桜、酒、つなぎ2024/04/14

先週も結局バタバタだった。
そんな中でもまぁ、楽しみを見つけて過ごせたかと。
月曜は、先週末に作ったばっけ味噌。久々に口にする春の苦みが幸せ。

そういえば先週から、朝のストレッチ&瞑想を何年かぶりに再開。
庭の緑を見ながらのストレッチと、鳥のさえずりを聞きながらの瞑想。
そんなことができるだけの余裕が出てきたといこと。
何よりもそれが嬉しい。

木曜は午後休を取得して、先週の納戸の整理で出た粗大ごみを持ち込み。
平日午後ということで、まったく並ぶことなく、15分程度で完了。
やっぱりここに来るのは平日に限る。

で夜はこれも旬の筍ごはん。
その季節のものを食べれるのは、本当に幸せ。
まだスーパーに並んでたので、次の週末にでも刺身でもしてみるか。

金曜は3月までの部門の解散会。
急遽今週開催となり、なんとか店は取れたけど個室はもはやどこも無理。
が、店に行ってみるとキャンセルが出たのでということで個室をゲット。
持ってる。。。。それなりの形で解散会ができた。
最後は友達の店でちょい飲み。

土曜は朝っぱらからジャスの起こされる。
まだ酒残ってるけど、どうせならと長命舘公園の桜を愛でに。
朝の青空と朝日に照らされた桜が最高。
案の定、この土日は公園の駐車場は常に満車状態。

カタクリもひそかに群生。
でも、実はカタクリは朝一じゃない方が綺麗な気が。。

そんで今日の日曜。
昨日もだけど、ジャスの散歩の後のお約束のスムージー。

コーヒーは昨日から「マンデリンフレンチ」。
いやー濃い。
これも旨いけど、これの前に飲んでた「プレミアムダークロースト」をリピ予定。

この照り!
そういえば、友達がサイフォン式のコーヒーメーカーを買ったらしい。
羨ましいなーと思いつつ。。。

今日は午前中はつなぎデーの予定だったので、つなぎに着替えて庭に出ると、
チューリップのはずなのに、なんか食虫植物チックなまでに開いてる。。。
本当にチューリップなのか。

つなぎデーの種目は、まずは簡単に草取りしてからの除草剤撒き。
そこからの家の周りへのアリ避け散布。
これを怠ると気が付けば家の中をアリが踊り踊りながら歩く姿を見ることになる。

その後は洗車。
山に行った時の泥やらで汚れてたのでずーっと洗いたかったものの、
花粉や黄砂もひどくて、どうせ洗ってもまた黄色くなるしとか思ってたら、
次の週末は雨とか、なかなかタイミングが合わず、やっと洗えた。

そして、つなぎデーの最終種目は実家の庭の木を切ったので、それの薪割り。
チェーンソーと斧で本日の薪作りは完了。
その後チェーンソーの掃除やらメンテナンスやら。
その時間も楽しいもので、細かい部品があるわけではないけど、メカをいじってる感。

午後からは残念ながらちょっと仕事。
年度初めそうそうトラブル発生したりで、心理的安全性は保たれているものの、
なかなかのバタバタだったので、それのクロージングに向けて、頭を悩ませる。。。
緊張と緩和があるから笑っていられるんだから悪くはないと信じて。

春仕事2024/04/07

先週から会社も新年度に入って、何かとバタバタ。
でもバタバタするのは、プライベートも同じ。
春になるとやらないといけないことがたくさん出てくる。
花見もそう。
今日あたり賀茂神社も一気に咲くかと思っていたものの、朝の段階では一部の木の、そのまた一部だけが咲いてる状態。今日の花見は諦める。

これは変わらず、散歩から帰ってのグリーンスムージー。

そしてこれは昨日で雪山登山は終わりにすることにしたので、
冬物登山用品も来冬まで休眠。
乾いたら今週どこかで片付ける予定。

洗濯ものの向こうの窓ごしにはすももの木が開花。
今年はちゃんと実を付けてくれるだろうか。

ということで、すももの木はまぁ別にあまり期待してはいないけど、
姫リンゴの木がここ数年実を付けてくれていないので、肥料など撒いてみた。
木の周りを掘って、肥料と栄養剤を投入。
昼前というのにつなぎが汗でびしょびしょに。。。

つなぎに着替えたので、そのままの勢いで納戸の整理、掃除に着手。
庭道具やら、キャンプ用品やら、スノーボード、釣り道具やら、遊び道具が殆どだが。。
納戸の奥深くから出てきたのがグローブ群。
3つあったグローブのうち、震災後に地域のソフトボールチームに誘われて参加した時に買ったやつだけはまだ使えそうだったので、それだけはキープ。
とは言え、キャッチボールする相手がいつ確保できるのがを疑問に思いながら。。。

昨日の登山の疲労もあり、ここまででなかなかの疲労感。
でも、どうしても行きたかったのが蕗の薹狩り。
恐らくもう芽を出しているはずだけど、来週まで持つか心配だったので、行くなら今日しかないと、ジャスの散歩も兼ねていつもの泉ヶ岳へ。
春の霞のせいか、くっきりとではないものの、海も見えて気持ちがいい。

ゲレンデの中腹まで登ったところに群生しているのを発見。

やっぱりベストタイミングだったかも。来週には全部取られてるか、
開ききって花咲いてるかもしれない。
これで、春の恵みの1つをゲット。

ジャスもまだ遊び足りないので、ここまで来たら、ついでに水芭蕉が咲いてるか観にってみうと、水芭蕉群生地まで散歩。
暖冬だから、例年より早く咲いたりしてたりしてとちょっと期待してたものの、
まだまだ。でも小さく2輪だけ咲いてた。。。まぁ、見れないよりはマシ。
いつも時期を見誤って見れないことが多いので。

水芭蕉群生地の駐車場のすぐわきの木に、大きな宿り木。
数年前には無かったような。

帰宅後はちょっとだけDIYをやってから、採って来た蕗の薹の下処理。
ごみを取り除いて水に浸す。

ここまでやってから、姪っ子、甥っ子の入学祝い兼進級祝いで焼肉へ。
それにしても子供の成長は本当にあっという間だ。
あんな小さな子が明日ランドセル背負って小学校入学とは。
でも、まだまだランドセルに背負われてるんだろうなと想像しつつ。
明日の入学式は桜の下で記念写真を撮れると良いけど。

帰宅後は風呂が沸くのを待つ間にばっけ味噌作り。
みじん切りにして、油で炒めて、味噌、酒、砂糖を入れて煮詰めるだけ。
慣れたもんで、これで明日の朝飯から春の苦みを味わえる。

ほんとに春はやることいっぱいで疲れる。
会社の仕事してる暇無いんだけど。

冬季初熊野岳2024/04/06

天気予報では、ずーっと土曜は天気は良い。
とは言え、時間の経過とともに悪くなるのが常なので、半信半疑でいたものの、
昨日の夜の時点でもそれは変わらず。ただし、午前中だけ。
今年のやりたいこと一覧に載せてたので、これが最後のチャンスとばかりに決行。
熊野岳冬季登山!とはいえ、ロープウェイ利用の初心者向けですが。。。

朝は土曜の朝としては少し早めにジャスの散歩へ行き、一人朝飯を済ませて、7時過ぎには自宅を出発して、8時半少し前にロープウェイ乗り場の駐車場に到着。
そそくさと準備して、8時45分前後のロープウェイに乗る。
ざっと20人くらいか。そのうち登山客は6~7人。

山頂駅まで混雑知らずで到着。
大昔にこんな青空の下で見たような気もするけど、はっきりとした記憶がないほどの、白、青、赤?ピンク?のコントラスト。

地蔵の脇から見上げる地蔵岳。すぐ行くから待ってろよって感じ。

まずは地蔵岳目指して登り始め。
他の登山者も足を止めて写真を撮る、飛行機雲。でも、この後、嫌と言うほど見る。

地蔵岳山頂はあっけないもん。たかだか数百メートル歩くだけだし。。。
まぁ、でも冬季は初めてなので、冬季初登頂。

そこから望む熊野岳。いったん下るのがたまにきず。

下ったところからでも、まだこんだけある。。。天気が良いのが幸い。
それにしても、雪が緩くて、何十回と雪を踏み抜いて膝まで沈む。

息を切らしなgらも熊野岳山頂に到着。
山頂付近には3名の登山客。

熊野神社も完全に雪に埋まっていたはずなのに、ここまで露出。
しっかりと家族の無病息災を祈願。お賽銭はなしで。。。

当初の予定では、ここから引き返す予定。
が、あまりに天気の良さ、気持ちの良さから、「お釜だけでも見とくか」と先へ。
その途中で見えた山々。ほんと今日は最高。
ここにプールサイドにあるリクライニングシートを置いて、しばらく眺めていたい。

避難小屋もほぼ全景を露出するところまで。
建物全体から雪解け水が垂れてた。

で、これが追加の目的となったお釜。
まだ湖面には雪が積もっていて、まだ冬眠中といった感じ。
・・・写真の右上には刈田岳が見える・・・この天気で行かない理由を探す・・・。
唯一の理由は「俺の体力が持たないかもしれない」。
「いやいや去年、夏か秋に逆ルートで行ったし」「行動食も水分も多めにあるし」と。

結局、刈田岳に行くことに。
体力も天候も申し分ないまま進み、お釜を熊野から反対となる刈田方面からも撮影。
湖面に雪が残ったままのお釜なんて、そうそう見れないはずなので、感動。

去年の年末には真っ白でギリギリ写った鳥居もこの通り。

刈田神社でもしっかりと家族の無病息災を祈願。ここもお賽銭はなしで。。。

来た道を帰ります。
まずは見えているところで一番高い熊野岳まで。その先に地蔵岳に続く道がある。。
熊野岳まで戻る際中は「やっぱやめときゃ良かった」とか「だって去年逆のルートだけど登ったじゃん」とかいろいろ考えつつ。

途中で行動食を食べて、休憩も取ってなんとか3時間半ほどでロープウェイ駅に到着。
貸し切り状態のロープウェイ内で昼飯何にしようかなとか考えてる画。

とにかく、気持ちの良い山行だった。
今年のやりたいこと一覧から一行が無事に消えた一日でした。

山へ2024/03/24

昨日の天気予報では朝のうちは曇りで昼前から晴れだったけど、今朝は早くからカーテンの向こう側の明るさから晴れたなということが判った。
昨日のさくの誕生日会でもそれほど飲みすぎることもなかったので、急遽泉ヶ岳へ。
8時過ぎから登り始め。駐車場から登山道までのアスファルト上は雪はなし。

登山道入ってしばらくしてから雪が出てきてのでチェーンスパイクを装着。
アイゼンも持って行ったものの、そこまでの雪でもなく。

雲一つなくというところまでの好天ではなかったものの、終始青空のした陽の光を浴びながら「ザクッ、ザクッ!」という雪を踏みしめる音を聞きながら一歩一歩登る。
ここは頂上一歩手前のお気に入りポイント。

雪はずいぶんと水っぽいものの、頂上はまだ結構な積雪。

下りも登りと同じ滑降コース。
なんといっても景色が良いので。今日もしっかりと海まで見えた。

泉ヶ岳の雪山登山も恐らく今シーズン最後。
上のほうは雪はあるものの、ベチャベチャで登りよりも下りが滑って危ないし。
あとは、山形、福島の標高の高い山にチャレンジする機会があるかというところ。

帰宅後は一転つなぎに着替えて、諸々家のお仕事。
ホーマックに行って薪棚補強用の角材を購入したり、車の中の掃除とか、登山道具の手入れと登山服の洗濯とかも。
いや、ほんとにPCに向かっての仕事じゃないと、こんなに楽しいのかと思ってしまう。

そして、夕方のジャスの散歩は、車で七ヶ浜へ。
穴釣りのポイント探しも兼ねて、仙台港から七ヶ浜を流して、最終地点は花渕漁港。
誰もいない堤防を裏松島を遠目に海風を受けながらとぼとぼと歩く。
のどか。。。

淡い夕焼けの中を月が上っていくのをゆっくり眺めながら。

山で汗をかき、海の心地いい風で終った日曜。
最高の休日。もう休出の日々には戻れない。

海へ2024/03/17

昨日の土曜に比べれば、空は曇ってるし、なんとなく山のほうもガスっぽい。
とは言え、気温は6時の段階で高い。
これはやっぱり海に行かないと!
先日ネットでポチった穴釣り用の竿と仕掛けを使いたく、昨日の夕方に近所のヨークに行ってサバを購入してエサも調達済み。行けなかったら冷凍しても良いしと。

それが、穏やかな釣り日和になれば、ちゃちゃっと海に行っちゃおうと。
戻ったら仕事しないといけないので、遊べるのは午前中。
仙台港とか松ケ浜漁港等、入れなくなった場所が多いとう情報は入手済み。
ということで、一路「菖蒲田浜」へ。
漁港と漁港脇の堤防の2か所にテトラポットがあるので、今日はそこを縦断しようと。
7時に家を出て、釣り始めは8時ちょっと前。
満潮から2時間ほど経過してるので、潮は悪くないはずなのに、釣り人は少な目。

慣れない短い竿で、テトラポットの間に仕掛けを落として当たりを待つ。
・・・何回かあったけど、まったく合わせられず・・・。
エサも取られたので、当たり前だけど魚は居ることは居るけど、ちょっと勝手が判らず。

そんなこんなで、テトラポット帯2か所を端から端まで探って、釣果はゼロ。
しかも、根がかりで仕掛けを6つもなくした。
思うようには行かないもんだなーとチャゲアスの歌が頭に浮かぶ。

それにしても、テトラポットの間の穴をから視線を上に上げるとキラキラの海。
ひとまず、今日海に来れたということだけで良しとしないと。
久々の海風も気持ちよかったし。

帰りはバイパスの渋滞に巻き込まれ、自宅に着いたのは昼ちょっと前。
女子たちは遅起きだったようで、昼飯はいらないとのことだったので、近所の豪屋で「トロ肉ラーメン」を食べて、特に身体は冷えてないけど、身体を温める。

で、ここからがまた悔しいことに昨日に引き続きお仕事。。。。
先週で色々片付けで昨日、今日は完全フリーを目指していたけど、それは来週までお預け。

夕方のジャスの散歩に行くとき、庭の梅の花が一部だけど咲いてるのを見つける。
今日は特に気温が高かったから、いろんなところで花開いたしてるはず。

これは昨日から気付いていたけど、クロッカスも。
確実に春。

月曜からの一週間が今年度の山場。
なんとか乗り切りらねば。

若干余裕あり2024/03/16

先週末は「来週こそは遊ぶ!」と書いていたのに、遊べず・・・。
朝はジャスに起こされて6時に散歩へ。
ちょっと涼しい感じだったけど、空は青空で、写真は撮り忘れたけどしっかりと雪が見えて、今日登ったら気持ち良いだろーなーと思いつつ。
散歩の途中では、梅の花が咲いていて、その向こうには青空。
素直に小さな感動。

帰宅後は一週間ぶりのグリーンスムージー。
これを飲むと「あー、今日は休日だー」と身も心も感じる。

そして朝飯後は、今週買ったカルディの「プレミアムダークロースト」。
一口飲んだ時点でリピ確定。
豆挽いて味わう時間を過ごせることが、どれだけ貴重か・・・
人間に戻れた・・・

が、本日の午前中は町内会の役員会。
来週も会議の余地だったものの、今日全部済ませられないかなーと思っていたら、相手もそう思っていたらしく、思った通りに行って、ほんとにうれしかった。
これで来週の土日の町内会縛りは亡くなった。
よっしゃーと思ったけど、今日は午後からは仕事。

音楽聴きながら、仕事も進むけど、なぜか減った気がしない。
なぜなら仕事量が多いから、進めても進めても、進捗率は進まず・・・。
明日もしっかりお仕事です。。。。

とは言え、何かしたい。もっと言うと何か遊びたい。
となると早起きしかない。
何時に起きて何ができるのか。
不本意ながら、なる早で仕事せねば・・・。
働きすぎです、私。
もっとやることいっぱいあるのに。
でも、そんなことを考えられていること自体が余裕が出てきたということ。
・・・・うれしい反面、やっぱり変、かなり変。
やっぱり明日はすき間に楽しまねば。

冬の恵み on Ice2024/02/12

ここのところ、一年に一回、もしくは二回になっている氷上ワカサギ釣り。
コロナの影響も確かにあったものの、それよりも仕事に影響が大きい。
今年はそれに輪をかけて、暖冬の影響でどこの湖も凍らない・・・。
常設の小屋での釣りは可能だけど、やっぱり非日常が一番の目的にある自分としては、
氷に穴を開けて釣るのが「ザ・ワカサギ釣り」。
今年は氷上の釣りは無理かと思っていたら、先週に岩手の岩洞湖が氷上解禁の連絡。
友達と連絡を取るものの、結局は俺の仕事次第なので、ちょっとした責任を背負う。

・・・仕事終わったの?と聞かれたら、「まぁね。最低限の途中まで。」とぼかす。
という仕事のやり方を突き進めて、本日早朝には氷上の人。

6時の氷上の景色。
もはや、氷上に暮らす人々の明かりのごとし。。。でも、これの殆どは違反。
釣りは日の出から日の入りまで。もはやここまで準備ができてるならやってるっしょ。
それはさておき、マジでまいるひと時とはこのこと。
幻想的という言葉では足りない景色が目の前に。

7時過ぎには糸を垂らす。
今年初の氷上釣りのスタート。もはやここに至るだけで70%程度は目的達成。
 ・「早起き」とは言えない、1時半に起床して2時過ぎには出発。
 ・移動時間は約3時間。
 ・途中で朝飯、昼飯、それと大事なおやつを購入。
 ・目的地に着いて車から降りると、非日常な暗さと寒さと、満天の星。
 ・氷に穴を空けて、そこから釣り糸を垂らして釣りをする。
こんな行動を起こせる人もそれほど多くないと思われる・・・貴重な人種。

前半の天気は最高。
無風、青空、氷上の雪、それと子供たちが雪遊びで楽しんでる笑い声。
近くのテントから聞こえる笑い声。
底冷えのする氷上の上に幸せの時間があちこちに現れる。

釣果は芳しくなく、ただし家の女子たちがほぼ食べてくれないので、
ちょうど自分の一食分を、新鮮なうちに楽しめる。

帰宅後は急いでジャスの散歩。
夜中に出発っする際に「なんで(おれは行けないの)?」という顔をしてたので。。。
空には、綺麗な三日月が浮かぶ。

夕飯にはちょうど揚げ物だったんので、今日は素揚げにしてもらったワカサギ。
新鮮なことこの上なく、自分で釣ったので、美味さもこの上なし。

あー、明日も休みなら。。。思いっきり会社に行きたくない。。。。

とにかく、冬の恵みは超満喫できた。

初ヘッドライト登山2024/02/10

3連休の初日は、午前中に町内会の役員会の予定あり。
特に遠出の予定もないので、それほどダメージはないと思っていたものの、
天気予報を見ると、3連休初日が一番天気が良い。
午後から仕事しないといけないし、遊びに行けるとすると朝しかない。
なんか良い考えがないかと考えた結果。
早朝に山登って、役員会出て、午後から仕事しかないという結論に。

昨日の夜に急遽準備して、諸々逆算すると4時半に起きて5時前に出て、5時半入山。
ってことで、目覚ましセットして早めに就寝。。。目覚まし前に起きた。
どんだけ精神年齢低いのか。
寝る前にシミュレーションした通りにスムーズに自宅を出発。
が・・・フュエールランプが点灯・・・ちょっと遠回りしてガソリン給油。
想定外だったけど、それ以外はスムーズに進み、予定よりちょっと遅れて5時半に泉ヶ岳の大駐車場に到着すると、まぁ当然っちゃあ当然だろうけど車は1台のみ。
登山靴に履き替えて、ヘルメット被って出発。東の空は明らみ始める6時前に出発。

今回初めてヘッドライトを使っての登山。
これを装着するだけで、一気に探検感が増す。
でも、ちょっと熊と遭遇しないよなというのが気になりながら。

マジックアワー。ラッセンの画に良く出てくる感じのやつ。
まだ気温も低く空気もピンと張りつめてる感じ。

登り進めていくうちに、空も白み始める。
風もなく、聞こえて来るのは、アイゼンが雪に刺さる「ザクッ、ザクッ」という音。
ゆっくりだけど苦しそうな「ハァ・・ハァ」という自分の呼吸。
それと、やっと起きはじめたのか、たまに聞こえる鳥の鳴き声とキツツキが気をつつく「コンコンコンコンコン・・」という早い音。
歩くのと止めると、自分の呼吸の音だけ。それも止めると本当に静寂。
ヤバい、雪山でソロキャンプしたくなってしまった。

海沿いのほうは低い雲があったので、やっと太陽が雲から顔を出す。
ほんの少しだけど、気温が一気に上がる感覚。
ホント太陽ってすごい。

登山道もオレンジ色に染まる。

少し歩くと、朝日に照らされた山頂がくっきりと姿を現す。
早起きして良かった。

そして休憩も兼ねて、ここでヘッドライトを外して、サングラスに切替え。
ここでまだ7時。

木々の影でできたストライプ柄の中を進む。
一歩、一歩。歩みを停めなければ、絶対にゴールにたどり着ける。

頂上手前のかもしかコースと滑降コースの分岐店。
ウサギもこの道標で立ち止まって、どっちに行くか考えたらしい。
結果はかもしかコースに向かったと思われる。

太陽の光で光ってるのは海。
たまらず「マジかー!スゲー!」と声が出た。
実際はもっと綺麗で、この景色はずーっと観ていられる感じだった。

足跡等を見ると、恐らく本日の一番乗り。
空は雲一つない青空。泉ヶ岳ブルー。

ちょっとだけ水神コース方面に降りたところからは恐らく見えるべき山々は全部見えたんじゃなかろうか。

座ってゆっくりコーヒーでも飲みたかったけど、次の予定もあるので、しばらく景色を堪能するだけにとどめる。ほんとに独り占めってこういうことを言うんだと思った。

今回はあまりに天気が良いので、景色の良い滑降コースを戻ろうということで、
滑降コースのピストン。登山道入り口までの間では4人としかすれ違わなかった。
少し前の暴風の日に倒れたらしい大木。
真ん中に太さの比較のために添えたポールと比べるとどんだけ太いのかが判る。

9時半前には帰宅。道具を干したり、最低限の片づけをして10時からの役員会へ。
この役員会が無ければ、もう少しゆっくり遊べたんだけどなーと思っていたけど、
役員間があったからまだ暗いうちから登るという決断をしたとも言える。
何にせよ、早朝の登山というものを覚えてしまった。

役員会が終わって、買い物したり昼食べたりした後は残念ながら仕事。
役員会なんかより、ほんとにこいつが邪魔で仕方ない。
でも、一個、一個片付けないと、お給料も貰えなくなっちゃうので我慢。

ジャスは朝の散歩に連れて行ってもらってないので、今日は少し早めに夕方の散歩。
その間は休憩。
帰宅してからはまた仕事して、風呂が湧いたらまた休憩に入って明るいうちから風呂。

風呂からあがったらもうこいつ。
仕事は・・・まぁまぁまぁ。

今日の夜はアマプラで「沈黙の艦隊」を鑑賞予定。
さて、4時半起きだけど、どこまで起きていられるだろうか。。。。

レジャー、町内会活動、仕事、映画。
詰め込み過ぎの3連休初日。

冬の恵みを逃さぬよう2024/01/28

昨日の初滑りで、疲労が溜まってるはずなので、雪山登山は控えとくか。
と思ったものの、せっかく降った雪もそのうちなくなるんじゃないかという不安。
もし朝起きて疲労がそれほどでもなければ、行ってみるか。
と就寝。。。ワクワクからか、それとも昨日の疲れで身体が興奮してるからか、
5時には目が覚める。。。やばいやばいとなんとか二度寝するも6時前には起きる。
ジャスの散歩に行くと、「おっ、意外と疲れが残ってないかも」と。
昨日の風呂上りにしっかりとストレッチしてたからかもとか思いながら、散歩の途中で雪山登山に向かうことを決定。
ママには「もしかしたら行くかも」と寝る前に言っていたので、朝飯食って準備して向かう先は泉ヶ岳。

8時に登り始める。朝からずーっと綺麗に山全体が見えてるし、山の上は綺麗な青空。
この天気をめがけて結構な人がが来てるかと思ったけど、8時の時点ではそれほどは。

それでも気温は高いからか、雪も少し柔らかめ。
ただし、それを差し引いてもこれだけの晴天の下の雪山は感動もん。

いたるところにウサギの足跡。
非日常、自然と交わってる感たっぷり。

頂上のちょっと手前から海を臨む。
もう泣きそうな景色が飛び込んで来る。
(防寒の為手袋したままだっただけど、それが写り込んでるのが残念。。。)

頂上は珍しく風も弱くてなかなか快適だったけど、
それよりも見たいものがあるので、先を急ぐ。

これ。
綺麗、雄大なのはもちろん。
「やっぱり人なんてちっぽけなんだからそうそう大したことできんぞ。気楽に行け!」
と自分に言い聞かせてくれる景色。
それと、こんな綺麗な山々を見渡せるところまで「一歩一歩」、歩みを進めた自分、
「一歩一歩」進めば良いんだ、やっぱり。という確認をしに。
雪山でアイゼンが雪に刺さる音を聞くと、その「一歩一歩」を明確に感じられる。

帰り道、いつもは駐車場がいっぱいでなかなか入れない「萬太郎」の駐車場に空きがあったので、「あぶり辛味噌」&「サービス餃子」でエネルギー補給。

帰ってからは掃除したり、汗びっしょりになった登山服の選択、道具の乾燥。
いろんな事情でぶら下がり健康器に干した結果、今日はぶら下がれなくなる。
それでも、遊んだ結果の景色なので、「しょうがねーなー」と嬉しさもにじむ。

で、これがほんとに邪魔。仕事・・・・。
なんなん本当に。せっかくリフレッシュした気持ちが、一気に引き戻される。
丸々一日、仕事のことも考えることもなく過ごせる日々が欲しい。

が、今日はここから気持ちが持ち直す。
昨日スモークした「スモークサーモン」が食卓に並ぶ。
しかも、スモークサーモンに合わせた他のおかずも並ぶ。
で、これがまた旨い。自分で言うのもなんだけど店で食えるのとそん色ない。
何だったら、店よりも厚切りで食えるうえ、スモークもしっかりしてる。
なんてったって、さくが「うん、旨い」と。

スモークサーモンは、作ろうと思えばいつでも作れるけど、外で干して作るとなると、
やっぱり冬の乾燥した時期が旬。
そう意味では冬の恵みとして堪能できた。

文句も言いたいし、どうしようもないこともある、一体どうすりゃいいのよとか。
でも、そんな中でも冬の恵みはなんとか享受できてるっぽい。
生きとし生けるものは、やっぱり季節に合わせた生活を楽しまないと。
・・・でも、明日、月曜が来るのがとても憂鬱。。
来週末のことを考えて乗り切るしかないか。

色々と忙しすぎ2024/01/27

ちょっとマジで、嫌になってきた。
ずーっと忙しい、せわしない、気が休まらない。。。そんな数年の中でも、
「え、え、え、えっ?」っていう感じで、かなりの想定外が起きた気がする一週間。
もう思い出したくもなく、思い出そうとすると身体が拒否反応を示してえずくほど。
・・・本気で色々考えた方がよさそうだ。

そんな中でもちょっとした幸せ、生きてる感は味わえるだけの余裕はあって。
先週末に仕込んだオイキムチが、食卓に並んだ。
これが見た目も、味ももしかしたら自分史上最高かもしれない疑惑。
今回は、キュウリがちょっと細目だったので、いつもよりもなんとなく勝手が違ったものの、アミエビとかはちみつとかを多めに入れてみた。
どうもそれが良かったのかもしれないけど、とにかくコクがあって旨い。
女子2人にも好評。

そして木曜は久々のまとまった積雪。
雪かきという大変な行事もこなしたけど、それも冬の風物詩。
大変だけど、無くなると寂しくなるもので。
その前に、白に支配され、水墨画のような、でも現実の景色というやつを見れないというのは実に寂しい。
ひとまずその風景を見れたのは、渋滞とか事故とかを除けば悪くはなかった。
というかうれしい。

そんなことで日々の気分をなんとかごまかして迎えた今日の土曜日。
昨日の天気予報、ライブカメラの映像等を検討した結果、山には行くべきとの結論。
それが、雪山かゲレンデか・・・・・。
色々と考えた結果、近場に滑りに行こうという結果。
来週以降の気温も低くないので、ゲレンデの雪も長くは残らないんじゃないかと。

てんくらでの泉ヶ岳の天気は「C」。でも市内の天気は「晴れ」。
市内の天気予報のほうが正しいし、吹雪いてたってリフトが動いてりゃ問題なし!
ってことで、早い時間でまとめて滑って早めに切り上げようと向かった結果。。。
リフト運行開始5分前にリフトに並んでしまえた始末。
天気は曇りだけど、今回の寒波の積雪を見た人たちでごった返してることを予想してきたのに、全然人がいなくて、逆に「えっ?なんで?」と不安に刈られたほど。
にしても、やっぱりこの風景は良い。
ウェアを着てること、ボードを履いてること、気温が低いなかリフトに乗ってること。
1年ぶりだし。

9時過ぎなんて、もう前を滑ってる人なんて数人。
所々固いところはあるけど、雪もそこそこ締まっててエッジも効いて気持ちいい。
ぶっ飛ばしたい気持ちはあるものの、初滑りということで抑え気味にスタート。
が、一本目終わってリフトに乗ってる時に右足つる。。

てんくらに買った気しかしない。
時間が経つにつれて、雲も流れてどんどん青空が増えてくる。
しかも10時過ぎてもリフトに並ぶ人も、少なくて快適。
ちなみに、今回は上はスキーウェアではなくて雪山登山用のレインウェア。
どんだけの性能なのかというのを試す意味で着てみた。
全く問題なし。問題あった場合に備えてちょと下に1枚余計に着たけど、不要だった。

青空の下のゲレンデに居れることに感謝。

2時間弱、休みなく滑ったものの、太ももが悲鳴を上げつつあったのと、
やっぱり暖冬なのか気温が上がってきて、ゲレンデも荒れてきたので休憩。
スプリングバレーなら、もはやキャッシュレス行けんだろと思って現金は持たず。
結果、現金のみ・・・・。何も買えず、飲めず。無料の水で済ませた。
ちょっと考えた方が良いと思うけど。

水飲みながら検討した結果、あと2~3本でやめたほうが良さそうかなということで、
青空真っ盛りのゲレンデに向かう。
混んできたし、ゲレンデも荒れて来たし、初滑りとしてこんなもんで良いかと納得。

4時間券で滑ったのは2時間半強。
でも相当滑れたので、おっさんとしては十分な初滑り。明日は確実に筋肉痛。
なので、家に着いたのは12時半前。
疲れたし腹も減ったので、買い物ついでに飯食いに行こうってことで、
ママと前谷内屋で蕎麦。季節限定の「鴨南蕎麦」と「ミニかき揚げ丼」。

疲れた後に旨いもん腹いっぱい食って眠くなったけど、まだやることがいっぱい。
まずは、先週仕込んだサーモンのスモーク。
それと、一緒にベーコン第二弾を仕込んだので、この後夜までかかってベーコンのスモーク。いやほんとに忙しい。ほんと仕事なんかしてる暇ない。

が、仕事も溜まってるので、スモークの間にちょこちょこと仕事。
これが心の底から本当に邪魔。
楽しいはずに時間に、ほんの数秒仕事のことを思い出すだけど苦々しいのに、
PCに向かってしっかり仕事してる時点で、肩と気持ちが凝る。。

夕飯を食べてからは、テキーラを飲みながら新しい本を読み始める。

BGMは久々の「BOØWY」。正直読書には合わない。。。

ブログ更新したものの、このあとはまたちょっと仕事。。。
マジで本当に色々と忙しい。