涙×32021/09/05

今日の朝も雨。
朝のジャスの散歩がないと、そこそこ時間を持て余す。
今日はとっとと朝飯を済ませて、あさからアマプラ。当然女子達はまだ起きる前。。
昨日少し迷っていた「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を観るか否か。
結局観てしまった。
感動したかしなかったという点では感動。
内容的には全く描ききれていないけど、原作にはないシーンもあり、
確実に泣かせるための脚色。
これで午前中に一涙。

その後、ジャスと遊んだり、次に読む本を考えたり、
なんかすごくゆっくりと、特に何をすると決めていないという、
一見するとグダグダな時間を過ごす。
でも、こういうグダグダな休日の時間も大事だと最近思うようになってきた。

昔は子供たちに色々経験させたいし、自分も楽しみたいしと思ってた。
子供たちが遊んでくれなくなっても、せっかくの休日なんだからやっぱ遊ばなきゃ、
という考えがベースにあって、とにかく好きなことで動くことが休日!
だったけど、歳のせいもあるのか、昔よりも体力の回復に時間も必要になり。。。
休日過ごし方も一度しっかりと考えて、静と動を考えたほうがいいとあらためて思う。

そんなことを考えつつも、いまだにやめられないのが辛いもの。
今日の昼飯は、女子たちと朝飯の時間も違ったのでそれぞれのタイミング。
久々に「ペヤング 獄激辛」。
食べたあとは確実に後悔するほど辛くて、なぜが固くも食べにくくもないのに
顎が痛くなって、食後は口の中が文字通り地獄のように痛くなるが判っている。
でも食べたくなる。

で、本日二涙。
パッケージにかいてるように「泣けるほど辛みが強い」とは大げさでもなんでもなく。
50歳を超えたおっさんが、汗と鼻水と涙を流し、食後の「スーハー」が止まらない。
・・・が、後悔は30分でいつの間にか消え去る。(30分もかかるとも言える。)
ブログを書いている食後9時間ほどの今では、後悔の思いはもはや過去のこと。
二度と食べるか!という思いはかけらもない。
それと、残念なのは、先日友達が八乙女ビックで買ってた別シリーズを買いに行ったら
すでになかった。。。。
そのうちAmazonでポチってそう。

食後は読書したり仕事したりかなーと思っていたけど
一度アマプラで映画観始めるとなかなか抜け出せない傾向があり、
今日も結局ウォッチリストにあった「ラストサムライ」を鑑賞。
これももう少なくとも3回目の鑑賞になる。
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の読了、映画鑑賞の流れで感動ものを求める流れが。
少なくとも3回めともなると、次の流れはそれなりに判ってる。
なのに・・・しっかりと涙。本日の三涙目。

なんかやっぱり物足りない。
天気もあるけど、やっぱり外で遊びたい。

白夜行2021/08/16

日曜は自宅での夕食後に出張へ。
土曜からの雨は日曜の午後まで続き、結局は映画鑑賞と読書で時間を費やした。
土曜の深夜、なかなか眠れそうになかったので、映画でも観るかと探した結果、
数年前にも観た「武士の一分」を選択。
もしかすると3回目くらいかもしれない。
実を言うとあまりキムタクの演技は好きではないというか、あまり良いとは思えない。
なのでキムタクが出てるというだけで、結果として敬遠している作品が多い中、
それほど気になるというのは、キムタクではなくストーリー性から。

今回もしっかりと感動。
・・・でもやっぱりキムタク以外の方が良かったんじゃないかと言う思いもある。

何はともあれ午前2時半にベッドに滑り込む。
日曜朝も雨が降ったり止んだりでぐずついた天気。
ということで、ちょっとだけ出かけたりしたけど、日曜のメインは読書。
「白夜行」を読み進める。
・・・やはり東野圭吾、読み始めると止まらない。
あと少しだなーと思いながら読み進め、気が付けば夕方のジャスの散歩の時間。
外は曇りで道路も乾いてきてるということはしばらく雨は降ってない。
土曜と日曜朝の散歩は雨でスキップしたので、ジャスの散歩へ向かう。

帰宅してすぐ風呂へ。
さくがバイトなので、夕飯は夫婦水入らずで食べたあと、19時40分のバスで移動。
今日の朝早くから新白河のお客さんの本番立会いの為。
21時半に新白河駅に到着。
駅前のホテルにチェックイン。
夕飯も風呂も済ませてきたので、新幹線の中に続き「白夜行」の続きを読み始める。

ホテルのパジャマに着替えてベッドの上に横になってラストスパートで読み進めた。
約850ページ中、最後の10ページ。
目が覚めるような結末というか種明かし。
「え?マジ?」「そーゆー事かー。」「おいおいおい。」「・・・・」と言った
複雑な心境が入り混じるが「・・・・」という何とも言葉に表せない結末に閉口。
読み終わって本をベッドサイドに置いて、仰向けのまま目を閉じる。
「重い・・・」という思いと共に、本編が終わった後の馳星周の解説の衝撃な残った。
主人公となる二人の心情が一切書かれていないということ。
結末だって当然驚愕ではあるが、それよりもそのことの方が良い意味でショッキングだった。
周りの登場人物が感じた内容でしか主人公の内面を推し量れないけど、
それがほぼ確実にそうだろうと思える表現。
なんなんだ東野圭吾!

とうことで昨日は「白夜行」の結末を見届けたということもあり、
早めに睡魔に襲われ、ホテルの部屋でアルコールを摂取しないことなんて初めてかも、
と思う程久しぶりにそのまま眠りに就いた。

今日はホテルのすぐ横の新白河駅からタクシーで仕事場へ向かう。
久々に白河泊まり出張も、本当にホテルで寝ただけという寂しさを朝から感じつつ。

夕方には客先を出て、何事もなく無事に帰宅。

昨日の夜から頭から離れない感覚が一つある。
白夜行の男側の主人公のようになりたいということ。
冷たさと温かさ、大胆さと緻密さ、判断の速さと用意周到さ、ずるさと正直さ、
押しと引きの絶妙さ。。。
途中から彼の魅力に惹かれていることに薄々気付いてはいた。
初めて小説の主人公に惚れたかもしれない。
「白夜行」いや「東野圭吾」恐るべし。

アマプラでゆっくり2021/08/07

前日のキャンプの疲れがそこそこ残っていたので、土曜はゆっくりすることに。
恐らく日曜も台風の影響でゆっくりするだろうけど、
ここで無理すると後にひきずりそうという感触もあり。
朝はセロリたっぷり目のグリーンスムージーからスタート。

朝飯後はオリンピック関連のニュースを観てからランタンのメンテナンスを開始。
キャンプの時にホワイトガソリンのランタンが点火しなかったので、
よくよく見てみたら点火用の電池切れ。
ほかのランタンでリカバリしたけど、そう言えば久々に出して来て試運転はしたけど
メンテナンスはしてなかったなと。
分解して雑巾で拭いて、輝きが戻ってくるともうそれだけでうれしくなる。

組立後に試運転すると、明らかに輝きが違う。
またキャンプ行きたくなって来た。

昼は昨日食べたそばがあまりに旨かったので、残りのソバで昼飯。
忘れずにビールも。一応夏休みだし。

そしてここからはTVの前に陣取ってアマプラ三昧。
まず1本目は「Fukushima50」。
震災、原発、コロナと次々に災難に合っている中、原爆記念日を迎えたということで。

隣の県にある施設の狭い部屋でどんなことが起きていたのか、
狭い部屋から広い原子炉に向かってどんな思いで皆が動いていたのか、
あらためて感謝を強く思った。
にしても、ホントかどうか判らないけど、菅総理や東電危機管理本部の対応が
ムカムカする内容だった。

次は一転してホラーなのか?「クワイエット・プレイス」。
内容が内容だけに最初の方全く台詞が出てこないというある意味新しい手法。
だんだん台詞がないことに飽きて来たなと思ったあたりで台詞が出来ていた。
観客のヤキモキ感も計算していたとしたら大したもんだ。
但し、途中からなんかくどく感じて来たかな。
父子の関係、愛情という点は良かった。

で、夕飯を食べてからは「西部前線異常なし」。
リメイク版じゃなく、1979年のTVドラマ版。
反戦的な内容ではあるけど、これを製作したアメリカもイギリスも戦争してるしな。
やはり戦争、争いは無益。

で、最後は「ヒューリー」。
反戦メッセージ性の強い「西部前線異常なし」をみたにも関わらず戦争もの。。。
これはこれで使命感、仲間と意味では良かった。実は2回目でもある。
でもやはり戦争は無益。

1日ゆっくりした気分だったけど、目は逆に疲れたか。。。
しかし、観たい時になんでも観れちゃうのは、有り難いような、
有り難みが無いような。。。

東野圭吾を止められない2021/07/10

先週の日曜はブログ更新のタイミングを失った。
理由は読み終わった東野圭吾の「天空の蜂」をアマプラで見て夜遅くなったから。
何回目か判らないけど、恐らくTV放送も含めると3回は観てるような気がする。
原作を読んでからだと、ちょっと物足りなくなるけど。

7月に入り地獄から抜け出せたと思ったら今度は天気がすぐれない日が続く。
日曜もそうだったので、昼間は読書で昼飯は新規開拓で「葵葉」へ。
GWに新規2店舗が開店したことで、泉バイパス沿いの太平楽の並びが
ラーメン通りと言っていいほどラーメン屋が並ぶ結果に。
この日も行列。となりの横浜家系の一寿美家以外は。。。

注文したのは「札幌旨辛味噌(中辛)」。
「味噌辛ネギラーメン」にしようと思ったけど、「そんなに辛くなさそうなの頼むの珍しい。」と言われた途端になんか義務感的なものを感じて結局は旨辛味噌に。
辛さが「中辛」「大辛」「激辛」しかないので「中辛」を注文したけど、
完全に他の店との辛さのレベルが違ってた。
中辛もヒーハー言いながら、むせながら完食。
やっぱり「味噌辛ネギラーメン」にしとけばよかった。。。


夕方は庭で完熟になった梅を数個収穫。
梅は完熟すると生で食べられるらしい。
梅は追熟しなので、熟したものは穫ってすぐじゃないと食べられないので、
梅の木がある家の特権らしい。
夕食後にデザートで食べたけど、甘ったるくなく程よい酸味もあってなかなか。
季節の恵みを頂けることは本当に贅沢だ。

夕食後にいものジャスとの時間を過ごしに外へ出ると、
ジャスはいつもを違う場所に伏せをする恰好で目の前の何かを見つめてる。
近寄ってみると羽化したばかりのまだ緑色の蝉。
ジャスがいたずらすることもなく、ずっと見守っていたのか、
不思議だなと思って観ていたのか、何にせよ外的から守る役割は果たしていたらしい。

月曜の朝見るとすぐ近くのブドウの葉っぱに色をいつもの奴に変えて止まってた。
出社して帰宅した夜には既にいなくなっていたけど、また蝉の鳴き声をやかましく感じつつ、夏だなーと思える環境は整いつつある。

そして今日の土曜はまた朝から雨模様。
天気予報であらかじめ判っていたので観念して読書。
東野圭吾「容疑者Xの献身」。
読み始めるともう止めるタイミングを見つけるのが大変なほど引き込まれる。
しかも、これはちょっと斜め上どころか、恐らく何度生まれ変わっても自分では
考え付かないだろうストーリーに衝撃を受けた。
もう天才。

夜遅くからアマプラで同映画を鑑賞。
これは初めてみたけど、やっぱり原作を読んだあとだと物足りなさが半端ない。
「待望の映画化」とか言われるやつは原作を読んで映画は見ない方が良いのかも。
とさえ思えた。
それにしても、堤真一の演技力ってすごいんだなとあらためて感じた。
申し訳ないけど福山雅治と相対的に見るとさらにそう感じてしまうのも。。。

さて、ここのところ読書続きで、読書中のBGMをいくつか見つけた。
1つ目は「アリソン・クラウス」。
カントリーミュージックでこれは良い発見をした。
読書もだけど、アウトドアでも良い雰囲気で聞けそう。
逆になんで今まで見つけられなかったんだろうというくらい大御所らしい。

2つ目は今更だけど「バックストリートボーイズ」。
若い頃聞いたキャッチ―な曲もあるので、読書のBGMとしてはどうかと思うけど、
少なくもここのところ読んだミステリーでは良い感じにBGMしてくれた。

実は他に東野圭吾作品は2冊を購入済み。
早く読みたい気持ち半分、天気が良くなって読書はひとまず置いておいて、
山に海に行きたい気持ち半分。いや後者の方が大きい。
梅雨明けを強く望めるほど人並みの生活に戻れたことに感謝。

食欲の秋 ニジマスを食す2020/10/03

天気予報は曇り時々晴れ。
でも、午前中は時折雨も降りそうなくらい黒い雲が空を覆う曇り。
こりゃ悪い方に外れるかもと思い、お出かけは選択肢から除外。
昨日の夜にいくつかやりたいことが浮かんだ中で、天気はそれほど関係ない
昼BBQを決行することに。

さくはいつものように勉強しに学校に行って今日は大人二人だけ。
とうことで、メニューは海鮮系。
しかも、今回はどうしても魚の串焼きが食べたかったので、セルバでニジマスをGET。
他には岩ガキ、北寄貝。野菜は椎茸と長ネギ。
昼飯なのでその程度に抑えといた。

ちゃちゃっと炭火を起こして、ニジマスを火にかける。
コンロの両脇に束石と薪を重ねて高くして、網から離して遠火で。

BBQとなったら、そりゃ酒も入るわけで、俺はビールから開始。
ママはスパークリングワインから開始。
昼間の酒はそりゃ効くわけで、最初の一杯でもうフワフワ。
ビール、スパークリングワインを飲みながら、ニジマスにかぶりつく。
何もいう事なし。

岩ガキの身がかなり小さかったのが残念だったけど、ホッキはレモン汁で最高。
椎茸はいつものように傘の裏のひだのところに醤油を数滴たらして。
ネギはそのまんま丸焼きでわざと焦がして、焦げた外側をはがして、
トロトロになった内側にかぶりつく。
あまりに最高だったので、写真を撮り忘れる。

食後はもうまったりとしていたので、酔ってもできる仕事でもしようかと思ったけど、
スパークリングワインが想像以上に効いたので、寝てもいいやと思いアマプラ。
今回は「GOEMON」。
・・・忍者になりたくなった。また影響されやすい性格が前面に出てきた。
ちょっとCGがやりすぎというか、アクションの細かい部分が細かすぎというか、
それとも自分が酔っていたからか、なかなか入ってこない映像があった気もする。
ストーリーとしては面白かったかな。

今日は静と動の中間だったか。
明日の日曜はどっちかと言うと動で行きたいけど、天気予報はまた微妙。
今日のBBQはメニューも少なく、手軽にできてしまうことに味をしめた。
天気次第では、もしかして明日もなんか焼いてるかも。

完全休養日2020/09/19

金曜まで、毎日全力疾走。
ということで、金曜の夜はちょっと飲み過ぎた。。。
飲みながら調べものしてたら、そのまま寝てしまい朝5時に目が覚めるも、
やっぱり寝た気がぜず疲労感が残る。

とは言え4連休なので、毎日目的を持って動かないとなんだったのこの連休?
となりそうだったので、昨日の夜になんとなく決めてみた。
結果は今日は完全休養日にすることに。
完全と言っても、どっちかと言うと仕事関係には手を付けない言った方がいいかも。

ジャスの散歩、朝食を済ませてからは、つなぎに着替えて庭の草むしりと、
駐車場の掃除を済ませる。
それにしてもとにかく涼しかったので、つなぎを着ての作業でもほぼ汗をかかず。

そこからはTVの前に陣取り、アマプラへ。
今回は「ハゲタカ」。
M&Aがテーマなので、あんまり自分には関係ないけど、実はなんか仕事に向けての
ヒント的なことを見つけられた気がした。
・・・という思いを持った時点で「仕事関係には手を付けない」はずがもはや。。。

あとは、メルカリに出品して放置していた本が昨日買い手がついたので、
梱包してコンビニで発送したり、細々としたことをこなす。

一通り思いつく細々作業を終わらせてからはビールを飲みながらバカンス気分へ。
なんかバカンス気分になりたいときは海外ビールになる。
今回も午前中にやまやに行ってこの4連休用に買ったハイネケン。
それを飲みながら、読み終わってなかった雑誌を見ながら、時折ウトウトしながら。
ある意味ぜいたくな時間を過ごした。

そう言えば、先週日曜のブログ更新をさぼったけど、その日はジャス用の椅子の修復。
元はパーゴラでのBBQ用に我々が使っていた4脚あった籐の椅子のうちの1脚。
劣化が酷く全て廃棄予定だったけど、程度の良い1脚をジャス用にしたやつ。
今回は所々ボロボロになってきたので、ロープで補修。
とがってるところもあり、刺さる危険もあったので。

まんざらでもないと思ってくれてるように見えるけど。

さて、明日からの天気予報がコロコロ変わってるけど、どうなることやら。
とりあえず計画は立てたけど、心はニュートラル状態で待機。
とにかく何かしら動かせそうな残り3連休に期待中。

雨の日はアマプラデー2020/09/12

土曜も強く降ったり、弱く降ったりの雨。
模試のさくを学校に送り、なぜか週一で行かないとなんか気が済まない
ホームセンターに行き、雨で散歩に行けないジャスとパーゴラで遊ぶ。
その合間に仕事もしたけど、本日メインはアマプラで夜中まで映画三昧。

1本目は午後に「マシンガン・プリ―チャー」。
マシンガンを持った牧師。
俺もマシンガンを持ったSEになってみるか。

そして2本目は夕食後に「空飛ぶタイヤ」。
これも前々から観たかったものの、なぜか観れずにいたやつ。
リコール隠しを暴いていく内容・・・三菱自動車だったのか。
痛ましい事故があったという記憶が甦ってきたと共に、こりゃ三菱終わったな
と思った記憶、それとなんかの不正をした直後に日産の傘下に入る会見で、
にこやかに笑う社長の顔が浮かんだ。
最後がハッピーエンドで終わっているようだけど、事故のことが頭を離れない。

そして、続けざまに深夜までかかって観たのが「7つの会議」。
偶然にも池井戸潤のリコール隠しもの。
全ての事柄が繋がって行く、点が線になりやがて面になるとうことを
サラリーマンとして身近な内容から共感できた。
それにしても、ちょい役で出てるキャストの豪華なこと。
吉田羊、溝端順平、小泉孝太郎がちょい役とは。。。

日曜も天気はすぐれないようなので、おとなしくしているしかないらしい。
マッサージに行くか、またアマプラデーにするか、はたまた他の何かか。
何にせよ、合間に仕事の準備があるというのがちと辛い。。

週末の出来事まとめ2020/08/03

週末は、なんだかブログ更新の時間が取れず。
月曜だというのに、週末の出来事をまとめてみた。
と言うのも、グループ会社全体が今日から夏休み。
とは言え、お客さんと夏休みを合わせる必要もあるので、別日程で取得する社員も
珍しくなく、自分もその一人。
周りは休みということで、とにかく電話とメールが少ないということもあり、
月曜というのにブログ更新するだけの余裕があるということ。

さて、土曜日は「やまや」に切れたお酒を買いに。
そこで目に飛び込んできたのが何故かオートミール。
ジャスの散歩で歩いているとは言え、テレワークでなまったからか、
ちょっと腹周りが気になっていたので、自宅での昼飯をオートミールにしてみよう
とうことで購入。

早速、土曜の昼飯はオートミールに牛乳をかけてレンチンして出来上がり。
昔の記憶とうらはらに、全然食べれる。
と、こんな感じで書くと好きなように過ごしたようにも見えるけど、実は内職。
苦痛にはならないまでも、そりゃちょっとしたストレスにはなってるはず。

せっかく昼飯をオートミールにしたのに、夜になるとジャスと一緒に
ラムコーク飲んだりしてたら世話無い。

少し酔ったからなのかもしれないが、この日の夜はむかーし見た「壬生義士伝」。
昔TSUTAYAでDVDを借りてみたので、二回目の視聴。
この映画は良い。何回観ても良い。上手く言えないけど良い。
また数年後にも観てる気がするくらい良い。
こうなりたい。

そして、翌日曜日は、会社のメンバーから書類を受け取ることになっていたので、
せっかく良い天気だったので、待ち合わせ場所までMTBを駆る。
想定外に気温も上がり、帰路ではもう汗だくで、今日着たばかりの服がびしょびしょ。

その帰路で七北田川にかかる橋から見た七北田川とその上の空。
珍しくもない景色でも、この普通の感じが良い。

家に着いてからは速攻で水風呂に入ってそのまま風呂掃除。
汗を洗い流してからは昼飯を兼ねた水分補給ということで、
オートミールと黒ビールで乾杯。

そしてふと見上げると、長い事お目にかかっていなかったセミの抜け殻。
頑張ってここまで登ってふ化して飛んで行ったんだろう。。。
と思っていたら、なんかすぐそばの木からセミの鳴き声。

そのセミが鳴く木の木陰で、蚊取り線香の香りをかぎながら読書。
さっきまで飲んでいた黒ビールの力で、みるみる睡魔に飲み込まれた。
この日曜は仕事はほとんどしなかったので、案外ゆっくりと過ごせた初夏の1日。

そして、今週末で一番の驚きは、先週出品したばかりのメルカリで書籍が売れた。
あまり期待はしていなかったとは言え、こうやって不用品をリユースできるのは、
本当に良い事。
しかも、発送手続きも簡単だったので、人気なのもうなずける

で、日曜の最後は男たちの大和で締めくくり。
これも実は二度目の視聴。
壬生義士伝を観たからか、何だか義を感じるものを観たくなった結果。

土曜は内職したものの、意外とゆっくり過ごせた週末。
今週は、周りは夏休みが多いので、ゆっくりと仕事が出来そう。

疲弊2020/07/18

疲労を通り越し、何もしたくなくなることを疲弊という。
来週こそはと言い続けて久しい。
結局7月に入っても状況は悪くなるばかり。
何がそうしているのか、やはり自分のせいなのかと毎日自分に問いかけ、
そして問い詰め、いつしか自己批判、自分は駄目なやつと思い始める。

やる気が起きなくなり、いっそ逃げ出そうかとも思ってしまうけど、
逃げ出す勇気があるなら、まだもう少しぶつかって行ってもいいかなと、
微塵の力を振り絞ると、意外と空気の流れは変わるもので、徐々に事態は動き始める。
恐らく、それは自分が動かしている訳ではなく、あくまでも事が動く為の小さな
歯車の一つでしかないことは確実だけど、それがないと動かない可能性も大いにある。

と思いながら早二週間。
ブログを書く時間も気力もない中、通勤途中にリポDを買う頻度や、
寝る前にキューピーコーワゴールドを飲む頻度をあげつつ毎日短い睡眠時間で
半歩ずつ、いや数cmずつ前進した結果。。。。
17日の金曜の夜に、ずっと苦しめられていた仕事にけりが付いた。
肩の荷が下りた、目の前の靄が晴れた、シャバに出て来たという感じで、
なんか人間の世界に戻れた気がした。

が、今日は土曜なのに休出。
しかし、昨日まで苦しめられていた仕事ではないので、別に憂鬱でもない。
それよりもやはり昨日までの業務から解放された方が断然嬉しい。

この数週間は本当に昔からドラマや映画で描かれる家でぐうたらする父親だった。
雨の日が続いたということも大いに影響しているものの、休日は自宅で仕事して、
疲れたらテレビの前でうたたねしたり、ベッドに入って本気で昼寝したり。
家の中でグダグダ過ごしていた。のに疲れが取れないのは精神的なものなのか。

まぁ、そんな中でもグダグダついでにいつだったかも忘れたけど、
ボケーっとアマプラで映画を観ることも多かったので、今日はそれをまとめてみる。

ツナグ。
もう内容は色々ありすぎてまとめられないけど、良きてりゃ色々あるよな。
そりゃそうだわ。とあらためて思わせてくれた。
仕事でなんて悩んでる暇ないんだよと、現実逃避したくなった。

13デイズ。
決断を下す事の難しさ、状況判断の大事さ、最後は腹をくくるしかないのだろう。
となんとなく勇気を貰えた。

ケネディつながりでこんなのも。
まぁ、こんなもんかという程度で、期待はしてなかったけど結局はまだまだ未解決。

そして、本日飛び込んだニュースでショックだったのがこれ。
先週見た「奈緒子」でまだまだ若く、子供な三浦春馬。
視聴履歴からのオススメで出て来たので、何気に観て初々しいしかっこいいし、
良い役者さんだなーと思っていたのが先週。
偶然と言えど、つい最近見てしまったが故にショックもでかかった。
ご冥福をお祈りします。

そしてスポーツつながりで「ラストゲーム」。
戦争でスポーツが出来ないのも、コロナでスポーツが出来ないのも
現役生からすると辛いんだろうなと。
今年はさくもそうだっだけど、コロナ影響で大会もなく現役引退。
周りだって意外と心を痛めてるというか、勝手に想像して傷んでる。

そして最後は「ハドソン川の奇跡」。
もうこれは、自分にも奇跡が起きないかと思って選んだ。
恥ずかしながら本気で。。。

こんなに映画を観てたのに、実は途中でぼーっとして内容について行けず、
巻き戻ししたりすること多々あり。
気持ちの余裕がないと、どこかで現実を考えながら観てしまい中身が入ってこない。

でも、PCの画面ばかり見ていたのでは精神がやられそうだったので、
雨の日の積極的な休息としては確実に一つの手だ。
コメディだったりを見ると、現実に戻った時のギャップで胃を痛めそうだったので、
なんとなくグレーな映画を選んてたけど。

さて、少しは軽くなった気持ちで明日から過ごせそう。
まだやりたいことも浮かんでこないけど、とにかく疲弊からの脱却と、
疲労の回復を優先させねば。
ということは。。。酒か

アマプラデー2020/05/23

本日、なぜか5時に目が覚める。
嘘だろーと思って目を閉じたら一瞬で6時半になってた。
で7時過ぎに起きたと言うことは、嘘だろーと思ってから結局2時間はベッド・・。
朝から雨なので、ジャスの散歩もキャンセルとなり、朝飯食ってからアマプラ開始。

今日は日本映画からとひとまずは「不能犯」からスタート。
朝からなかなかの重いやつを持ってきた。
「人間で愚かだねー」だったか、主人公の台詞がずっと頭に残るストーリー。
しかしまぁ、松坂桃李さんは、演技上手いねー。かっこいいし。惚れそう。

映画を観てる最中から、すぐ脇の窓の外からこちらに熱視線を送っていたジャス。
散歩も無かったから遊べというアピール。
ということでしばらく遊びました。

この前一気におもちゃを新調したうちの、一つでじゃれる。

この3つの動きにキュン死しそうになる。
おもちゃを狙う手を警戒。

取られないように足でカバー。

更に遠ざける。

もはや人。

そこからは、オフィス化しつつあるかずの部屋に散らばっていた書類とかを整理。
今日は少し事務処理をしようと思ってたけど、もう諦めた。
さっぱりやる気が出ない。

で、午後になる晴れ間も出て来たので、ジャスと早めの散歩へ。
それにしても今スマホに入っている天気予報アプリが外れるわ外れるわ。
散歩中雨が降る予報、雨雲レーダーも結構強い雨雲が来る予報。
なので、傘持って行ったのに、全くもって降らず、時折のぞく青空で汗ばむほど。
1時間後くらいの予報くらい当てて欲しい・・。

で、帰って来てからは「検察側の罪人」。
最近ホットな検察の映画。
こんなの見せられると、捜査なんて最終的には高度なゲームなの?
なんて錯覚に陥りそう。
でも、ここ数年の検察の不祥事とか見ると、あながち嘘でもないのかとも。

そして、とどめは夕飯食って風呂入ってからの「ツナグ」。
松坂桃李で始まり、松坂桃李で終わるという、松坂桃李祭り。
これも、なかなか深い内容だった。
でも、先の2つよりも重くなく、ほっこりできたかな。

そんで、これは今日じゃなくて、いつだったか観た「ファースト・マン」。
アポロ11号に関する話。
宇宙での出来事よりも、そこにたどり着くまでの年月の出来事がメイン。
大小関係なく、初めてのことを成し遂げるということは大変なんだと。
仕事だってそう。俺も頑張んないと。

あー、明日は少しは仕事しないとだなー。
でもお日様も出るような天気予報だしなー。
無理だなー。
気温も高いみたいだから、昼間から酒飲んじゃうかもなー。
って言うか、もうこれは宣言に近いなー。