敵に塩を送る2018/10/14

結局、今日も家で仕事。
しかし、昨日も今日もテレビを横目に、コーヒー飲んだりしながら、
行き詰まったらジャスと遊んだりと、非効率っぽいが、実は効率的に進められた。

で、気づいたこと。
と言っても、前々から思っていたことではあるが、マラソンとか駅伝とか、
人が長距離を走っているだけの映像を観ても、面白くないという概念が全面に立ち、
チャンネルと変えようと思うものの、意外とチャンネルが変えられない。

昨日もそう。
テレビを観ながら仕事をしていると、箱根駅伝の予選会が始まった。
スタート直後は、「最後に出場校が発表されるやつで、その時に涙、涙になるやつか」
程度にしか思っていなかったものの、パソコンの画面を観ながらも耳はTVへ。

各校10名ずつが一斉に走り、全員のタイムの合計の速さで競い、
上位11校が正月の本戦に出場できるシステムらしい。

・・・時間の経過に伴い、気になって気になって仕方なくなってくる。
なんの関係もない人がただひたすらに走っているだけの映像なのに。
気になれば気になるほど耳だけではなく目が行く頻度も高くなる。

そこで観た映像に一気に気持ちが持っていかれた。

先頭集団が横並びでデッドヒート。
給水所でも横並びで、一番給水ポイントから離れている走者は給水できない。
そのとき、給水所に一番近い走者が、自分よりも給水所に遠い走者に水を渡した、
しかも自分の大学の走者ではなく、全く別の大学の走者にだ。
!!!ウルっと来た。
これが「敵に塩を送る」ということかもしれない。
実に美しい。

今やっている仕事は、ある意味「敵に塩を送っている」し、
もっというと「敵に塩を送るよう脅迫されている」。

敵「俺んとこ塩が切れてて、このままじゃまともに仕事出来ないけど。」
俺「そんなの知らないよ、とにかくこっちは情報待ちだから早く情報流してよ。」
敵「塩が無いから、情報流せないよ。でも、このまま言ったら一蓮托生だからね。」
俺「お願いだから、塩送るから情報ください。」

なんだそれ・・・。

駅伝の予選会では、恐らく水を渡した大学も、もらった大学も予選を通過したはず。
なんかしゃくに触るけど、同じ結果にたどり着かなけば。
誰か俺に塩送ってくれないかなと・・・。

ジャスも気が進まない週末2018/10/13

やらなければいけないことは、やらなければいけない。
子供たちには、小さい頃からそう言い聞かせてきた。
今やらなければいけないことを考え、結果としてやらなければいけないのであれば、
それはちゃんとやること。

本日は、かずは模試、さくは部活でいつもどおりに家を出たあと、
ママと洗濯とか食器洗いとかをやっつけてから、
やらなければいけない仕事に着手。
そこそこいい天気なのに、オリパラを成功させる為、世の為人の為、
やれることはやらなければいけない。

やり始めるまでは、心の中ではブーブー言っているけど、
一旦始まってしまえば、意外と乗ってくる。
電話という邪魔も入らないし、適当にコーヒー飲んだり、テレビ観ながらとか、
会社では決して得られない効率性というものが出現する。

結局、9時過ぎから15時まで、途中昼飯の時間は挟んだものの、
約6時間を仕事に費やす。
やれやれ、だけど以外と進んで、ちょっとした達成感。

本日、同じようにやらなければいけないことを、やりに行かされるやつが一匹。
朝の散歩はいつもどおり。
朝ごはんの後、休みのパパと午前中にちょっと遊ぶ。
午後になって、いつもの夕方の散歩よりも早い15時頃、
パパに呼ばれて車でお出かけ。

パパの準備の内容は、いつもフリスビーで遊ぶときに持つ手提げバッグに
水を入れたペットボトルといつものリード。
これは確実にどこかでフリスビー遊びで、存分に走り回れるパターン。

・・・とおもったはずが、着いた先は動物病院・・・・。
1年に1度の混合ワクチンの接種の時期が来た。
病院内に入るときも、入り口に座り込み、尻込みしたまま
リードを引っ張られるという、絵に描いたような全力のイヤイヤのポーズ。

一度病院内に入ってしまうと、観念したようでもあるし、
「なんでこうなんだよ」とふて腐れ、重力に押しつぶされるように床にへばるジャス。

治療室で、体重、体温とかを計ったり、ワクチンの準備中は落ち着かず、
ウロウロと挙動不審だったものの、実際の注射は数秒で終了。
相当ドキドキしたようだが、ジャスのやらなければいけないことは、無事完了。

帰りはそのまま紫山公園で散歩。
空はなんかいい感じの秋の空っぽかった。

週末だからと言って、楽しいばかりじゃないんだということを
あらためて身をもって感じた土曜。
人も犬もいろいろと大変だ。
さて、明日も・・・。
今日はやけ酒だ。

秋の味覚続々2018/10/12

仕事のことは今日は全く考えたくない。
どうせ、土日とやらなければいけないし。

毎日毎日、心が病んで、言うほどではないが残業で翌日に残る疲労も増える。
が、そんな中でもなんとか笑うように心がけている自分がいる。

無理をしなくても、なんか気持ちがほっこりできたのは、
栗ご飯が食卓に並び、秋の味覚を家族で味わえたこと。

たまに甘い栗ご飯に出会うが、我が家の栗ご飯は甘くない。
その分栗自体の味がして、秋を食らっている感がする。
旬のものを食べたからというわけではないが、
「あー秋を感じることができてるなー」
という思いが、気持ちの中の極々小さくなっている余裕というものを、
なんとなく拡げてくれるのは確か。

旬のものを食べるということは、栄養面のこともあるのだろうけど、
実はそんなメンタル面に作用するという点も、昔からの伝統として残る理由かも。

それともう一つ、こちらも栗。
先週あんなに苦労した皮を剥いた甲斐があるってもんだ。

こちらは甘いマロングラッセ。
甘いと行っても大人の甘さで、しっかりとこちらも栗自体の味が残って美味い。

さてまだまだ秋はこれから、心に余裕を持って秋の恵みをどう頂くか考えるぞ。

秋?の味覚準備2018/10/08

昨日の登山でかなりの疲労が溜まったところで、なんとなく映画を観始めてしまい、
結果として日付を超すまで映画鑑賞。
しかも、危なく涙に到達するところだった。
観たのは「星守る犬」。

病気持ちの飼い主との旅の結末は、飼い主が病死、その後も犬は生き続けるも、
最終的には飼い主の亡骸の横で息絶えるというストーリー。
これは、犬を飼っている人が観れば、恐らく同じ結果になるはず。
つまり、時間に関係なく飼い犬を抱きしめたくなる。
しかし、今回観終わったのは午前様ということで泣く泣く爆睡。
朝の散歩のときに思いっきり抱きしめてやった。
かなりの確率で「なんか朝からうぜぇな。」と思われてた気がする。

さて、3連休の最終日。
昨日の夕方にお向かいさんから天然の栗を頂いたので、
今日は「ジャスの散歩」→「みんなが起きる前に朝食」→「栗の皮むき」。

ちゃんと測ってないものの、恐らく1時間半程度包丁を握りここまで。
渋皮付きはマロングラッセで、渋皮を剥いたやつは栗ご飯用。

手の指が凝り固まるほど鬼皮、渋皮を向き続けながら思ったこと。
「秋の恵みを頂いてんなー。」

この手が凝り固まるという、正直ちょっと辛い出来事も秋だからの出来事。
そう考えると、コリさえも「秋を味わうための楽しみ」と思えてくる。

そのうち、秋の味覚が食卓に並ぶことになる。
秋の味覚が揃い、秋の味覚を味わう準備をして、待ちわびる時間を楽しみ、
最後に秋の味覚にたどり着く。
無駄に思えるかもしれない時間が、実は今まさにやるべきことだったりする。

しかし、その後は今まさにやらなければいけない仕事に着手・・・。
それでも約2時間で切り上げて、ジャスの散歩と次の味覚の準備に突入。

オイキムチ!
別に秋の味覚ではない。
ただ、アミの干物が余ってたので、ママから「オイキムチ作ったら?」
というアドバイスというか、作れという命令のような提案があったからとも言える。

近々は栗ご飯。
今週末にはオイキムチ。
そして、忘れていたわけではないが、7月初めに作った梅酒もあと2ヶ月で飲み頃。

仕事の準備ではなく、季節の味覚の準備だけしていたいと思う今日この頃。
なんだかんだ行って良い3連休で良かった。
また明日から切り替えて行けそうだ。

OFF2018/10/07

台風の影響で風が強い予報の通り、朝目覚めると外は時折強い風。
朝のジャスの散歩はそれほど強い風は吹かなかったので、
思い切っていつもの泉ヶ岳に行くことにした。
風の影響を受けそうなのは、遮るものがない山頂付近だけと読んだ。

いざ駐車場につくと、パラパラと雨。
なんとも不安定だなーと思いながらも準備を整えて登山道へ。
連休ということもあってか、家族連れを含み、結構な数の登山客。

10月というのに夏日になるという状況なので、まだまだ紅葉には程遠いけど、
水神のところには色づいている木が。
みんなカメラを向けていたので、俺もとりあえず撮ってみた。

秋はまだまだかなと感じながらも下を見ると、秋は確実に近づいているらしい。

頂上に近づくにつれて天気が怪しくなってきて、なんとか外界が見える状況。

頂上付近に着くと、なんとなくガスっぽい上い雨がぱらつき、
やはり風も強くて涼しいを通り越してちょっと寒いほど。

今回は一人では初めてとなる、北泉ヶ岳方面を経由して下山することに。
つまり、自宅を含む市街地からは完全に影になる方向になるが、
ちょっと下りたところの一部のエリアだけ紅葉してる。
このあたりで、茨城から来たという兄ちゃんに「良い山っすねー」と話しかけられて、
県外の人から見ても良い山なんだと、別に自分の山じゃないのになんか嬉しくなった。

そして、途中で見つけた折れた生木。
折れた部分がまだ白いので、恐らく先日の台風24号の影響かもしれない。
こんな茂みの中でも折れてしまうほどの強い風だったのだろう。

ここのところ、台風やら痛風やらで週末のジャスのロング散歩が出来ず、
なんだかんだと身体がなまっていたので、いつもよりもゆっくりと登山した上、
北泉ヶ岳方面を通ったことで、いつもよりも確実に長いコースとなり、
結構な疲労感。

帰ってからもちょっと身体が重かったので、ウォッチリストに入れていた
「最高の人生の見つけ方」を鑑賞。

ジャックニコルソン、モーガンフリーマンが出ているくらいだから、
チンケな脚本、演出は無いだろうという「思い込み」でウォッチリストに入れたが、
やはり「思い込み」だったらしい。
ちょっと現実離れの点もあったりと、がっかりだった。
こんなんだったら、ウトウトするんだったと・・・。

そして、夕方のジャスの散歩。
調子に乗って2時間弱ほど歩いたら、登山の疲れもあってだろうけど、
家につく頃には完全にがおってしまった。

で、完全OFF、しかも疲れた日は日本酒でしめくくり。

仕事的にはOFF、肉体的にはON過ぎたかもしれない連休二日目。
さて明日は・・・、何割かは仕事・・・・。
とりあえず、今日は完全リラックスというか、溜まってたため息は全部出せたっぽい。
明日はどんだけリラックス溜めできるか。

いろいろと企むか・・・。
企みという言葉だけでワクワクだ。

絶賛内職中2018/10/06

金曜の夜の時点で、なんとなくスッキリと連休に入れる程度に業務終了。
とは言え、まだまだ遅れてるとうことで、連休初日は朝のジャスの散歩、
朝飯の後はゆったりとコーヒーを飲みながら外で資料のチェック。

やっぱり気持ちに余裕を持って仕事ができると、細かいところに目が届く。
その後もメールしたし、ネットで調べ物したり、週明け用の資料を作成したり、
結局1日中内職。
それでも、音楽聴きながら、たまにジャスと遊びながらだし、
そもそも週明け以降からスムーズに進められる見込みの中で、
それに向けての準備なので、週明けの状況を想像すると逆に楽しくもある。

とは言え、やはりずっと家にいるももったいないので、
昼はママと青森煮干しラーメンへ。
かずは土曜授業、さくは部活でいないということもあり。

友達のFBでは、それほどの評価でもなかったので、
さてどんなもんかと期待と不安で向かった「おりいち」。

手前が激煮干しで、奥があっさり。
結果・・・旨かった。

どうしても弘前近くの「たかはし」の激煮干しと比較してしまうけど、
仙台でここまで濃い煮干しラーメンが食えれば全く十分。
ただし、激ニボ好きにとっては、あっさりのほうがあっさりし過ぎでちょっと・・。

それから、新しく出来た高玉町のカインズ、そして近所のビッグハウスで買い物。
今日は1日の半分は仕事だったかな。
さて、残り2日間どう過ごすか。

残業増・・・2018/10/05

10月に入って、一気に残業が増えた。
しかし、結構な ’とんでもプロジェクト’ に遭遇してしまった次第。
始まった途端に驚愕の事実が連日明かされ、3日目くらいからは、
もはや笑うしかないという場面が増えるという。

朝から頭を悩ませ、午後あたりから打ち合わせが増え、夕方からのTV会議が紛糾し、
その検討、対応が夜から始まるという。
そりゃ残業が増える。

多くは書けないが、原因は「依頼元のノープラン」だということ。
格好いいことは語っているが、その実態はというと・・・ということ。
その影響実を働部隊がモロに受けるというパターン。
その程度にもいろいろあるが、今回は記録が残っている平成5年以降で
最強レベルだ。あくまでも俺の記録では。

モロに影響を受けたままでは、割に合わないので、立場的には逆にはなるけど、
どうにか事を動かさないと行けないので、依頼元にガンガン解決に向けた
働きかけを行ったところ、それへの反応が金曜に一気に来て、
ギリギリパンクしない状態にまで追い込まれ。

午前中は別件を片付け、午後からは1時間区切りに近い状況でTV会議。
最後となる16時からのTV会議は、予定の1時間を大きく超えて終わったのが19時。
途中、会議室を変えてまで続いた会議が、紛糾ではなく建設的に進んだことは、
週明け以降の進め方を好転させられるという意味では大成功だった。
それと、気分的にもある程度すっきりと連休に入れるという意味でもだ。

ただし、まだ停滞していた状況から、やっと事が動き始めたとうレベル。
来年2月までにすべてを終わらせるには、まだまだ厳しい状況に変わりはない。

「高ければ高い壁の方が 登ったとき気持ちいいもんな~」by ミスチル

オリパラ向けプロジェクト準備2018/09/29

土曜だけど、コソッと自宅で仕事。
10月から、オリンピック・パラリンピック案件のプロジェクトを率いるので、
そのスタートダッシュをなんとかスムーズに進める為。

が、少しでも休日気分を味わいたいというか、少しでも着手を遅らせたいという
気持ちもあるので、先週からハマった「インファナル・アフェア」三部作の
最終章「Ⅲ」を鑑賞。

アンディ・ラウもカッコ良いけど、トニー・レオンもやっぱいい感じ。

しかし、「Ⅲ」はちょっと期待していたものとは角度的に違っていて微妙。
ラストの落とし所は「因果応報」ということなんだよな、結局ということで、
なんか救われたというか、どこかで期待していた落とし所だったのは良しとする。
が、「Ⅰ」と並行して起きていたストーリーを織り交ぜて、もっと大きなドラマが
あったんだぞという内容だったけど・・・ちょっとくどい気がして。
もしも「Ⅳ」があっても、もう観ないだろうというという感想。

隠し事をすれば、どこかで辻褄をあわせるという無駄な努力が発生して、
そこに労力を使うとマシなことは起きないという教訓を再認識させられて、
午後から渋々仕事に着手。

大抵のプロジェクトであれば、悪くとも着地点の想像がつくのだが、
今回はプロジェクト開始前からリスクが見えていて、しかもそのリスクが
プロジェクト開始前に発生するという・・・・。
抜けれるものなら抜けたい状況。

どう勧めていくか、しょっぱなからどう軌道修正していくか、
そのために調べないといけないことは何かということの調査を開始。
月曜からメンバが路頭に迷うことは避けなければいけないので、
暗中模索状態でもちょっとは出口から漏れる光の筋をできるだけ太くする為。
13時~17時前までパソコンとにらめっこ。

そこで、あらためて認識させられたのが、いくらパソコンを使っていても、
そこにどうしてもノートにメモをするとう行動が自分には必要だということ。
すべてをPC内にメモ帳としてメモすることもできるけど、やっぱりどうしても
「手で書く」という行為で、納得と充実が同時に得られる気がする。
やっぱり古い人間ということになるんだろうな。


休みのはずなのに、なかなか散歩に連れて行ってくれないとふてくされて
昼寝しているジャス。
プロジェクトメンバを路頭に迷わせることは避けないといけないものの、
こいつに寂しい思いをさせるのも避けないといけない。
パパは大変だ。

そして日曜も仕事・・・、雨だから諦めもつくか。

痛風発作再び2018/09/28

9/24から、痛風患者として薬を飲み始める。
痛みもほぼなくなったものの、登山なんかはもちろん、MTBでのお出かけも
ちょっと無理かなという感じだったので、連休最後もAmazonPrimeで映画鑑賞。

連休前半に観たインファナル・アフェアの続編。
こりゃ続々編の「Ⅲ」も観ないといけないほど、先が気になってしまった。

そして、そのインファナル・アフェアⅡを観ている間も時間を無駄にしないため、
風呂場のカビに、初めて買ってみた「カビトルデスPRO」を使ってみた。
タイルの目地のカビは、カビキラーでも取れないので、ダメ元で買ってみて、
カビにつけて映画鑑賞中の2時間強放置。

結果「カビトルデスPRO」の名に恥じない、協力なカビ取り効果を発揮。
本当にきれいに黒カビが取れた。
ジェル状なので、しっかりと目地にも染み込んでカビを吸い取るのか、
仕組みは判らないが、とにかくこれはすごいものに出会ってしまった。

そして、連休を終えて通常の日常に戻る。
やっと足の痛みも消えたと思ったところへ、水曜の夜に足に違和感。
痛風の発作が完全に治る前の兆候なのかななんて思っていたら、
朝起きるとこの前と違うところに新たな痛み。

なんと、前回の発作から2周間経過しないうちに再度の発症。
どんだけ結晶が溜まっていたのか・・・・。
木、金と残っていた痛み止めを飲んで、なんとか乗り切ったが、
どうも今回の発作は大した痛みでもなかった。
地震でいうと余震のようなものだったようだ。

今後は生活習慣も酒の量も見直して、もちろん薬も飲んで、
早く投薬からも高尿酸血症からも脱したい。

が、こんな発作が起きているときに限って、いつもは発生しないような事が起き、
毎日の通勤時間も変わり、通勤ルートも変わり、通常よりも歩く距離が長くなった。
毎日、駅近くのお客さんのところに寄ってからの出勤となった為。

びっこを引きながらではあるものの、それほど痛みは無いので、
ゆっくりと歩きながら、ちょっと得したこともあった。

お客さんへの訪問時間が、お客さんの朝礼の時間の関係でちょっと中途半端。
時間までの約20分をベローチェのブレンドコーヒーを飲みながらつぶす。
ベローチェでは、3回分のレシートで「ふちねこ」プレゼントキャンペーン中。
結果、プレゼントを頂けることに。

得か?と言われると、そうでもないかもしれない。
家に帰ってみんなに「欲しい人」の問いには誰も反応せず・・・。
さて、このあとどうしようか。

それともう一つ。
びっこを引きながらゆっくりと回りを見渡しながら歩いていると、
いつもは何気に通り過ぎる景色の中に、気になるものがいろいろと目に入る。
その中の一つがこのトラックの荷台にたっぷりの工具たち。
男のロマンだ。

きれいに整理整頓され、一つ一つは汚れはあるけど、それは使い込まれ、
その分いろんなものを作り、修理してきた証拠。
ちくしょー、やっぱりITなんかより、こっちの仕事のほうが絶対に合ってるはず。
あー、つなぎ着て油まみれになりてー。
あー、でもこっちの仕事で痛風発作が出たら致命傷だな・・・。
早く治そ。

久々にちゃんとした休日2018/09/23

前日の土曜は久々にお酒を頂き、今日はちょっとゆっくり目の7時に起床。
まだちょっと違和感の残る左足ではあるが、歩くぶんには全く支障がないので、
ジャスの散歩からスタート。

午前中は自宅メールの確認、ブログの更新、風呂掃除、ジャスの小屋の掃除等々、
先週末の地獄のせいで出来なかった作業をポンポンとこなす。
外は天気も良くて、こんな日は登山かMTBでお出かけと行きたいところだが、
まだそこまで足も復活していないので、AmazonPrimeのウォッチリストに
溜まっている映画鑑賞。

インファナル・アフェア。
かなり前に観たことがあるけど、また観たくなったので。
いやー、やっぱり面白い。
日本では西島秀俊、香川照之のコンビでリメイクされてたけど、
やっぱり本家のほう手に汗握るわ。

そして夕方はジャスと南川ダムへお出かけ。
先週もたっぷり遊んであげられなかった上に、平日の朝は足の痛みで
散歩に行けなかったので、たっぷり走らせてストレス発散してきた。

夕焼けを見ると、なんとなく「今日も無事似終わったなー」と感慨にふける。

南川ダムからは、ザーっという放流の音と供に二筋の滝。

そして、夜は久々に夜釣りへ。
天気も悪くないし、ここのところ遊べてないのでストレス発散、
それに出かけるとなると休肝日にもなるので一石二鳥。

仙台港ではちょっと大きめのサバが釣れたけど、そのあとが続かなかったので、
サバもリリース。
停泊中のRAINBOW ANGELに別れを告げて、塩釜港へ移動。

はい、塩釜港ではメバルに遊んで頂きました。
でも、みんなチビメバルで、ほぼすべてリリース。

1匹だけ20cm弱のが釣れたのでキープしていたものの、
結局この1匹だけだったので、こいつも最後にリリース。
つまりお持ち帰りはゼロ・・・。

それでも釣果としては16匹。
あの、竿から伝わるビクビク感が味わえただけでも楽しかった。
ひさびさに「あー、休んだー。」という1日だった。

さてさて、明日は仕事しないと駄目かなー。
だとしても、音楽聴きながら、テレビ見ながらできる仕事なので、チンタラやるか。
でも最近は家で仕事が出来ない体質になってきたので、どうなることやら。