕を鍛えれば、キーボードも早く叩けるかも!
・・・キーボードを早く叩けてメリットを享受できる年でもない。
では何のため?もはや長生きが目標になりつつあるな。

平穏2022/08/27

昨日の夜は、アマプラで1本映画を観たら、なんか止まらなくてもう一本。
ベッドに入ったのは2時過ぎ。
今日は眼精疲労か、寝起きはグダグダで目が開かない・・・。

いつもの休日よりも少し遅めにジャスの散歩へ。
朝飯を食べてから、久々に家族の髪を切った。
ハサミ、くし、バリカンを駆使して。
最後はいつだったか、子供たちが小学校低学年くらいまでだっただろうか。
自分の中では、それほど腕は悪くなかったと思う。
理由、程度はどうであれ、なんというかこんなことができる関係性はたまらなく良い。
「家族の間に調和が保てれば人生は成功」
今のところは上手くいってるっぽいと自分では思うが、はてさて実際はどうだろうか。

その後は掃除したりしたあと、昨日買ったPEAKSの流れでなんか読書というか、
なんかいろいろとやりたいことというか、中途半端で終わっていたことを再開しようと
本棚から昔の本を引っ張り出してきたりして。
なんとなく天気もぐずつき気味なので、しばらくはお勉強モードも良いかも。

が・・・、昨日買ったPEAKSを見ながら、危機管理的な内容のところで、
「あっ!避難グッズどうなってるっけ?」となって。
そこからは一気に避難グッズモードへスイッチ。

喉もと過ぎれば・・・・、完全にそのモードになっている気がする。
とはいえ、意外と小さい地震が発生しているのは事実。
気を抜いてはいけないと思いつつも、時の流れとはいろんな意味で怖いもので、
あの時の恐怖、生活環境の恐怖は自他ともに薄れてきてるなと。

震災後は、風呂掃除しても、すぐに水を溜めて万が一の水の確保をした。
車のガソリンも半分をきったら即満タンにしてた。
今日は風呂掃除後は・・・窓開けて乾燥させてた。
車のガゾリンはまだ2/3が残ってたのでそれは良かった。
でも、確実に審査時のことは意識から遠のいてる。

ということで、思い立ったというか気づいたが吉日なので、避難グッズの確認。
・・・やばかった。
 ・乾パンが賞味期限切れ。(2022/7なので、まぁ大丈夫っちゃあ大丈夫)
 ・消毒液が蒸発して空っぽ。
 ・薬類(風邪薬、胃腸薬、かゆみ止め)が使用期限切れ。
 ・ビタミン剤の消費期限切れ。
 ・消毒用ウェットティッシュがカラカラ。
 ・カイロの使用期限切れ。
ってことで、すべてを入れ替えるべく動く。

近所のツルハで全部揃うだとうと安易にチャリで向かうも、乾パンが見当たらない。
店員さんにきいたところ、少し前から店頭販売はやめたと。。。
となりのヨークに行っても、パートさんは「扱ってないですねー」。
喉もとすぎたのは、俺だけじゃなく、スーパー、企業も同じらしい。
自分のことを棚に上げて言うと、消費側が需要しなくなったので、供給側も
採算重視で取り扱いを止めましたってことなんだろうなと。
頼むから30cm四方程度で置けるんだからなんとかして欲しい。

ってことで、どこに行けば良いか考えたけど、良い運動にもなるので、チャリで
ホーマックへ向かう。確か防災グッズはまだったはずと。
それほど暑くなかったので、運動という意味ではなかなか良い環境だった。
齢20弱にもなりそうなマイGTで、心地いい風を感じながらノースリで疾走。
いい感じだった。でも、車道の端を走っていたので、追い越す車からは、
脇毛が見放題だったように思う。。。別に謝る気もサラサラないけど。

さすがホーマック!というかさすがホームセンター。
乾パンはもちろん、アルファ米まで置いてあったので、それぞれを購入。
で、補充後のリュック内に詰める装備全体。
こんなんでどんな避難生活できるの?と思うけど、最低限のレベルだとしても、
少しでも良い環境を自分で準備できるとしたらここまでかと考えた結果。
満腹は不要、生きれれば良い。清潔は不要、不潔をできるだけ改善。
日頃発生する体調不良や怪我の応急対処グッズ。
これで足りなかったら、正直なところは他に頼るしかない。
まぁでもないよりは確実に使えるし、周りにも提供できる。
震災級でも最低限の対応は可能そうだ。

そんなこんなで、平穏な土曜をすごした。
ちなみに、金曜の夜に観た映画は1本目が「空母いぶき」。
西島秀俊のように、指揮命令できるとかっこいいなーと。

で、日本目は「AK-47」。カラシニコフ。
銃の名前が映画になるなんてどんなドラマがあるんだろうと思ったけど、さほど。。

日曜は天気も悪そうなので、大人しく過ごすか。

夏季休暇1日目2022/08/26

8月も終わりが見えきた本日、やっと夏季休暇1日目を取得。
今年は呪われ続けて、いつかお祓いに行かないとと思いつつ、
もう1年の2/3が終わる。
こうなると、別に良いか。来年は良い年になるはずだ!と思ってしまう。
なんて思っていたら、今週の月曜日にまたまたまずい状況が発生。。。。
もはや支社内でマークされてるはずだ。

ってことで、今日の休みも取れるかどうか雲行きは怪しかったものの、しれっと取得。
どこかに行くとかいう予定はないけど、家族の大事なイベントがあったので、
今日は休まないといけない状況だったので、仕事どころではないってことで。

午前中は、買い物やらなんやら細々としたことを済ませたあと、
かずを仙台駅まで送っていく。
明日の東京での大学院受験に向かった。
7月中旬から帰省して、受験勉強を頑張っていたので、なんとか全力を尽くして欲しい。

今日はそれから病院三昧になった。
まずは労災病院。

これは水曜日に労災病院に行った時に、近くの韓国料理「扶餘」でのランチ。
おいおい食いきれるか?と思ったけど、意外と食えるもんだ。

労災病院から一旦帰宅して、さくが出かけるというので、八乙女まで送った後、
そのままの足で仙台北クリニックへ。
通風の薬が切れるので、追加で処方してもらう。

しかし、50歳前後からは病院のお世話になることが増えるもんだ。
これまでの生活習慣の影響で、あちこちにガタが来るってもんなのか。
純情に劣化してきてるということか。
裏返せば、頑張って生きてきた証とも言えるのかも。
不摂生だと言われても、自分の弱さという点を差し引いたとして、
別の理由はあったはずだし。

帰りは、ママから買い物の指示がLINEで来たので、BigHouseによった。
ここでも仙台育英の甲子園優勝を祝す貼り紙。
他の店でも貼り出されてた。
今週頭だったけど、テレワークだしちょっとテレビ観ながらやろうかな、
とか思っていたけど、ちょうどその日の朝に問題発生して意識から飛ぶ。。。
当日の夜の打ち合わえ中に、「そういえば育英優勝したね」と言われて、
「あー、そうだった!!」と。
夜に熱湯甲子園を見て泣く。で、須江監督のインタビューで鼻水も加わる。。。。
あんなの見せられたら、白河越えを願っていた人たちに取ってはもう誇りでしかない。

帰宅後はジャスの散歩へ。
途中あちこちでヤマユリが咲いていて、場所によっては群生。
ヤマユリは俺に取っては「凛」というイメージ。
群生してるところもあるけど、その多くはポツンと、ただし堂々と咲いてる。
いつもこんな風に「凛」としていたいと思う。
まさに、育英の選手たちは個々がこうやって「凛」と自立していたからこそ、
メンバーが入れ替わっても、スター選手がいなくても日本一になれたんだろうなと。

昼間にBigHouseでの買い物の際に、隣にある本屋で買った2冊。
年内は家族フォローでゆっくり遊ぶことはできないけど、
ちょっとした隙間で遊べないかと思って、「PEAKS」を購入。
それと、甲子園の「市船ソウル」の逸話を聞いてしまったので「20歳のソウル」。
気持ちが熱を帯びてるうちにと思って。
まだ読んでない東野圭吾があるにも関わらず。。。。

なんだかんだで、夏休みらしい休みではないけど、まぁまぁ充実の1日。
残りの夏休みはあと2回に分散して取得予定。
一斉の夏季休暇でえはなく、個別に調整可能なのは本当に助かる。
夫として父として何ができるか、何を伝えられるか、何を見せてあげられるか。
笑顔で頑張ろっと。

久々の開放感2022/08/21

精神年齢小学生としては6時前に目が覚める。
が、実は昨日の夜は遅くまで仕事しちゃって眼精疲労でスカッと起きれず。
でも、カーテンの外は確実に晴天。
ということで、身体にむち打って起床して、ジャスの散歩へ。
これが登山の準備運動にもなるので。
高速道路脇のガードレールにアマガエル。なかなか良いコントラスト。
と、意外とアマガエルを見る機会も少ないような気がするなと。

散歩から帰って、ちゃちゃっと朝飯を済ませて、既に準備していた服に着替え、
半ば準備完了していたリュックを背負い、いざ泉ヶ岳へ。
登り始めは8:30。ちょっと遅くなったなか。できれば8:00スタートしたかった。

登り始めの景色。
幹と葉の色と、光と影、そしてその向こうにある青空。

視線を下げると、木漏れ日の中、ヒンヤリとした空気とマイナスイオンを
360度から浴びながら進む細い登山。

光と影の具合が変わると、似たような登山道でも全く別の景色になる。

水神で一休み。
水面に反射する陽の光の眩しさに、なんとも言えない、久しく味わってなかった
視覚からの刺激に感動。

ちょっと危険を犯して水の流れを撮影。
どうも上手く撮れん。でもまぶたにはしっかりと焼き付けられた。

久々の登山で、悲鳴を上げたのがお尻付近の筋肉。
前回の登山でやっとコツをつかんだ歩の進め方で、息はそれほど上がらず。
ふくらはぎや太ももだってそれほどの疲労感を感じなかったものの、
太もも裏のほぼお尻付近に強烈な疲労感がどんどん溜まっていく。
・・・多分ストレッチが足りてなくて凝り固まってるんだろうなと。

休憩を取りつつ、なんとか歩を進めて、賽の河原を登ったあたり。
この辺りからの景色を見るために登ってるようなもの。

頂上一歩手前だけど、景色的に最高のポイントを見上げたところ。
湧き上がるような雲がいい感じの映え具合。

この景色を見ながら、20分くらいボケーっとしてた気がする。
疲れもあるけし、ヒンヤリとした空気に触れてクールダウンというのもある。
それよりも、いつも思うけど、この程度の範囲を見廻すだけで、
 ・自然には敵わん
 ・人って、自分ってなんてちっぽけなんだろう
 ・あくせく過ごすよりも、この大自然に飲み込まれてゆっくり生きなきゃ
という気持ちに包まれる。

全く景観のない頂上であるけど、一応登ったという達成感を得るためにちょっと寄る。

帰りは、できれば「むかご」で広島風お好み焼きで食って帰ろうかと思っていたけど、
店の前を通ると、駐車場もいっぱいだし、店の入口も行列。。。で断念。
ならせめて「明日の湯」の温泉でひとっ風呂と思って向かったけど、
昼というのに駐車場には結構な車。
あの小さい風呂場、湯船だともう満員だろうということで温泉も断念。
ということで、結局そのまま帰宅。
ざっと風呂で汗を流して、実家に行ったりして、ついでに吉牛で唐揚げ丼を買って、
洗濯した汗だくになった登山服を見ながら、麦酒で昼飯。
もう最高。

ちょっとシエスタをしてからジャスの散歩へ。
稲穂も全体が風に揺れていい感じで秋に向かってる感。

帰宅後、風呂が焚けるのを待つ間に、登山靴にオイルを塗ってメンテナンス。
こういう時間が結構楽しかったりする。

さて、次はいつ行けるだろうか。
まずは、家族の為に時間を使うことになる。仕事も遊びもしばらくは後回し。
家族と遊べることを考えないと。
計画を立てること好きとしては、それはそれで楽しみではある。
楽しみはスケールの大きさだけではないし。
やれることの中でできるだけベストな楽しみを探すという楽しみを満喫しないと。

久々のDIY2022/08/20

週末の天気次第では山か海に行こうかなと思っていたところ、
昨日の天気予報では土曜は昼前から雨。
土曜は無理だけど、雨の量によっては日曜もコンディション悪そうだなと、
モチベーションは下降気味。。。
精神年齢が小学生並みということで、早く目が覚めたころには、外は結構な雨。
あー土日ともに山、海ともに無理かなーと意気消沈して二度寝。
が、二度寝から覚めると「なんか晴れそうじゃん」。

ジャスの散歩へ行くと、おいおいやっぱり山行けんじゃね?
いや待てよ、山の向こうから雲はやってきそうでもある。
・・・と判断に迷っていたけど、より天気の良い日に行きたいので今日はスキップ。

ということで、久々にDIYをすることに。
ちょうど、昨日の夜に七北田の花火(?)の音に反応してジャスが騒いだ結果、
手作りの庭の柵の一部が、劣化もあって破損。
そのままだと、擁壁の下に落っこちちゃう可能性があるので、破損部分を作り直し。

9時オープンのやまやで酒を買って、そのまま9時半オープンのホーマックに行き、
角材と塗装スプレーを2000円弱で購入。
破損した部分の柵を取り外す。

角材に茶色の塗装スプレーを塗って、乾かしたあと、杭を打って、
元の形に合わせて角材をドラバードリルで止めていく。
元の柵の取り外し、それを焚き付けに使う為にノコで裁断、杭をハンマーで打ち込み、
角材をなんとなくの感覚で止めるまでで、約1時間。
やっぱ山行けたじゃんという天気の中、たった1時間だけど汗だくになってできた柵。

完璧!
下から2段目の角材に前足を乗せて、一番上の角材の上から顔を出して、
下の方を通る猫?場合によっては熊?をパトロールする。
これで、また丈夫になった柵を使ってパトロールできるはず。
やっぱり、余計なことを考えずに純粋にDIYができる程度の余裕は欲しいもんだ。
今日はDIYはやれたけど、完全な仕事フリーにならないのが残念。。。

DIYで汗だくになったので、そのまま風呂に入って、そのまま風呂掃除してから
仙台育英の試合中ということに気づいてTVオン。
既に大差。。。。
同じ東北勢対決なので、少し微妙な気持ちに。
仙台育英も聖光学院も全国から部員が集まってきているけど、どちらかというと
東北のメンバーが多いはず。
それを差し置いても、やっぱり気持ちとしては「白河の関」越えに。
なんて組み合わせなんだと。
仙台育英がかったところを見届けると、もはや甲子園モードになって次の試合も観戦。

これまではフィーバーを起こすものの、力的にはなんとなく勝てなさそうという
雰囲気が個人的には感じることしかなかったけど、今年の仙台育英はその雰囲気が
どうも感じられない。
つまり、勝ちパターンを知らなくても、経験してなくても、行けそうじゃん!と。
ただし、決勝は月曜日。なんか日曜とかになるように調整できなんもんだろうか。

甲子園終わったあとは、残念ながら1時間くらい仕事したあとにジャスの散歩へ。
山の方のには黒い雲はあるけど、雨は降ってない。
このまま今日は降らずに明日晴れればなんとか良いコンディションで山にいけるかも。
とか思って歩いてると、ジャスの背中にバッタが。
組み合わせは違えど「おんぶバッタ」。ジャスは地球にも虫にも優しい。

でもやっぱり山行けたよなと、少しモヤモヤしたものの、明日天気が回復すれば
もっと良いコンディションで良い景色が見れるはずと思うしかない。
さてどうなるか。
お酒も寝坊しない程度にしておかないと。

そういえば、ここのところ惰性で観てしまっていためざましテレビの「ロペ」。
ふと細かい所に目を向いたところ、じわじわ系が目に入ってきた。
「汗水」

「シケモク」

くだらない。。。本当にくだらない。
でもこういうくだらないものを朝に観るとなんとなく肩の力が抜ける。
これまで気づいた時に撮りためたじわじわ系を乗せてみるか。
ロペの世界観に生きてみたい。。。