今年も夏2022/08/11

暑い。
テレワーク中は集中力なくなるのでエアコンかけてるが、それ以外は扇風機。
幸いなことに家の窓を開けると風が通り抜けて行くので、
良く言えばそよ風を感じながら、夏の暑さも感じられる。
身体は汗でベタつくし、服もくっつくし、不快極まりないんだけど、
それが日本の夏なんで、今年も夏をしっかり感じられてることにある意味感謝だ。
夏を味わったあとは秋がちゃんと来る。

今週の我が家のパーゴラは生命に満ちあふれていた。
夜もまだ早い時間だというのに、ジャスの椅子の背もたれの裏ではセミが羽化中。
抜け殻にぶら下がって乾かしてるところは何度か見たことあるけど、
まさに背中から抜け出てるところは初めて見たかも。

昼間にジャスの水を交換しに出た時には、カナヘビの赤ちゃん。
身体はまだちっちゃいし細いのに、しっぽだけは身体の2倍ほどありそう。

今週の昼飯で食べた「ゆかり」の塩焼きそば。
たんに珍しくて買ってみたけど誰も食べずに残ってたので片付けた。
まぁまぁ、あの「ゆかり」をまぶした焼きそば。もう買わないでしょう。

山の日の前日の夜は、何故かチェ・ゲバラの映画が観たくなり、
「チェ28歳の革命」をアマプラで鑑賞。
なかなか難しいというか、結局なんだったのかというのが判りにくかったけど、
単なる戦争好きではなかったと言うのが再確認できた気がする。

そして、山の日。
ジャスの散歩を済ませて、ちゃちゃっと朝飯も済ませてつなぎに着替える。
草刈り機で刈ったあと、また伸びてきた庭の雑草の草むしり。
びしょびしょになったつなぎのまま、腕立て、腹筋の筋トレ。
汗で濡れたつなぎの重さ分負荷が高まり効率化。
そして、みんなが起きて来て朝飯を食べるタイミングでひとっ風呂浴びる。
昼前には汗だくのつなぎの洗濯も終わって心地よい疲労感で、休日の充実感も。

昼からビールでもキメるかと思っていたけど、突然の雨でなんとなく気持ちも乗らず。
今後初めてみたい、やってみたいことを色々とネットで調べてるうちに夕方に。
雨上がりに青空が見えるとなんかホッとするし、猛烈な湿気でもやっとした空気が
やっぱ夏だなーと。

単純に考えると52回目の夏。
これまでの夏にどんなことがあったのか、ふと思い出に浸ってみたくなった。
そして年齢的にこれからの夏をどう過ごしたいか考えるのも楽しみかも。

久々の安息日2022/08/07

今日もジャスの散歩からスタート。
いつもと違うのはその後の動き。
パーゴラの椅子に座って、瞑想からスタート。
今回は3分から始めてみた。
前はもっと長かったような気がするけど、まずは短い時間で継続を目指す。
テレワークに合わせて変えていかないと。

本当は瞑想の前にジョギングしようと思っていたけど、昨日の30分のジョグですでに
足裏を痛めたらしい。。。なんともうまくいかない年齢になったもんだ。
なので、瞑想のあとにストレットと自重筋トレ、そして縄跳び。
縄跳びなんて、やっと20回引っかからずに跳べるほど飛び方を忘れてる。
まぁ、大部分の人は小学校以来縄跳びなんかしたことないのが殆どでは。
そういう意味ではなかなかできない経験をしていることになる。

一息ついていると、庭のスモモの木に蝉の抜け殻がるのが目に入った。
全然木にもしてなかったので、季節の移ろいを感じられる、見つけられるほど、
気持ち的に落ち着いて来てるらしいとなんか少し嬉しく感じつつ。

床屋に言ったり、諸々家事を済ませたりしたあとは、まだ重いものを持つのは
厳しいママと一緒に買物へ言ったり。
帰宅後の昼飯はスーパーのお惣菜を食べながら、ネットで調べのしつつビール!
PCの画面に映り込む私。。。。

本当は、天気も悪くなければ泉ヶ岳にでも行けるかもと思っていたけど、
昼過ぎに雨が降ったりとなかなか安定せずに断念。
が、それならと、室内でやれる趣味のうち、もしかしたらハマらないかと思い、
切り絵の挑戦。
レザークラフト用に駆っていたカッターやマットを使って指が痛くなりながら。
左側は切り抜いたくず。
右は黒い画用紙から、白い部分を切り取った切り絵。殆どが切り抜かれる。大変。

切り抜いた部分を白い画用紙の上に乗せると!
いや、良い。
でもゲロすると原案はネットから無料で使えるやつを借用。

試しに切り絵をやってみたけど、鉛筆画や水彩画とかもやってみたいので、
50歳過ぎにふさわしいのと、気軽に始められて、3日坊主でもダメージなしの
趣味を探したいと思う。

久々に仕事フリーの週末。
新しいことも始められたし、上々のりスタートかも。
でも、早く海か山に行きたい!

再始動2022/08/06

ここ数ヶ月、どうしても認めたくなかったこと。
義務教育時代なので、35年以上前に心底嫌で改善したはずの性格が戻りつつある。
良く言えば「慎重」だけど、自分の場合は「度を過ぎた心配性」、
「とにかくウジウジ考える」という点。
ここのところ、それが漏れ出てることに嫌悪感を持ちつつ認めたくなっかった、
ということも、自分で勝手に背負ったストレスになっていたのは否めない。

中学生の時から変えよう変えようと、少しずつ自己改善をした甲斐もあったのか
その後はどんどん自分のことを嫌いではなくなった。
と思っていたけど、実際は性根は変えられないということなのだろうか。

だとしてもだ。
やっぱり少し前までの自分に戻ったほうが確実に楽しいし幸せなので、戻ろうと思う。

いつも気持ちがモヤモヤしていたのは、やっぱり引きこもりがちなのが大きいかなと。
外の空気を吸って、太陽の光を浴びて、開放的な所に身を置くことが必要かなと。
思い出してみると、どちらかと言うとそっちを優先して、日曜夜と月曜朝に後悔する。
それが普通だった。
それが今では、引きこもって映画観たりしてリフレッシュしてると言い聞かせて、
実は頭のいたるところに問題がこびりついていることを感じつつ無視したつもり。
そんなんじゃ本当のリフレッシュは無理。

「仕事でミスったって、別に死ぬわけじゃないし。やるなら楽しくやろう。」

と、就職してしばらくして気持ちに刻んたことをあらためてやらなきゃと。
あの頃は尖ってたなーと。
ちょうど子供が生まれたあたりだったか、30歳を過ぎて、結構上の役職との面接で
「自分や家族の為に仕事してます。会社の為ではないです。」
なんてきっぱり言い切って、なんか色々と説得された記憶がうっすら蘇った。

なんてことを考えてるうちに、とにかく外に出て老廃物を出しちゃえと一気に短絡的。
確かに、海にも山にも行く機会がなくて、とにかく行動範囲が狭すぎた。
物理的な範囲は広くなくても、行動する範囲を広げようと、最初に思いついたのは
「ジョギング」。
昭和生まれとしては、根性論として根深く染み付いているランニングは精神鍛錬の
最たるものという意識が働いているのだとは思う。
でも、サウナで汗をかくのとは明らかに違う発汗、それと心肺機能を使いまくる
という充実感、さらに歩きたいのを我慢するという精神的強化も感じることができる。

夕方のジャスの散歩のあとで、数年使ってなかったジョギング用の靴を取り出す。

1時間半のジャスの散歩がすでにウォーミングアップになっていたので、
即走り出すも、ブランクもあるのでゆっくりゆっくり30分ジョグ。
この時点ですでに相当身体がなまっていることを再実感。
家に着いた途端にあちこちに痛みとか半端ない疲労感とか。。。しょうがない。

そこから縄跳びの練習だけを実施。
すでに下半身にかなりの乳酸が溜まってるのを確実に感じていたので、
ロープの長さとかを感じつつ、30回目標で飛んだが・・・15回で引っかかる。
縄跳びは平日の朝のジャスの散歩の直後にやれると良いなーとか思いながら。

で、筋力も付けないとと思ってゴムチューブも持ち出してきた。
脂肪はたっぷり溜まっているので、うまくすればそれがそのまま筋肉へ。
これは流石に披露が半端ないので持ち出しただけ。。。

単なる精神論からなのかもしれないけど、これが昭和男子としての自分のやり方。
これ以外の方法は頭に浮かんだとしても、正直なところ気持ち出来に良しとしない
というのが昭和なのだろう。。。
もうこれは変えられない。
なので、自分の好きな自分で居続けるための努力して、それすら楽しんでしまおう。
そう思う。

明日以降は、トレーニングもやらないとなので、そのスケジュールを考えるだけで、
ワクワクと本当にやれるのかという思いの狭間にいる自分を楽しめてる気がする。
これこれ!こういう感覚こそがリフレッシュだ!
明日の日曜もワクワクを持続できるよう昭和パワーを前面に出していこうと思う。

さて、そんな前向きな気持ちになる前、今日の午前中にアマプラで観たのがこれ。
「悪の教典」

グロさが大部分の感情を占めたけど、こんなミステリーを観たからこそ、
前向きに考えようと良い方向に転じたのかも。
・・・じゃないとは思うけど、人生何がきっかけで命運が別れるか判らないし。
とにかく今は好転してるはず。いや、好転して見せる。
数ヶ月前の自分に戻れるよう再始動開始。明日は筋肉痛で苦しんでそうだけど。。。

山場、山場、山場2022/08/05

7月はかなりヘビーな月だった。
毎週のように山場が待ち受けていて、身も心も落ち着く暇がなかった。
8月になれば仕事も落ち着くし、少しはマシになるかと思ったのが悪かったのか。
7月下旬に仕事で問題発生。。。
その後、別の案件でも少噴火。。。
指示を出すだけで精一杯で、本来の業務に手が回らずどんどん滞留していき、
しまいには催促の嵐に見舞われる。
ストレス続きで毎日のえずきに、テレワークでもリポDのお世話になった。
小噴火は徐々に片付き、残るは最初に起きた問題。まだくすぶってる。
本気でお祓いを考えてるほど。

と言いつつも、久々にブログを更新できるほどには気持ちも落ち着けた。

周りに文句を言いたいことは山ほどあるけど、それを言ったところでどうにもならん。
次に同じことが起きないように、文句ではなく対策を打たないと。
その対策も考えないとだ。まだまだ山場は続きそう。
こんなことで心身をすり減らしてる場合じゃないんだけど。

つかの間の休息をどう過ごすか、どうリフレッシュするかを考えないと。
じゃないと、どんどん不安とプレッシャーに押しつぶされそうになる。
頑張れ俺。
人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!(by 炭治郎)

8月はどんどん不安や問題が解決しますように。

いつも通りとは?2022/07/17

当たり前の生活が当たり前じゃないことは頭では分かっているつもりだった。
ただ、当たり前じゃない状況になってみると、何が当たり前だったのか疑問に思う。

いつも通り。そう、いつも通りに過ごそう!
ここのところそれを心がけて来たけど、いつも通りってなんだ?
いつも通り=当たり前なのか?と。
また訳の判らないループに陥りそうになったのでやめた。。。

近所のお寺の入り口には毎年紫陽花が咲く。

いつも通り、当たり前の景色。

近所の里山のジャスと散歩に行くと、大体同じ場所でジャスが警戒しながら、
なにやら動くものの気配を探る。こちらからすると何もいないっしょと思うけど、
ジャスには警戒に値する何かがあるんだろう。いつも通り、当たり前の反応かも。

暑くなってくればセミだって出てくる。

つけ汁に漬けておけば、梅だって自然と漬かる。
この季節になれば梅の木が実をつけるのもいいつも通り。
でも、去年は何をして食べたか覚えてないけど、つけ汁に漬けるのは初めて。

そういえば、当たり前やいつも通りが良いわけじゃないよな。
当たり前のことがそうじゃなくなった時、いつも通りにいかなくなった時、
難しく考えなくて良くて、「じゃあどうしよっか?」と考えればいいだけか。

逆にそのほうがこれまでと違ったり、やったことの無いことができたりするし。
いつも通り、何事もなかったかのようにスムーズに過ぎる日々が正じゃないじゃん。
そういえば、仕事の忙しさにかまけてなんか「ワクワク」するようなことを忘れてた。

子ども達が小さいころはあれやったり、これやったりと色々考えてた。
ある程度手が離れると、少しずつ自分がやりたいことを色々考えるようになり、
それに慣れたあたりで仕事の質、忙しさも変わってきて、週末は体力回復に費やす。
ドラマとかで描かれるダメ亭主街道まっしぐら。

ちょっとここらで方向展開しないと、それこそごろ寝してるところを掃除機で突かれるようなことになりかねない。

今置かれた状況を受け入れて、その中で何か「ワクワク」を考えることにした。
うちの家族はどちらかとうと保守派なので、家族も巻き込むような。
それが無理でも、いつも通りじゃないことを父が始めやがったというだけでも、
家族にとってはいつも通りじゃないということにもなるので、ちょっとした刺激にはなるだろう。

自分ではどうにもならないことを考えても仕方がないんだった。
自分でできることをやるしか無い、しかもできるだけ楽しく。
今日からなんかうじうじしていた気持ちを切り替えることにした。
これから色々アゲていかないと。

が、3連休は雨ということもあり、アマプラ三昧だった。
こんなにいろんなストーリーに触れたということも気持ちの切り替えのきっかけになったかもしれない。

これは3連休じゃなく、少し前に観たトップガン。
マーヴェリックを観て、オリジナルを観たくなったので。

連休の鑑賞はここから。
ママが観ていたのを見て、「おっ!」と思ったので。

次に観たのは「天外者」。やっぱ三浦春馬好きだなー。

次は追憶。これもなかなか虚しいけど、みんな精一杯生きないといけない。

で、「とんび」。これには泣かされた。
ベタと言えばベタ。でも、時代や形、見た目は違えど生きてりゃ色々あんだよ。
当たり前、いつも通りってなんだよ?って。

そして最後は「散り椿」。終わってみれば連休中の岡田准一の打率が6割。。。

7月は何かと山場が多いけど、後半は気持ちを入れ替えてアゲていこうと。
いつも通りじゃくても、ワクワクできるように。

今を生きる2022/07/03

過去を悔いることの愚かさというか、無駄なことには気づく年齢にはなったつもり。
悔いるなら反省しろということ。
悔いないなら笑い飛ばしてしまうくらいの度量は持てたと思う。
その程度の気持ちの切り替えはできる程度の年齢になった。

良くも悪くも時間は止まらない。
いや、この歳になると時間が止まってしまうことのほうが怖い。
時の流れに身を任せることは確実に必要。というか、任せるしかないし任せるべき。
もっと言うと、壮大すぎてどうやっても抗えない時の流れの中で単に泳がされている。
つまり「どう泳ぐか」ということが大事なのだと思う。

過去を悔いることと同じように、将来を悲観、期待しすぎることも無駄ということも。
時間が流れるということは、思った通りに行かないことがほとんど。
なにせ、いろんな人の時間が一緒に流れているので、一人のちょっとした行動が、
世の中にどう影響するのかなんて想像もつかない。

なればいいなーって感じで思うというのが現実的なんだよなーと思ってしまう。
でも、それは実際としてはやりたくない。
というか、そう思ってしまったらそこで思考が止まるということも知っている。
「期待」とか「希望」を捨ててしまったらそこまででしかない。
それをどう持てばいいのかは残念ながら教える自信はない。
「期待」とか「希望」を捨てる方法を知らない。。。。
なぜなら、「期待」とか「希望」を持てない感情が判らない。
弱音を吐いたことは幾度となくあるけど、無くしたことはないはず。
幸いにもそこまで落ちたことがないからかもしれない。
けど、生と死、喜怒哀楽は一通り、それなりに経験はしてきたけど、
結果として現時点で笑いながら生きてる。
「頑張って生きていればなんとかなる。」

これまでの結果としては、決して悪くない人生だ。
嫌だったことも、もはや思い出話として笑い飛ばせる。
そういう意味では、むしろ幸せでしかない。

今日は朝4時に目が覚めた。
昨日早く寝たのでその分早く起きるのは想定通りだけど、4時までは想定外だった。
二度寝を試みたけど、ウトウトしただけのような感じで眠れたとまでは行かないが、
6時過ぎには外の気温が上がっていることが判ったので急ぎジャスの散歩へ。
そのままの勢いでつなぎに着替えて庭の手入れと網戸をホースで大胆に洗浄。
朝早くともつなぎもびしょびしょで洗濯機を回しながら自分も朝風呂へ。
つなぎはいい感じでお日様に照らされる。

風呂上がりに朝食を食べてからは珈琲を飲みながら朝の清々しさの中ブログと読書。

そして昨日採った青梅を使って「青梅の塩昆布漬け」。
3日後には食べられるようなので、どんな感じに仕上がるのか楽しみに。

夕方までは仕事しながら、ウトウト昼寝しながら。。。
ジャスの散歩が終わってそのまま明るいうちに風呂に入って、
そのまま明るいうちに麦酒タイム。

今をしっかりと、少しでも楽しく生きるということは大事。
昨日までは知ったこっちゃない。
明日以降?
そんなの明日にならないと判らないし、もっと言うと明日でも判らない。
明日でも、明後日でも、一週間後でも、一ヶ月後でもなく、今なんだね。
そんなことはとっくに気がついてたはずだけど、あらためてそう思います。
時の流れに身を任せて、いつも通り時の先に向かって行かないと。

いつの間にか家族全員が選挙権を持つに至った。
自分の将来もだけど、国の将来も考えないといけない歳に全員なった。
普通に生きてきたらこうなってたって感じしかない。
そう思うとすごいと思う、時間って。あの赤ん坊が選挙権って。。。

いずれ時が過ぎれば何にせよ結果は出る。
良くも悪くも。
でも、今は良い結果になるという「期待」と「希望」しかない。
繰り返すが、「期待」とか「希望」を持てない感情が判らない。

それと、今まで最悪の結果になった記憶は無い。
悪い結果になったことは数知れずあるけど、それは決して最悪ではなかった。
俺は絶対に周りを幸せにできる力を持っている。
根拠は無いし、まったく説明もできない。
でも、自分にはそんな力があるという「確信」しかない。
・・・みんなそう思ってるんだろうけど。

爆笑は与えられなくても、「いつものように今を生きれるという期待と希望を
周りに与えられる」という、ある意味特殊な特技を持って生まれたような気がする。
しかも、他の人よりも強く。

繰り返すけど、なんの根拠もないし言われたこともない。
単に、自分がそういう特技を持っていてほしいという「期待」と「希望」でしかない。
が、俺の中ではもはや「確信」でしかない。
明日も我が家のいつも通りの月曜を過ごします。

引きこもり2022/07/02

この二週間はブログ更新をサボった。
公私にわたって心身ともにタフな日々が続き、週末も引きこもりがちに。。。
それでも少しでもリフレッシュと思って、ちょこちょこと外には出ていた。
これまでにもまして夫婦2人で出かけることが多かった。

まずは父の日の朝は人生初のコメダでモーニング。
さくが前日から福島の友達のところに泊まりで出かけていたので、
ちょっと行ってみるかと。
開店からそれほど時間も経っていないのに待ちの状態。

で、注文したあんこトースト。
・・・・、朝から並んでまで食べるもんじゃないな。。。
朝からログハウス調の店内での朝食というシチュエーションはなかなかだけど、
これならパーゴラで朝飯食ったほうがはるかに良いかも。しかも腹にたまらん。
まぁ、でもこれでコメダのモーニング話はできることになったということで。

父の日の夜はさくの福島土産とワインを頂きました。
こういうのはやっぱり嬉しいね。
チーズは道の駅で買ったらしいけど、それを選んでくれてる姿を想像するだけで
涙腺がくすぐられる。実は「一番人気」というポップだけで「これでいいや」
で決まっていたとしても。

それと、なんかアップルパイ食いたいなと前日言ったら、
ママがアップルパイを焼いてくれました。
新潟のかずからはラインでメッセージをもらって、何も言う事のない父の日でした。

その翌週は久々の東京出張。
久々ということなのか、たんに抜けていただけなのか、出張当日の朝に家を出てから
「あ、新幹線の予約してないじゃん」と。。。速攻取りました。全席指定なので。

ちょうど殺人的な猛暑が続くことになった初日に東京入りするという持ってる男。
初日は田町近辺をちょこちょこ移動で、ホテルもすぐ近くだったので、
暑さの影響は最小限に抑えられた。
夜も近くをぶらぶらして見つけた「鳥一代」なる店へ。

麦酒、ワイン、日本酒と少しずつ飲みながら鳥料理に舌鼓。
それにしても白レバーが思った以上にくさみがあったのが残念だけど、
なかなか気持ちのいい店だった。

で翌日は飲んだ酒はすべて午前中で毛穴から溢れ出た。。。

その週末も引きこもり予定だったけど、ちょっとだけでもとMTBを駆って散歩。
途中の球場で練習中のおじさん達を眺める。

散歩で向かった先は資福寺。
そろそろ紫陽花も見頃かなと。
猛暑のなかでクタッとしてるかもと思ったけど、思い立ったが吉日ということで。
まだちょっとだけ時期早めかもというのと、やっぱりこの暑さからかイマイチ
元気がなさげに見えたけど、それでも見事な紫陽花。

雨に濡れた姿も良いけど、青空の下ももちろん良いもんで。

そして昨日はトップガン。
2人で映画なんて何十年ぶりだろうか。しかも二人して泣く。。。。

もう、デンジャーゾーン、TopGumAnthemが流れただけでウルっと。
そんでグースそっくりの息子が出てきてまたウルっと。
最後のほうはもう前作のシーンと重なる部分が出るたびに涙が。。。
そして、マーヴェリックが父親代わりになれたような映像でとどめを刺される。。
前作もレンタルして何度も見たけど、これも何度も観るんだろうなー。

そして帰宅後は、仕事しないと行けないのだけど、今日は完全オフにしようと。
もう気分はマーヴェリックなので、考えるより動け!ってことで。
庭の梅の木が実をつけて、かずはすくないけど、結構大きくなったので、
つなぎに着替えて収穫作業。

収穫してみてもこの程度。逆にこの程度のほうが消費し易い量でもある。

つなぎに着替えたので、ついでに草むしりや隣の市の敷地からニョキニョキと
伸びてきた竹を伐採したりと汗タップリかいて、なんとなく見も心も少しは
リフレッシュというか、モヤモヤを忘れられたかも。

色々あったとしても生活を止めるわけにはいかないし。
時間はしっかりと流れてくれているから。

苦悩も乗り越えてしまえば甘いらしい2022/06/13

この世には困ったことがある。
どうやっても時を止めることはできない。
ちょっと一旦止めて!
たんまたんま!
ちょっと落ち着かせて!
というのが実は効かない。効いてるようで効いてないので、どんどん時は進む。

やけに飛行機雲が多いなと思ってスマホを空に向けると、チャリや車が映り込む。
チャンスを待っているうちに飛行機雲はどんどん形を変えてしまう。
さっきはもっとくっきり見えてて映えてたのに・・・と。

だからこそ、今この瞬間を大切に、感謝しないといけない。
朝見送ったから夜も会えるとも限らない。
夜おやすみを言えたから翌朝会えるとも限らない。
極端な話、数分前に会話していたのに、もう会話ができなくなっていたり。
最近ではまさにウクライナの戦地が如実にそんな状況なんだろうと思う。

チャンスの神様は前髪しかない。。。
すれ違うタイミングで掴めなければ、振り返ってももはや掴めない。
チャンスって?すれ違うタイミングって?一体いつ?
「あっ!見つけた!」って感じか?

じゃあ、「あっ!見つけた!」って何を見つけた時だ?
探してた何かを見つけた時だろうけど、それは何?
サンゴが産卵する珍しい光景か?
流星群の飛来か?
新しい仕事を取れた時?
人気ありすぎて生産が追いつかないスイーツをコンビニで見つけた時とか?

でも、もしも、もう見つけたいものを見つけてしまっていたら・・・。
それを大事に守っていくしかないんだろうね。
それが記憶、記録だとしても、現在、未来だとしても。

先週だったか久々に海、菖蒲田海岸に行った。
震災のモニュメントの指の間にはシロツメクサ。
持たせてあげたいと思った気持ちを素直にそのまま形にしたんだろう。
なんかそう考えただけで、ウルっと来た。
きっと、「そうしたい」という思いをとっさに「見つけて」行動に移したんだと。

この日は初めてジャスの海散歩にママも連れて行った。
前日まで強風だったので、時化の影響か海藻が打ち上げられてて画的にはちょっと。。
ジャスもいつもと違う3人(2人+1匹)での散歩で戸惑いつつ、はしゃぎつつ。

「苦悩も乗り越えてしまえば甘い」とかいう言葉がある。
ゲーテが言ったらしい。
苦いもんが甘いもんに変わるかね?
それがたとえ記憶だとしても?
大人だねー。

立派なおっさんだけど、まだまだ若輩もんの自分にとっては苦いもんは苦いんだよ。
痛いものは痛いし、悲しいことは悲しい。
それが時間が経つにつれて普通に話せる、笑いながら話せる。
せいぜい行けてもそこまでだろうと思う。
笑いながら話せても「あれは苦かった」としか、今の自分には言えないだろうなと。

ということで、苦悩は乗り越えられても甘くなるという気はまだ全然しないけど、
そもそも乗り越えないとその議論も何も始まらないし、結果も語れない。
腹を決めて、粘り強く、根気強く行くか。

激動2022/06/04

激動の一週間だった。
これほど激動だったことは初めてかもしれない。
頭も気持ちも身体もざわついて、夜も寝てるようで寝てないようで。
目が覚めるといろんなことを考えてしまって二度寝もできず、起きたとて同じ。
ジャスの散歩で気が紛れてなんとか落ち着きを取り戻す。

それは平日だけじゃなく土曜日の今日も同じ。
朝のジャスの散歩で落ち着きを取り戻し、午後から仕事に着手。

夕方は少し早めにジャスの散歩へ。
田んぼの向こう側に小さく泉ヶ岳が綺麗に見える。
何が起きようと自然は粛々と日々の移ろいを続ける。

そして今ここ。
すでに風呂も入って、土曜の黄昏時にもならない時間に麦酒を飲める幸せ。
この幸せはいつまでも続けなければ。

今日は夕食後はいろいろと調べ物をしないと。
まぁ、穏やかと言えば穏やかな土曜。
日曜も仕事だけど、どこかにちょっと出かけたいな。

開き直った日曜2022/05/29

眠れたのか、眠れてないのか・・・・。
やけに現実味のある嫌な夢も見たし。
何度か目を覚まし、何度寝をした結果、6時半にベッドから出てジャスの散歩へ。
なんかモヤモヤした気持ちに支配されつつも歩いてりゃ紛れるかと思い、
今朝のコースは長命館公園コース。

やっぱりここは良い。
完璧にマイナスイオンを四方から浴びられてる気がする。
時折リスにも出くわすし、うぐいすの威嚇の鳴き声に追いかけられつつも、
木の葉や枝が風に揺れる音で完全に1/fのゆらぎにも包まれる。
折りたたみの椅子を持って行ってしばらく座っていたくもなる。
でも、この季節はすでに蚊が出てきてるので留まるのは得策ではない。。。

長命館公園を縦断して賀茂神社方面に抜けて、朝日を浴びる鳥居と真緑のもみじ。
ここまでの一連の景色、マイナスイオン、1/fのゆらぎを感じると、
「まぁなんとかなるか!」と根底にある適当さが出てくる。
意外とこれが大事。

散歩から帰ってからはいつもより濃い目のグリーンスムージー。
すでに朝から汗がにじむ暑さだったので、スムージーがよりうまい季節になってきた。

とは言え、午前中はちょっと会社のパソコンに向かう。
その後は、ちょっとベッドに横になったら、なんと瞬殺されて
いつの間にか30分のシエスタ。
やっぱり夜にしっかりと眠れてなかったらしい。

その後は法事に行ったり、ジャスの散歩に行ったりして過ごす。
それにしても暑かった。
ジャスの散歩の後は速攻で風呂に入って今ここ。

BGMはGW前に見つけた「TIM HALPERIN」。
そもそもはインスタかなんかの動画のBGMで使われていた
「where the adventure begins」という曲が気になって何曲かをプレイリスト化。

それと、「Vaundy」も。

さて、夕飯食べて明日の準備だけちょっとやって、今日は早々に寝ちゃおう。
明日焦ることはすでに織り込み済み。
今日のところは完全に開き直った。というか白旗だ。
あー、「トップガン マーヴェリック」観に行きてーけど無理っぽいな。。。
また少し先にアマプラで観るパターンか。。。