青森出張のご褒美ははやぶさ2013/01/15

はやぶさ
予定していた青森出張。
前日の夜には熱が結局38度まで上がり、当日の朝計ったら37.2度。
しかも、外はとんでもない積雪。

行きたくないけど、行かなければっつうことで、とりあえず
バスに乗ったものの、雪のおかげでノロノロ。
地下鉄は通常通りだったけど、結局バスの遅れがたたり、新幹線には
ぎりぎり間に合った。
熱のある状態での小走りは、余計熱があがるし、汗は尋常じゃないし。

しかし、熱のだるさで新幹線の中では何も出来ずに殆ど寝てた。

青森で営業さんの車にひろってもらって、東京から飛行機でくる人を
迎えに空港に着くも、飛行機が40分遅れ。
首都圏も大変なことになっているようなので当然ちゃあ当然か。

そんで、いざお客さんとの打ち合わせ。
必死に話についていくものの、いつもの覇気が沸いてこない・・・・。
でも、せっかく来たからには、何かアピールしないとということで、
口をはさむものの、なんか話しているうちに何を話しているのかって感じ。

打ち合わせが終わり、早く家について寝たいと思っていても、
新青森駅までの道路が、これまた雪のためにノロノロ。
昨日は仙台も雪、関東も雪だったのに、青森は降らなかったらしい。
それでも、道路や路肩には大量の雪。
歩道なんてなくなっているので、人も普通に車道を歩いてるし。

関東の人も、一週間くらい青森に体験生活すると、あんな混乱には
ならないかも。

新青森駅についたら、直近の新幹線は「はやぶさ」。
短い時間でお土産を買って、早々にホームに向かい、
別に鉄っちゃんではないものの、一応写真を撮ろうかと前に行ったら、
なんと2台並んでた。

なんかラッキーと思いつつ、写真を撮って新幹線に乗り込んで・・・・・
そのままバタンキュー。
確実に熱が上がってる。目の奥が熱かった。
家に帰ってきて、飯食ってチビたちよりも早く布団へGO。

昔は熱あっても意外と無理出来たけど、もう無理はできないや。
生活も見直ししないと。