雪景色と朝日と桃鉄2013/01/03

2日の夕方から、風た強くなって来て、雨も降り出したので、3日は雪が積もるかと
思っていたら、朝起きるとやっぱり積もってた。
前日は雨だったので、水分を多く含んでいるからか、家の前のうっそうとした竹林の竹が
雪の重みでお辞儀をしていた。
そのせいもあって、朝日をさえぎるものがいつもよりも少なく、庭の雪に反射して
幻想的な景色になっていた。
雪景色と朝日

その後も雪がちらつく寒い日だったので、家族みんなでゲームをすることに。
「桃太郎電鉄」
ママが欲しくて、自分へのクリスマスプレゼントと言っていつの間にか買ってた。
桃太郎電鉄

結局はすごろくなので、チビたちにも難しいことはなく、単純にサイコロを振って
一喜一憂できるところは、確かに良いゲームと思う。
しかし、ゲームの設定期間を30年にして、年末からやっていたけど、なかなか終わらず、
今日の開始時点で残り8年。

昼前から夕方までかかって、なんとか30年経過。
正直飽きてきたけど、やらないと仲間はずれにされるというか、やらないことは
許されない状況に。
最後の方は完全に惰性だったけど、最後の一年は裏切りあり、嫌がらせありで臨んでいる
自分がいて・・・。
「え~」と言われても「もう何でもありだ!」と蹴散らし・・・・・結果は2位。
ママからは「普段の生活に気をつけなね」と。
脅されてるのか?