地獄のシルバーウィーク2022/09/30

やっとブログかける、日常を取り戻せた。
前回のブログの最後に
-----------------------
3連休の初日は無事終わるかなと思っていたら、夜に会社携帯が鳴る。。。
今度は北関東付近できな臭い状況になってるらしい。。。
先週ボディーを叩かれまくってきたので、しばらくはそっとしておいて欲しい。。。
-----------------------
と書いた続きとして、9/19からつくば市民となった。

9/19は祝日というのに、スーツを来て新幹線ホームに立っていた。
本気で行きたくなくて、ダダコネたい気分。

宿は万博記念公園駅。中学生のときのつくば万博以来だ。

万博記念公園駅の周辺は何もなく、コンビニすら歩いて5分程度かかる。
食いもんやは昼しかやってない小さな店しか無いようなので、
結局朝飯と夕飯はコンビニ飯。
もはや飯も喉を通らないと行っても過言じゃない状況だったので、ヘルシー志向で。

それにしても万博をやった土地だからか、「ロボット実験区域」なるものが駅前に。
ぜひロボットに出会って見たかったけど、昼間は仕事場で缶詰だったので、
残念ながら出会えず。
但し、気付いてないだけで、精巧な人形ロボットが歩いていたりしたらすれ違っていたかもなんて、相当疲れてる妄想をしてしまってもいた。。

これは、ぼーっとしてコンビニで買ったパスタが、「超大盛り」と書いてあって、
最後は本気で残そうかと思った日の夕飯。
翌朝はプレッシャーに加えて、この食い過ぎもあってえずきながら出勤。

世の中はまた3連休に入ったようだけど、3連休初日はしっかりと普通に仕事。
ふと見上げると、いままで気づかなかったけど、「24時間最大300円」。
からくりが知りたかったけど、そこまでを探る気力もなく。

9/24の3連休中日にやっと帰路についた。しかも早朝。
ホテルが駅の目の前なので、起きて着替えてちゃちゃっと身だしなみ整えて、
ホテルを出て1分でホーム。

7時過ぎの新幹線で朝飯。
かなり頑張ったので、ご褒美として朝から松茸ごはん。
ビールなしだったものの、食後は爆睡で、一瞬で仙台に到着。

帰宅した24日は本当に何もしなかった。
いやできなかった。
心身ともに意外と限界でブログを書くこともできず。
アマプラで映画見ながらウトウトしたりして。
でも、帰宅しても、夜は眠れてるのかどうなのか自分でも判らない目覚め。
「あれ?ちょっとまずいのか?俺?」と。

朝も早く起きてしまったので、久々のジャスの散歩へ。
いつの間にか稲刈りも終わってる時期。
もう少し稲穂が揺れる景色を見たかった気がする。

それと、自宅のSEIKOSHAの壁掛け時計が動かなくなってしまったので、
時計屋の持っていって一か八かのオーバーホールを頼んできた。
子供たちが生まれる前の京都旅行で気に入って買った時計なので、
25年程チクタクチクタク、ボーンボーンを聞かせてくれたので、
その音がないとどうもいつもの違う雰囲気になる。
もう少し頑張ってもらいたい。

部屋から見た空には、もう完全に秋の雲。
こんな雲を見ながら、仕事しつつ出張の準備。

少し早めにジャスの散歩に出て、近所の賀茂神社の彼岸花を愛でる。
こういう穏やかな時間が少しの間でもあると多少リフレッシュできる。

このあと、早めの夕飯を食べて、まだ3連休最終日に新幹線のホームに立っていた。
そして。。。。9/28の夜遅く、リカバリの目処が立ったので、
残りの作業はメンバーに任せて一足先に帰宅。
期末にギリギリ間に合った。

結局9/20から、ほぼ毎日リポDのお世話になった。
燃料チャージして無理やりハイにさせての仕事。。。自分がロボットみたいだ。
何はともあれ今回もなんとか乗り切った。
身体に残る疲労感と、気持ちの開放感のギャップに苦しむ、嬉しいのかそうじゃないのか微妙な感覚。
まぁ、悪くはないか。