中学校新人戦2013/10/12

かずも、さくも、11日で終業式をむかえ、1学期が終了。
通信表を持ってきたが、いたって平均的な成績と思われるが、
生活の様子については、周りと仲良く、みんながあつまる存在らしいので、
それだけでも合格としよう。

そして12日から秋休みということになり、さくやはフレンドで福島の
磐梯山への一泊旅行。
国立磐梯青少年交流の家に泊まり、あちらこちらをハイキングするらしい。
バスの出発が7時ということで、前の日に準備を終わらせ、6時に起きて
朝飯を食べて、友達と仲良くバスに乗って出発。
前の日まで風邪で学校を休んでいたのだが、なんとか間に合って
良かった。終業式はお休みしたけど・・・。

そして、かずはというと、仙台市の新人戦が開幕。
今回はユニフォームはもらえないようだけど、夏休み中もホームステイ
等でほぼお休みだったし、その後も風邪だので意外と部活は休みがち
だったので、そこは仕方がない。

とは言うものの、かずの中学校のバスケの試合はもちろん、中学生の
バスケの試合を観たことがないし、「もしかすると、今日ユニフォームを
もらえるかもしれない」という言葉に、ちょっとだけ期待しながら、
応援しに行くことにした。
まぁ、ユニフォームをもらったとしても、小学生のころからやっている
子が試合にでるはずなので、初公式戦というところまでは期待せず。

結果、ボロ負け・・・・。
なんと、相手は中総体で3本の指に入ったくらいの強豪チーム。
正直なところ、まったく歯がたたずという状況で、試合途中で相手は
選手を全員入れ替えてきた。そう、2軍。
しかし、それまでは3倍とか4倍の点差だったのが、2軍が出てきて
こちらも少しは点数を取れたので、終わってみたらダブルスコアまで
離されず、結果だけはバスケの試合になったって感じ。

しかしこれで新人大会も終わり。
夕飯の時に話をしたら、自分達自身でもどこが悪いのかは判っている
とのことなので、今後の成長に期待だ。
しかも、かずのチームは2年生が3人しかなくて、1年生の成長が
大きく影響するはずだし。

それにしても、他の試合を観ていると、監督やコーチから、
「これってどうなの?」という感じの野次?指示?が飛び交う。
「やめちまえ!」「なんでできないんだ!」とか。
学生のスポーツは、勝ち負けだけじゃないはずで、スポーツを通して
礼儀、礼節、チームプレイや人間関係を作る、つまり人格形成も
目的はなずなのに、どうもそれが感じられないチームもあるようだ。
俺が中学の時の監督からは、技術も学んだけれど、そういう人間として
のあるべき姿を学んだし、「やめちまえ!」とか「なんでできないんだ!」
なんて言われたことはない。「できないからやめるわ。」なんて論理に
なっちゃいそう。

何はともあれ、子供もたちには健やかに育って欲しいね。